Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(7)<完> (シリウスKC)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(7)<完> (シリウスKC) [コミック]

川上 泰樹 , 橙乃 ままれ
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
16点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(7)<完> (シリウスKC) + まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(6) (シリウスKC) + まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(5) (シリウスKC)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

遠い過去から続く人間と魔族の争い。その長い戦いに終止符を打つため、勇者は単身魔王城に乗り込んだ。その勇者の後を追い、一人魔界を行く人影があった。その名は「女魔法使い」。歴史を動かす勇者と魔王の出会いの裏で紡がれるもう一つの物語は、彼女の決意の物語。
いつの日か、勇者の背中に追いつくことを夢見て――。

囀翼族の娘を喪った女魔法使いは、夢の樹海で勇者と魔王の出会いを目撃する。魔王の勇者への言葉、そして契約。二人に結ばれた絆の固さを知った時、彼女の抱いた決意とは――。巻末には原作「まおゆう」のその後の女魔法使いを描いた描き下ろし短編も収録!!

著者について

川上 泰樹
東京生まれ、ちょっと南国育ち。現在は埼玉に在住。パンが好き。生まれ変わったらパンになりたい。

登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/5/9)
  • 言語: 北京語
  • ISBN-10: 4063764648
  • ISBN-13: 978-4063764642
  • 発売日: 2014/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 YASU トップ500レビュアー
形式:コミック|Amazonで購入
外伝として、とてもよく仕上がっていると思います。

いろいろな出版社から「まおゆう」も関連書籍も販売されていますが、
まおゆうのファンでしたら、本作品も十分お奨めできると思います。

普段口数の少ない女魔法使いの色々な考えや想いが伝わってきます。
本編作品を補完する意味でも、お奨めの作品です。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 もう一つの魔王と勇者の物語 2014/6/5
投稿者 レイフィ
形式:コミック|Amazonで購入
まおゆう本編の世界と、その一定の知識を元に、物語が進むため、本編を読んでいると、より一層楽しめます。本編を補完し、かつ 本編の魅力を更に増してくれます。

本編では女魔法使いの説明が少なく、どうしてこの場面にこの登場で、このセリフと行動なのか、と理解し辛い部分が多いかと思いますが、当外伝を読むことで、女魔法使いの行動の背景と真意を理解できます。

当7巻は本編と合流する為、若干早歩きの強引な部分もありましたが、多数の伏線を綺麗に纏め上げ、とても満足のいく最後でした。もう一つの魔王と勇者の物語、涙無しには読めない珠玉の外伝です。本当におすすめです。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まおゆう! 2014/7/10
投稿者 ぷにぷに
形式:コミック|Amazonで購入
このシリーズは 小説(弓兵、女剣士、女魔法使い、本編の各種)から始まって、
石田あきら氏作画 と入り、本書シリーズと来るのでしょうねぇ。
その後、浅見よう さんの作画 で締めくくる。そんな感じです。
其々に描き方や特徴があって、原作は同じなんですが伝わってくるものが違います。
物語中で謎の多い、多くを語らない魔法使いが
何を望み、何を思い、何を決意して、どんな結末を迎えたのか?
本編と絡みながらも別の物語なのが良いかと。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 完結するとは・・・ 2014/5/27
形式:コミック|Amazonで購入
完結するとは思っていなかった。もっと、続けて欲しかった。内容は満足。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック