Amazon Kindleでは、 ふらいんぐうぃっち(1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
19点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ふらい&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) コミック – 2013/12/9


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス) + ふらいんぐうぃっち(2) (講談社コミックス) + くまみこ 1 (MFコミックス)
合計価格: ¥ 1,522
ポイントの合計:  46pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063949923
  • ISBN-13: 978-4063949926
  • 発売日: 2013/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (41件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おりき 投稿日 2015/2/26
形式: コミック
話題になっていたとは露知らず、背表紙の教科書体で書かれたタイトルに惹かれて購入しました。

自分は北海道の道南出身なので、お隣でもある青森県を舞台にしているこの作品はかなりの親近感が沸きましたが、出来るだけそのような感情は抜きでレビューします(あまりできてはいないのですが)。

主人公・真琴が6年ぶりに戻ってきた青森県を舞台に、居候先である又従兄弟の家とその周辺の日常、時々魔法を描くゆるーいコメディ。

魔女という非現実的なテーマを扱いつつも、現実とフィクションの狭間のバランスが絶妙で、
違和感を全く感じさせない。世界観が押し付けがましくなく、読み手のことを考えて描かれているような印象を受ける。

あたかも昔から魔女や魔法が人間の世界に当たり前に存在していて、実は知り合いの誰かは魔女なのかも?なんていうワクワクも生まれた。それくらい、魔法が良い意味で地道。

話中に登場する人物とのやりとりは優しく、どこかノスタルジックで羨ましくなる。これは私が北海道出身だからもあると思うが、
パパさんの方言が理解できない真琴、お気持ち凄くわかる。(笑)こればっかりは笑いを抑えられなかった。

何もかもが自然体で私達の生活の中にもナチュラルに溶け込んでいくそんな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 とうふ 投稿日 2013/12/11
形式: コミック
主人公は修行のために親元を離れ
一人前の魔女になるために親戚の元で居候する少女。

設定が魔女の宅急便と少し似ているが
魔女であることはあまり広めてはいけないところだけが
現代の日本っぽい感じがする。

特になにか起こることもなくかといって普通の女子高生の
日常かと思えばいろいろ不思議なお客さんなども訪ねてきたり・・・。

作者は新人みたいなのですが作画もよくお話もゆったりした
感じでうまく表現できており、今後に大きく期待できる
内容になっている。

次回では新しい魔女が出てくるみたいですが
あまり変化などしなくゆっくりと描いて欲しい作品だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 a. 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/6/15
形式: Kindle版
「ウィッチ」ではなく「うぃっち」であるのは極めて日本的であり、またライトノベル的でもあります。現代日本の、日本的なファンタジーの王道をなぞるような作品です。絵柄もコマも綺麗に書かれ、テンポも良いため読み易さもあります。女の子がかわいらしく書かれすぎているきらいがあり、多くの方が指摘しているようによつばと的な、みなみけ的な印象が通底に流れていますが、そこに目をつむれれば非常に楽しめます。名作の予感。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 izumi_ringo VINE メンバー 投稿日 2014/4/15
形式: コミック
魔法使いの女の子、真琴、が青森の親戚のところに引越してきた。というところからストーリーは始まります。

魔法というものが実在する世界でありながら、比較的リアルな世界観でファンタジー色は薄いです。

お話の中心は、魔法使いとして、というよりも、普通の女の子として日々をすごしていく、という方がしっくりくると思います。

作中の雰囲気としては、日常系のまったりした感じです。

のんびりと主人公である真琴の日常を綴りつつ、猫のチトや居候している親戚の家の兄妹、同じ学校の友人などとの交流を描いています。

魔法やそれに関わる事柄は、そんなのんびり日常の中に、たまに「ポン」と出てきて、いい感じのアクセントを生み出しています。

その他のレビューでもおっしゃられている方がいますが、絵のタッチや雰囲気は よつばと に少し似ているかもしれません。

ですが、似ているだけじゃなく、個性もきちんとあると思うので、のんびりした雰囲気の漫画が好きな方はオススメかも、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆーり 投稿日 2014/6/22
形式: コミック
日常に少し抜けた魔女の女の子が舞い込んでくるお話。設定は好きなのですが背景の書き方、コマ割り、ギャグのテンポがあずまきよひこ先生に影響を受けているのかその劣化版という感じです。あずまきよひこ先生が好きならあずま先生の本を読むし、正直設定が変わっただけで、もうすでにある漫画の形。しかも劣化版をわざわざ読もうと思いません。正直がっかりです。他の方も仰ってましたが絵は上手いのだからもう少し自分の色を出せなかったのかと。本当にもったいないです。
最近人気のある漫画家の絵柄少し変えただけ…っていう感じの漫画多すぎる気がします…そういうのに辟易してる方にはおススメできません。そういうのは気にならない。ゆるい日常ギャグ未満系の漫画が好きな方には面白く読めると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック