Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ふとふり返ると―近藤喜文画文集
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ふとふり返ると―近藤喜文画文集 [大型本]

近藤 喜文
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,484 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ふとふり返ると―近藤喜文画文集 + 元気になれそう―映画「魔女の宅急便」より
合計価格: ¥ 3,348

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」キャラクターデザイン・作画監督、「耳をすませば」監督、「もののけ姫」作画監督等、スタジオジブリの名作の数々を支え続けた動画(アニメーション)の詩人、近藤喜文。わずか47歳で世を去った彼が、5年の歳月の間に描きとめた、子供たち、そして人々の光あふれる瞬間。

内容(「MARC」データベースより)

高畑勲監督、宮崎駿監督の作品を支えたアニメーター・近藤喜文の心温まるスケッチ集。色鉛筆で、生き生きと温かく描かれた人々、スケッチに添えられた著者のコメントが、現代人が忘れてしまった何かを思い起こさせる。

登録情報

  • 大型本: 100ページ
  • 出版社: 徳間書店 (1998/03)
  • 言語: 英語, 不明
  • ISBN-10: 4198608326
  • ISBN-13: 978-4198608323
  • 発売日: 1998/03
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 21.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 173,230位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
34 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 見た後に 2003/4/2
形式:大型本
耳をすませばで初監督をなさりジブリを支えてきた近藤さんが亡くなったのはもう五年前の事です。その近藤さんがメインの出版物はこの本のほかにインターネットでの販売しているものなどもありますが厳密に言うのならばこの本だけです。言葉で言うのが難しいのですが見た後なんかほのぼのした気持ちになります。どこかこんな風景がありそうで、でも今見るとどこか懐かしくなります。書かれたのがもう十年も前の風景なので。この本をみると近藤さんのお人柄が分かるようで近藤さんはどんな顔をしてこの絵をお書きになっていたのだろうか書いている近藤さんが目に浮かんでくるようなそんな本です。きっと見た後に私が言っていることが理解してもらえるかと思います。
このレビューは参考になりましたか?
45 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 はじめまして。 2004/8/22
形式:大型本
この画文集はおすすめです。
僕自身はもっていませんが、
嫌なことがあった時。悲しいことがあった時。疲れた時。
自宅の最寄りの駅で降り、近くの図書館に行き、パラパラっとこの画文集を見てから家に帰るようにしています。
スタジオジブリのあの世界は、実はふだんの何気ない生活の中にあったりするんだなあ、と感じさせてくれます。
そんな画文集だと僕は思います。
ここに描かれている風景が、懐かしい一昔前の風景になってほしくないと思うと同時に、いつまでも日本の風景はこのこの画文集のままでいてほしいなあ、と思います。
このレビューは参考になりましたか?
32 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 色鉛筆画集の傑作です 2001/1/23
形式:大型本
私はずいぶん前に放送したアニメ“赤毛のアン”が大好きでした。話の内容も然る事ながら、キャラクターの生き生きとした表情がずっと心に残ったのです。そのキャラクターデザインをしたのが近藤喜文さんだと知ったのは、ずいぶん後になってからでした。近藤さんは他にもたくさんのアニメを手がけており、これほど生き生きとしたキャラクターを描ける人はあまりいないでしょう。そんな近藤さんが残した唯一の画集です。色鉛筆で描かれた子供たちが、今にも動き出しそうなくらい生き生きと描かれています。また、絵の端に書かれているコメントもなかなかです。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 今だからこそ見て欲しい 2007/5/5
形式:大型本
この画集には市井の人々の何気無い一瞬が描かれています。
幼子の無邪気な仕草然り、男の子の元気な姿然り、親子の暖かな触れ合い然り。
殺伐とした世の中みたいに言われる現代ですが、まだまだ捨てたもんじゃない、感動的な素晴らしい一瞬は私たちのすぐ近くにあるんだ、ときっと思って頂けると思います。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック