Amazon Kindleでは、 ひゃくえん!3巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひゃくえん!(3) (ガンガンコミックスONLINE) コミック – 2011/2/22


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • コミック: 149ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2011/2/22)
  • ISBN-10: 4757531397
  • ISBN-13: 978-4757531390
  • 発売日: 2011/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Exodus 投稿日 2011/2/22
形式: コミック
今回は十夜の妹のリンが登場します。
現役の節約を売りにしたアイドルで十夜にベタ惚れな彼女は、
中学生ながら百などを軽視し、挑戦的な態度で臨む、いわゆるヤンデレの女の子。

百とリンはどちらが十夜に節約度を感じさせ、萌えさせることができるかというバトルをすることに。
リンは仕事柄上手くやっていくのですが、問題は百。
円Pが百の萌え指導を担当し、百は様々な属性ヒロインを演じていきますが、
何処かずれていて笑ってしまうような展開になります。
この話の最後は、彼女達がリンを友達として認め、思いやる温かなシーンがあり、
一方でサービスシーンも忘れないという、この作品らしさが表れています。

一番の見所は百と円がケンカをし、それぞれ別の家に居候する話。
これを経て二人は、お互いがどれほど大切な存在なのかを痛感するというハートフルストーリーです。

基本は笑いありのほのぼの系の展開ですが、こういった人間ドラマが加わることで、
より確かな友情というものを印象付ける心温まる良作です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2011/2/23
形式: コミック
『ひゃくえん!』の作者、遠山えま先生は講談社の少女誌なかよしでも連載をしている人気作家さんです。

と言うわけで青年向けの本作ではありますが、絵柄も可愛く内容も親しみやすいので女子でも楽しく読んでいける作品となっています。

3巻でもいつも通り、百と円のドタバタ節約コメディな感じで楽しく展開していきます。クスッと笑えるシーンもあります。

ラスト近くに、2人が喧嘩し仲直りする場面などは、1巻のバイトで働いたお金を一生懸命探すあの感動的なシーンに匹敵するほどに、最高でした!!2巻に比較して3巻でまた面白さが盛り返した印象です。

書き下ろしのカバー裏マンガもあり、読者を楽しませてくれる要素が満載です。やっぱり遠山えま先生は好きだなぁ……♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちごおり 投稿日 2011/7/2
形式: コミック
最近マイナーな漫画に手を出すようになって来たんですが、 当たりは結構少なくて、まあまあ面白いから続きを買うっていうのが多かったんです。

この漫画も最初はこんな感じだったんですが、二回三回と読んでるうちに

「アレ?俺結構好きじゃね?」

と思うようになり、今では自分の中でかなり好きな漫画になってます。

他の似たような漫画と何が違うのかよく分からないんですが、とにかく面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック