Amazon Kindleでは、 ばくおん!! 1 ヤングチャンピオン烈コミックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
ばくお&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス) コミック – 2012/3/19


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 75


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス) + ばくおん!! 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス) + ばくおん!! 3 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

単行本の帯に書かれているキャッチコピーは「初めて付くしの女子高生オートバイ学園コミック!!」となり、1巻で登場するバイクはCB400SF、セロー、ZX-12R ninjaなどなど。ちなみに物語は主人公が佐倉羽音がバイクに興味を持つ場面から始まり、1巻は教習所通い、バイク入手あたりまでを掲載。

登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2012/3/19)
  • ISBN-10: 4253256260
  • ISBN-13: 978-4253256261
  • 発売日: 2012/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (87件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

113 人中、83人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 thayashi3 投稿日 2012/3/25
形式: コミック Amazonで購入
連載が始まった時は、けいおんのパロディかな,ヤングチャンピョン烈ってどこで売ってるんだ?,という具合であまり気にも留めなかったのですが,コミックスが発売されて評判が良いらしいので購入。

単なるパロディじゃなくて,ちゃんと作者さんが様々なバイクネタを盛り込んで,オマージュとなり,面白いバイクの話になっているのが,予想以上に楽しめますね。

キリンの話題にしても,東本昌平氏の名作「キリン」が元ネタらしい雰囲気だし,ツーリングの話で羽音が凜のソフトクリームを後ろからパクつくとこは,けいおんOPからだったり。

なにより,CBとカタナといえば,しげの秀一の「バリバリ伝説」を彷彿させてくれますね(笑)。
そのうち「チェーンって交換するものなの!?」とか「かめっ!」とか言ってくれないかなーと妄想しながら読んでます。

他の方のコメントで,ネタが侮辱的に感じる,なんてお話もありましたが,今のご時世としては話題にすら上らないのが一番ツライことだと思います。
ひろーいココロで受け止めましょうよ。一連のカタナのネタには爆笑しました。凜パパ大好きです(笑)。
私,ホンダの250ccのバイクに長い間,乗っていました。
直線でブチ抜かれたあとに,峠の下りでもたついているのを,アウトからブ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
129 人中、94人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 れら 投稿日 2012/4/26
形式: コミック Amazonで購入
バイク乗らない理由は多々あれど、乗る理由が一つでもあるなら乗るべし!ってのは昔からある名言ですね。鈴菌保有者ネタが多いのも、面白い所です。

ただ、バイクという乗り物は、車に比べ常に命の危険と隣り合わせの乗り物です。
二輪免許は普通免許と異なり路上教習が無い為、公道走行のノウハウの無い若者が免許を取った途端に事故を起こす・巻き込まれる事象は多々報告されています。
ですので、作中に存在するような二人乗り(しかも半ヘルで)での300km走行や、無造作なすり抜け走行などは割と本気で死にます。絶対にやめましょう。
事故車の非通知販売や、メーターの巻き戻しなど論外です。これを「どこでもやっている」と捉えられては、業界全体の浮沈に関わります。

まぁ堅苦しい事を抜きにすれば、それら業界の問題点を「事前に指摘してくれている」とも取れるので、今後に期待しましょう。日常メンテナンスのエピソードなども挿入してくれると「これからバイクに乗る層」にとっては心強いかと思われます。

最後に一つ……
スタイル良い娘のレーシングスーツのエロさは異常!( ゚∀゚)o彡°
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 丹後太郎 投稿日 2014/10/30
形式: コミック Amazonで購入
メカやテクの表現はちょっと子供じみている。バリバリ伝説や特攻の拓が好きな人には合わないかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
108 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バーン・ストーム 投稿日 2012/3/22
形式: コミック
最初ヤングチャンピオンで連載が始まった時には、「おいおい、バイクをバカにしてんのか」と思い全く読む気も無く、けい〇んの様にギターひけないのにバカ高いギター買って部屋に飾っとくみたいな、にわかバイク乗りが増えないことを祈るばかりだなと思っていた。
しかし、ふと本屋で見かけ読んでみると「あれ?けっこう面白くね?女の子可愛いし何よりバイクの描写がめちゃくちゃ上手いじゃん!」と思っていた自分がいた。しかもコメディ系なので思わずニヤリとしてしまう部分も多々あり、またバイク乗りなら知ってるバイクが多数登場し、「おー!〇〇じゃん」と言った具合に楽しく読むことが出来た。
もちろんバイクに乗ったことが無い人でももちろん楽しく読むことが出来ると思う。キャラクターはみんな個性があり特に来夢先輩がツボだった。
自分はzzr1400に乗ってるkawasaki大好き野郎なのだが、改めて他のメーカーもいいバイク出してるよなぁと、再確認させてくれるマンガでもあったし、登場キャラクターはそれぞれ違うメーカーに乗ってるのでその時、キャラクターの名前に注目してもらいたい。みんな何かしらそのメーカーと関係のある文字や名前になっているのでそこもぜひチェックしてほしい。
他のバイク漫画で「キリン」という漫画があるが、それを読んだことのある人は余計に面白いかもしれない。(なぜかはネタばれになるから言わないけど)とにかく気になっているなら買って損は無いと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
74 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 わいさん 投稿日 2012/3/22
形式: コミック
メイドいんジャパンとの衝撃的な出会いから一年(個人的な話ですが)、おりもとみまなの最新作がこの作品。
正直バイクにはまったく興味がなく、いくら好きな作家のマンガとは言えついていけるか不安だったが
読み始めると瞬く間に引き込まれ、この作品の虜になってしまった。

著作を重ねるごとに向上していく作者の卓越した画力もさることながら
話の展開、セリフ回しなど、昨今のマンガと比較しても一線級のレベルにあることは間違いない。
人気作品「けいおん!」をこれでもかとオマージュしている部分を多分に感じさせつつも
それに対するアンチテーゼを内包させてもいると気付いた時
自分の感情の中に衝撃と快感が同時に走るのを感じた。

この作品はけいおんを認め、愛しつつ、しかしそれを横目に微笑みながら
爆音を響かせて走り去っていくような、そんな爽やかさと心地よさを感じさせる。
パロディだけどパロディではない。オマージュだけどオマージュではない。
おりもとみまなのような「変態」にしか描けない世界がここにある。

みつどもえと島本和彦を足して2で割ったようなギャグが想像できる人になら、ためらうことなくこのマンガをオススメしたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック