通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) コミック – 2013/12/9

5つ星のうち 4 46件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)
  • +
  • ふらいんぐうぃっち(2) (講談社コミックス)
  • +
  • ふらいんぐうぃっち(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/12/9)
  • ISBN-10: 4063949923
  • ISBN-13: 978-4063949926
  • 発売日: 2013/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
主人公は修行のために親元を離れ
一人前の魔女になるために親戚の元で居候する少女。

設定が魔女の宅急便と少し似ているが
魔女であることはあまり広めてはいけないところだけが
現代の日本っぽい感じがする。

特になにか起こることもなくかといって普通の女子高生の
日常かと思えばいろいろ不思議なお客さんなども訪ねてきたり・・・。

作者は新人みたいなのですが作画もよくお話もゆったりした
感じでうまく表現できており、今後に大きく期待できる
内容になっている。

次回では新しい魔女が出てくるみたいですが
あまり変化などしなくゆっくりと描いて欲しい作品だ。
コメント 61人中44人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック Amazonで購入
「魔女の宅急便」、「魔法遣いに大切なこと」、「のんのんびより」、「よつばと」あたりを混ぜてみたら出来ました的な作品。きらいじゃないよ。
コメント 15人中10人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 しげ 投稿日 2014/3/7
形式: コミック Amazonで購入
温かみのある町の日常に、魔女というスパイスを加えたようなお話です。
展開の速さや、非日常的なドラマを求めている方には、お勧めできないかもしれません。
漫画を読んでほっこりしたい人にはお勧めですね。
講談社のHPで試し読みが出来るみたいです。
連載が続いて欲しいという個人的な願いを込めてレビューを書かせて頂きました。
一度、試し読みだけでもして頂ければ嬉しいです。
コメント 11人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 どっかーん 投稿日 2015/5/22
形式: コミック Amazonで購入
ほのぼの日常系。私は好き。女の子もそこそこかわいい。読もう。
コメント 9人中6人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: Kindle版
表紙サギと言っても過言ではないです。
なかはペラペラの絵です。
コメント 33人中21人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
青森が舞台の魔女ものということで読んでみましたが、内容はただの日常系マンガ。
青森であるという設定の割には、舞台描写のちぐはぐさが目に付きます。
確かに青森は4月でも雪が残っていますが、道端の残雪はほこりで真っ黒になっていて、触れるのもためらわれるものです。
食べようなんて気が起きるものではありません。
また雪のある地方にしては、建物の構造に違和感を覚えます。
作中の建物の屋根は雪を考慮したものとは思えないし、自宅や学校の廊下のガラス戸など、建物の断熱性を考えると雪国ではありえない構造になっています。
青森を売りにするにしては、現実と描写との乖離が目立ちます。
私の地元である青森が舞台のマンガということで期待していたのですが、正直ガッカリです。

また、背景もやたら白いです。
商業レベルとして、この白さがアリなのか、正直疑問に思います。
青森を舞台にするなら、青森の持つ自然や独特の風景など、背景にこそ力を入れるべきだったでしょう。
(季節が冬なら背景が真っ白でも許せたかもしれないですね?)

青森への描写のこだわりが感じられない点で、損な買い物だったな、というのが正直な感想です。
ただの日常系マンガであるなら、青森である必要性も、魔女
...続きを読む ›
コメント 58人中36人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
一人前を目指す、魔女の日常モノです。

な〜んにも起きなくて、非常にユルイですね。
親戚の家に居候してますので。

オトモの猫は人語を理解しますが、喋りません。
それが一番うれしかったです。

今後、どうなるかは分かりませんが・・・

表紙に惹かれて買ったので、とりあえず満足です。
中身の絵もかわいい感じでスッキリしてます。

最初の方は、よ○ばと!っぽい感じがしました。

内容を踏まえると★3.5という感じでしたが、絵が好きなので★4

今後、青森という舞台や魔法使いという設定が活きてくることを
期待するような、しないような。
コメント 26人中16人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 yuishi トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/3/24
形式: Kindle版
15歳になると魔法使いの女の子は地元を離れ独り立ちをしていかなければならない・・・っと、どこかで聞いたことがあるような設定からはじまる本作、舞台は日本の青森。使い魔の黒猫チトを連れた魔法使い真琴は黒髪ロングの女子高生、っと。
作品は真琴が寄宿先である青森の親戚宅を訪ねる場面からはじまる。

本レビュ表題のせりふだったり、魔女であることは家族や親戚以外には秘密にしておかなければならないと言った端から、ペラペラ自分で喋ってたり、どこか抜けていてマイペースなヒロインが魅力的。

某アニメの魔女との違いは、真琴は空を飛べるほかにもいろいろできるっぽい(とりあえずはまだカラスを集める魔法くらいしかお披露目していませんが)。
本作では春の精霊(?)だったり、仲間の魔女だったりがやっと登場しますが、まだまだ序章。今後どう展開するのかなどいっさい予想がつかなかったりするし、暖かく見守って生きたい作品。

日常系、さらにはどこかよつばと的な力の抜き加減、雰囲気が好ましい。
コメント 7人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック