Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,112

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)
 
その他のイメージを見る
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ) [単行本(ソフトカバー)]

東小雪+増原裕子
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ) + レズビアン的結婚生活 + 百合のリアル (星海社新書)
合計価格: ¥ 3,370

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

2013年春に東京ディスニーリゾートで結婚式を挙げたレズビアンカップルは、ふたりの「子ども」を育てることを具体的に計画中。
けれども、家族形態が画一的な日本社会で、子どもは、そして周囲はそのことをどう受け入れるのだろうか。
未来のふたりの子どもに向けて、ふたりの関係性をていねいに説明し、国際的な同性婚法の流れやLGBTの基本的な知識を織り込みながら「家族」や「パートナーシップ」、「自由」について考える。
「よりみちパン! セ」HPに連載し、好評を得ていたものに大幅に加筆、修正。
新しい時代の新しい「家族のかたち」を模索する、静かな問題作! 同時刊行のコミックエッセイ『レズビアン的結婚生活』とぜひ併読を!

内容(「BOOK」データベースより)

TDR(東京ディズニーリゾート)史上初の同性結婚式を経たふたりが、子どもを迎える準備をはじめた…。新しい時代の“家族のかたち”を模索する、静かな問題作!!

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 194ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2014/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781690629
  • ISBN-13: 978-4781690629
  • 発売日: 2014/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 41,975位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
29 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まさに手紙!!! 2014/4/6
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
前半部分がまさにこれから出会うだろう子供にあてたお手紙って感じでした。
私もいつか子供を迎えられたらな~と考えている一人なので、すごく心に響きました。
後半は否定的な意見をもった方からの意見を紹介しなが、その返事をするという形の文章でした。
タイトルにある「きみたち」、っていうのは子どもあてだけじゃなくいろんな方を含めたものなのかな~とぼんやりおもったり。

子供も読みやすいような文章なので、とても読みやすいと思います。
同性カップルが子どもをもつってどういうことなのかを考えていくきっかけになると思います。

私はできれば海外みたいに日本の里親制度と子どもをもちたい同性カップルの縁ができていけばいいなと思っているので、行政関係とかそういう関係者の方にも読んでみてもらいたいですね。
著者カップル自身のそれぞれの紹介やどういうことを考えて子どもを迎えたいと思っているのかということが等身大で語られている気がします。子供が読むと考えると赤裸々なのかなという印象もありますが、それだけしっかり向き合っているんだという姿勢が伝わりました。

子供を持ちたいけど持てないっていう揺れた思いを抱えている当事者や同性カップルは子どもをもつべきではないって考えている方に読んでみてほしい一冊です。<
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)
30代ゲイです。同性愛者であると気づいたときから、結婚も、子育ても自分には縁のないものだと、何となく思って生きてきました。

翻って本書。ふたりのママから、まだ見ぬ子どももたちに宛てた手紙の形をとってますが、私にはふたりがすでに自分たちの子どもたちの姿が見えているとしか思えません。それは、どんなこともふたりで納得いくまで話し合い、手を取り合って、自分たちの人生を懸命に生きてきているからでしょうか。

私がこの本から学んだのは、自分を小さな世間の枠に押し込めて、世間の期待に応える必要なんてないということ。愛する人と手をとり、悩みながら、もがきながら生きていけばいいんだと、背中を押してもらった気がします。困ったときには、応援してくれる周りの人たちに助けて欲しいと言えば良いんですよね。

ふたりのこれから出会うであろう子どもたちへの眼差しを共有出来て、とても幸せな気持ちになれる一冊です。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック