この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ひだまりスケッチ―ひだまりSchool Life (芳文社KR文庫) 文庫 – 2007/9/25


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ゆのはやまぶき高校美術科の1年生。学校の目の前にある「ひだまり荘」というアパートで一人暮らしをしています。明日から衣替えという初秋の夜、ゆのは出したばかりの冬服に袖を通してみました。久しぶりの冬服は、ほんの少し重たくて変な感じ。そんなことにも季節の巡り、時の流れを感じるゆのなのですが、将来のことを考えると、ちょっぴり不安になることもあって…。今作はゆのたちの学校生活にスポットを当てました。期待、不安、いろんな思いを制服の下につめこんで、夢に向かい、ゆっくりと歩いている4人の日々を綴ったショートストーリー集。優しい気持ちになりたい時に読んで下さい。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

日暮/茶坊
千葉県出身、都内在住

蒼樹/うめ
福岡県育ち。都下在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 185ページ
  • 出版社: 芳文社 (2007/9/25)
  • ISBN-10: 483220257X
  • ISBN-13: 978-4832202573
  • 発売日: 2007/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 368,515位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 レガリテート 投稿日 2007/10/16
形式: 文庫
日暮茶坊先生執筆による「ひだまりスケッチ」のノベライズの第2弾です。

原作同様、ゆの・宮子・ヒロ・沙英のひだまり荘に住む4人組が織りなすほのぼの・まったりとしたひだまりスケッチの魅力が出ていました。
前巻はひだまり荘がメインでしたが、今巻はやまぶき高校での彼女たちの暮らしが書かれています。なので、吉野屋先生と校長先生が多目に登場します。(しかも校長先生は原作より沢山出てきます。)
また、小説版のオリジナルキャラクターが今回も登場(前巻とは違う人ですが)し、ひだまりの世界に違和感なく調和しているのにも注目です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 遥か七曜の日々 投稿日 2008/1/13
形式: 文庫
ひだまりスケッチ小説第2弾です。

今回は前回以上に一本道に仕上がっています。裏表紙にもありますが、今回の小説版は将来についてがテーマではないのでしょうか?

『第4章 あしたの先生』にて、吉野屋先生を恩師と慕う前島先生が実習生として登場。四苦八苦しながらも、生徒達のおかげで、現代国語の授業は終了。『終章 夢のつづき』では、大学に戻った前島先生の手紙に安心する吉野屋先生。
…やばい、読んでて泣きそうです。しかし、真に涙を浮かべたのはそこではなく、あとがきの日暮茶坊先生のコメント
「大人になって、後から戻ろうと思っても出来ませんから(泣)」

びえーーーーーん!!
いや、そこまで泣いちゃいませんけど。

原作と、この小説版のひだまりスケッチにしても、そしてひだまりに限らす、現代世界の日常を舞台にした作品って、話がしっかりしているおかげで、キャラクター達が、その世界でちゃんと生きているというものを感じさせます。キャラが可愛いだけじゃ、人気作にはなれないですしね。

そして、登場人物達がそこで悩みながら、笑いながら成長する姿をみると、とてもまぶしく見えます。

小説版、3巻も発売すると思いますよ。だって、1巻はTVアニメの時期に合わせて
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 96メモ 投稿日 2008/4/3
形式: 文庫
前作の『ひだまりスケッチ ようこそひだまり荘へ』と一緒に購入しました。

日暮茶坊先生が執筆しているので、安心して購入できました。

先生が他に書いたノベル作品を見ても、原作のキャラが崩れることなく執筆されているので、

安心して読めたという感じです。

内容は原作と同じような、ほのぼのとした作品になっています。

ノベライズ作品のオリジナルキャラも出てきていますが、

ひだまりの世界に溶け込んでいて違和感は全くありませんでした。

前作が2007年3月、今作が2007年9月に出版されたので、

次があるとしたらまた半年後かと思っていましたが、

第二期製作が決定されたので、それにあわせて夏に発売…という感じになりそうですね。

次が出たら絶対また買いたいと思います!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鈴木 達行 投稿日 2011/8/21
形式: 文庫
ひだまりスケッチのライトノベルの二作品目です。
書いてる人が内容を良く知っているんでしょうか。
話ははオリジナルなんですが、
いつものひだまりスケッチらしいまったりした感じは変わらず
そのまま漫画に載ってそうな感じです。

アニメや漫画で好きになった人には、読んでみても損はしない本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック