Amazon Kindleでは、 ほんとうの心の力 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,080
通常配送無料 詳細
18点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ほんと&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ほんとうの心の力 単行本 – 2006/5


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 34


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ほんとうの心の力 + 運命を拓く (講談社文庫) + 君に成功を贈る
合計価格: ¥ 3,661

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

天風哲学は、「五輪書」を範とした武士の思想をベースに、いくつかの思想や宗教をブレンドしたもの。人生を思い巡らす人のために、中村天風の言葉の中から、わかりやすく、心に響く言葉を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/天風
1876年(明治9年)7月30日、東京府豊島郡(現東京都北区王子)で生まれる。本名、中村三郎。1904年(明治37年)、日露戦争の軍事探偵として満州で活躍。帰国後、肺結核を発病したことから人生を深く考え、真理を求めて欧米を遍歴する。その帰路、ヒマラヤの麓でヨガの聖者カリアッパ師の指導を受け、病を克服。帰国後は実業界で活躍するも、1919年(大正8年)、社会的地位、財産を放棄し、「心身統一法」として、真に生きがいのある人生を生きるための実践哲学についての講演活動を始める。同年、「統一哲医学会」を創設。政財界の有力者をはじめ数多くの人々の支持を受け、天風哲学として広く世間に認められるようになる。1968年(昭和43年)12月1日逝去、享年92歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/05)
  • ISBN-10: 4569654436
  • ISBN-13: 978-4569654430
  • 発売日: 2006/05
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 3,786位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

63 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2006/9/5
形式: 単行本
本書は1つの題目が見開き1ページに纏めてあるほか、持ち運びに便利なミニサイズであるため、非常に読みやすい。このため、隙間の時間に繰り返し読んで天風氏の哲学を噛み締めることのできる良書。

ただ、中村天風という人物を全く知らない人にとっては、一読では氏の本当に伝えようとする意味を汲み取ることは困難だと思う。この場合、他の関連本を読んでみるのもいいが、本書を繰り返し読むことで真意を理解することができれば、きっと末永く心に染み込んで財産になると思う。

生涯読み続けることのできる最高の書。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジョニー 投稿日 2006/9/23
形式: 単行本
天風氏の語りの味を損なわず、1ページに1題目で編集されており、大変身近に据えておける良書です。

オリジナルとしては高価な本が多いですので、「君に成功を贈る」、「運命を拓く―天風瞑想録 」で、天風氏の語り口調を味わい、感銘を受け、「この本」を常備する。 という流れをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
51 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 great_choice_of_heaven VINE メンバー 投稿日 2006/7/1
形式: 単行本
長いお話が苦手な人にも読めるよう、

特別な編集がなされた良書です。

天風哲学のエッセンスを

うまくコンパクトにまとめていると思います。

情報、知識であえいでいた心が、

軽やかに健やかになれること請け合いです。

こころのあり方を考えたい方

内面を磨きたい方には

ぜひオススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
42 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 新谷広規 投稿日 2007/3/17
形式: 単行本
中村天風先生の哲学に関しては、正直言って、自分の中で賛否両論あるのですが、この本に関しては100%推薦できる名著だと思います。この本は天風哲学のエッセンスをコンパクトに編集したもので、余分なものがカットされているため、違和感なく読めました。天風哲学はちょっと苦手という方も、この本なら納得できると思います。読めば読む程、学びが深まっていく深い内容の本なので、気に入った方には、再読、三読をオススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Junn Bug 投稿日 2007/10/18
形式: 単行本
僕はこの本を最初1回、じっくり通して読みました。
その後は、途中のページや、またパッと開いて出たページ、などを
繰り返し読んでいます。

今、またこの本に助けられました。
ブレていた自分の軸を、改められました。

僕はまだまだ弱い人間です。
(心的にも肉体的にも。)
いつ、天風先生の著書を卒業できるか分かりませんが、
それまでは、天風先生の著書にお世話になります。

僕はまだ「叡智のひびき」と「ほんとうの心の力」
しか読んでいませんが、もう少し自分の軸をしっかりしたいと
思っているので、次は「真理のひびき」に進んでいきます。

ありがとうございます。

追記(2008/11/14):この本を買って、一年以上が経ちました。 僕が天風先生の著書に初めて出会ったキッカケがこの本でした。 一年という期間中に、僕は電車の中や、駅での待ち時間に読むための書籍を2冊くらいカバンの中に入れて、いつも持ち歩いてきました。 読み終えれば、もちろんカバンの中から出して、次の新しい書籍を入れて、持ち歩くわけですが、この本だけは、一年経った今でも、一年前と同じようにカバンの中に常持しています。 いつの間にか、自分のPrincipl
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 koreyas 投稿日 2011/5/9
形式: 単行本
人生哲学の先駆者である天風先生。
発刊されている本は全部 何度も読んだはずですが、
この本は、わかりにくい部分も含めて、天風哲学そのままの
ダイジェストになっているのではないかと思います。

「絶対積極であれ」とか、「愛を施せ」とか、
さすがに間違いのないことばかり書いてありますが、
どうしたらそのようにできるようになるのか、
についてはあまり明言されていません。
そのあたりをもうちょっと教えて戴きたいところです。

斎藤一人さんの本は、天風哲学から多くを受け継いで
いると思いますが、より具体的に説明されていることが
多いです。



再読、三読してみると、この本は、
天風哲学の概論を中心にして
まとめられており、「観念要素の更改」以下の、
実践的方法が書かれていないだけに、
天風哲学の体系を総合的に把握するには
いささか足りないということがわかりました。

この本に加え、天風哲学の実践メソッドが
説明されている本で補完すれば、
天風師の全体的意図が
よりよくわかるのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック