通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯有り】使用感はほとんど無くキレイな状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装+茶封筒で毎日発送。 ■ゆうメールで通常ポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■クリスタルパックに入れ商品を保管していますので、保管中のいたみはありません。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い 単行本 – 2012/6/30

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 731

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い
  • +
  • まおゆう魔王勇者 エピソード1 楡の国の女魔法使い
  • +
  • まおゆう魔王勇者 エピソード2 花の国の女騎士
総額: ¥8,100
ポイントの合計: 243pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

執事(老弓兵)の秘められた悲しい過去が今、明かされる!
先代の女勇者パーティの一員だった執事が、
なぜもう一度、若き勇者とともに戦おうとしたのか?

◆特別付録は2012年2月に行われた朗読劇の完全再現版!
魔王と勇者が出会う半年前を描き、
会場中の涙を誘った伝説の朗読劇が
勇者編「出立」、魔王編「恋慕」のドラマCD2枚組で復活!!



<キャスト>
魔王:小清水 亜美
勇者:福山 潤

メイド長:斎藤 千和
火竜大公:広瀬 正志

女騎士:沢城 みゆき
女魔法使い:福圓 美里
弓兵:銀河万丈

メイド姉:戸松遥
メイド妹:東山奈央

青年商人:神谷浩史
辣腕会計:立花慎之介
中年商人:チョー

火竜公女:伊藤静
東の砦将:三宅健太
魔族娘:松井恵理子

先代冬寂王:森川智之
冬の王子:平川大輔
白夜王:東地宏樹
侍従長:金光宣明

老賢者:堀川りょう

語り部:永井一郎

内容(「BOOK」データベースより)

2012年2月に行われた朗読劇を完全再現。魔王と勇者が出会う半年前を描き、会場中の涙を誘った伝説の朗読劇が勇者編「出立」、魔王編「恋慕」のドラマCD2枚組で復活。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2012/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404728095X
  • ISBN-13: 978-4047280953
  • 発売日: 2012/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 285,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 citrin VINE メンバー 投稿日 2012/7/2
形式: 単行本
91ページまでが前勇者さまの物語で、その後から193ページのおしまいまでが「はじまりに至る物語。エピソード0」の複製台本です。
台本の区切れ毎には原作者のままれさんと脚本の田沢さんとの対談のページが挟まれていて興味深いです。144と145ページは石田あきらさん漫画の渋谷公会堂での声優劇レポート。192と193ページは峠比呂さん漫画の、以下同文。どちらもてんこ盛りな愛にあふれたレポート漫画でした。拡大コピーして部屋に貼ろうかな?笑

物語は・・・長さのわりに深い話というか。みんな一生懸命なのにどうして苦しそうなの?と涙しました。でも、あれでも、本人たちの気持ち的にはハッピーエンドなんだよね?とも思ったり。切ない。
あと、弓のじいちゃんの「にょほほーっ」が確固たるポリシーをもって継承されたものである事も理解しました。ただのスケベ爺ではなかったのですよ皆さん!
あと、51ページの勇者の笑顔にヤラレマシタ。惚れてまうやろー*
お話は良い意味でどんでん返しというか・・・ネタバレになるので濁しておきますが物語の最後の方で「そうだったのか!?」と心を揺さぶられるはず!と、予言しておきましょう。
生き残った人は2人とも、ちゃんと立ち上がって、次のあのひとの導きとなったのですね・・・

お値段は2500円でCD
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ドラマCDは勇者「出立」・魔王「恋慕」と2枚組になっている。
2枚とも聴くと涙が止まらず、号泣してしまいました。

特に勇者と老弓兵との会話、老弓兵の勇者に対する想いと願い、勇者と老賢者の話、メイド姉とメイド妹の過去、勇者の過去、先代冬寂王と冬の王子の葛藤、魔王とメイド長の過去など涙ぐんでしまうお話ばかりです。

今までドラマCDの中で、こんなに号泣してしまったドラマCDは…まおゆう魔王勇者のドラマCDが初めてです。
知らなかったエピソードなどが聴けて大満足です…買って良かったと思います。

声優達の最高の演技は素晴らしい…感動しました。

大絶賛のドラマCDに仕上がってます。
不朽の名作と言ってもいいでしょう!!

まおゆう魔王勇者ドラマCDを少しずつ集めようかな〜!!

是非、ドラマCDを買って聴いてみて下さい…泣けますよ!!
買って損しません…絶対オススメです('-^*)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
謎だった弓兵の戦闘スタイルが判明してすっきり。
またそこに至るまでの経緯もイカす爺キャラ好きとしてはたまらない。

ドラマCDのほうは、本編の前日譚で主要キャラの過去編のような内容となっている。
人界・魔界・人物の状況について掘り下げており本編に深みを与えてくれる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 平太 投稿日 2013/2/13
形式: 単行本
本のほうは前半が百ページほどの書き下ろしの短編で
後半がドラマCDの台本となっています。

短編は老弓兵の若かりし日、先代の勇者パーティの物語。
短くも印象深い物語でこの世界における「勇者」という存在に
ついてもより深く知ることができる内容となっていると思います。

ドラマCDは2012年2月に行われた朗読劇を再アフレコしたもの。
朗読劇開催時の音源ではありませんが当日とはまた違った声優さん達の
熱演が楽しめます。内容はアニメ第1話の前日譚となっており
勇者と魔王が出会う前にどのような出来事があったのか。勇者と魔王を中心に
他の登場人物についても断片的に語られるような内容となっています。

短編小説のほうもドラマCDのほうも原作の補完的意味が結構強い気がするので
アニメ等で最近まおゆうを知ったという方に特にお勧めしたいです。

この小説を読みドラマCDを聴いたおかげで僕はまおゆうという作品がより好きに
なりました。

ドラマCDでどれを最初に購入するか迷っているならまずはこれを買え!という感じかと。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック