Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 590
買取
こちらからもご購入いただけます
select store (商品説明文を良くお読... カートに入れる
¥ 3,030
Amazon.co.jp カートに入れる
¥ 3,062
オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中 カートに入れる
¥ 3,150
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
はやぶさ/HAYABUSA [DVD]
 
その他のイメージを見る
 

はやぶさ/HAYABUSA [DVD]

竹内結子, 西田敏行, 堤 幸彦 DVD
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (48件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,030 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,074 (26%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、R-STORE ◆在庫確実・即日発送◆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。  返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品には新しいモデルがあります:
はやぶさ/HAYABUSA [DVD] はやぶさ/HAYABUSA [DVD]
¥ 900
近日発売 予約可

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオはやぶさ/HAYABUSAを今すぐ観る ¥ 324 より

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

はやぶさ/HAYABUSA [DVD] + はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】 + NHK-DVD 小惑星探査機“はやぶさ”の軌跡
合計価格: ¥ 8,957

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 竹内結子, 西田敏行, 佐野史郎, 山本耕史, 鶴見辰吾
  • 監督: 堤 幸彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • DVD発売日: 2012/03/07
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (48件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B006MQC02W
  • EAN: 4988142873927
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 27,560位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

JAXA全面協力!
7年間、60億キロ――
日本中に勇気をくれたはやぶさとそれを支えた人々を描く感動の物語


<キャスト&スタッフ>
水沢 恵…竹内結子
的場泰弘…西田敏行
坂上健一…高嶋政宏(たか、はハシゴタカの、たか)
川渕幸一…佐野史郎
田嶋 学…山本耕史
喜多 修…鶴見辰吾

監督:堤 幸彦
脚本:白崎博史/井上 潔
主題歌:fumika「たいせつな光」(Ariola Japan)
ノベライズ:「はやぶさ/HAYABUSA」(角川文庫、角川つばさ文庫)
参考書籍:「はやぶさ君の冒険日誌」(毎日新聞社)
製作総指揮:フォックス・インターナショナル・プロダクションズ
企画/製作プロダクション:アグン・インク
協力:JAXA 宇宙航空研究開発機構 Japan Aerospace Exploration Agency
製作:20世紀フォックス映画/20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン/角川書店/アグン・インク/ソニー・ミュージックエンタテインメント/電通/オフィスクレッシェンド/毎日新聞社
(C)2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ

<ストーリー>
古本屋でアルバイトをしている水沢 恵のもとに、一本の電話がかかってくる。その声の主は宇宙科学研究所(現:JAXA 宇宙航空研究開発機構)の的場だった……2010年6月13日。小惑星〈イトカワ〉調査を目的に、2003年5月に日本から打ち上げられた小惑星探査機はやぶさが地球に帰還した。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るというミッションは、NASAでさえ成し得なかった人類初の快挙だった。7年間、60億キロにも及ぶ旅は、絶体絶命のピンチの連続。大きなプレッシャーと次々と降りかかるトラブルに、メンバーたちはどのように立ち向かっていったのか……。

<ポイント>
・世界に誇るはやぶさの誕生から帰還までを語る真実の物語
・俳優陣の完全コピーぶりはJAXAスタッフのお墨付き、まさしく実話
・充実のオーディオ・コメンタリー
―はやぶさ関係者が映画本編だけではなく、オーディオ・コメンタリーにも協力。映画の裏側から実際のミッションの様子まで、より映画を楽しめる充実の内容

<特典>
●高嶋政宏、矢野創(サンプル採取/カプセル回収担当)、寺薗淳也(インターネット広報担当)、井上潔(プロデューサー/共同脚本)による音声解説
―映画の裏側から、実際のミッションの様子まで、セリフやセットのこだわり、あの時実際のミッションはどんな様子だったか。映画関係者、JAXA関係者それぞれの側面から語ったお宝解説。
●入選イラスト集
―はやぶさイラストキャンペーンに応募頂いた絵を収録

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2010年6月に地球へ帰還を果たした小惑星探査機<はやぶさ>に関わった人々の姿を描いた実話ドラマ。小惑星からサンプルを採取して持ち帰るミッションに挑んだ宇宙科学研究所の職員たちの奮闘を綴る。


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
33 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 そうそう、こんな感じ! 2011/12/21
投稿者 RR
形式:Blu-ray|Amazonで購入
「流行り物に飛びついて…」という先入観は排除したうえで見て欲しい、リスペクトあふれる作品。「完コピ」という触れ込みの通り、運用室の細部にいたるまで本物とそっくりそのままです。時系列に従ってポスターなどが変化していますので、そこを追ってみるのも一興です。管制と臼田さんとのやりとりなど運用の様子も地味ですがリアル。特にプロマネを演じる佐野史郎さんの演技はまさに本物の川口先生そのままで素晴らしい。また、本物の「中の人」もカメオ出演されています。

この作品では2つの山場があり、1つめは打ち上げシーンで2つめは帰還シーン。2つめは言うまでもありませんが、1つめは序盤で描かれた打ち上げまでの様々な苦労が結実する場面。地元の住民たちも総出で色んな場所から見送る光景はとても感動的です。どちらとも実写とCGのカットが半々ほどで使われており、クオリティも申し分なく非常に見応えがあります。イトカワへのタッチダウンシーンも、砂礫がゆっくりと放物線を描いて弾き飛ばされる様子など非常に「宇宙」感があります。

ちなみにはやぶさは喋りません(笑) 某記事で「アニメ声でしゃべり出す」という本当に観たのかとても怪しいコメントが載っておりましたが、あれは劇中で主人公の水沢恵が描いた絵本の本人によるナレーションです。水沢恵はオリジナルキャラですがちゃんと実在のモデルが複数存在し
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 号泣 2012/4/21
投稿者 日向侍
形式:DVD
最初にレンタルで見ました。見たあと、早速、アマゾンでクリックしました。
専門的な部分も含めて、ドキュメンタリー風にしっかりとストーリーが作られていますが、
はやぶさを取り巻く人たちのドラマや人間模様が、感動的に、しばしばユーモラスに
盛り込まれており、上質な仕上がりになっています。観る人におもねず、専門用語なども
ばんばん出てきますが、絵本仕立ての解説が平行して盛り込まれているので、かなり
わかりやすくなっています。テレビでも大々的に報道されましたが、はやぶさが
小惑星のサンプルが入ったカプセルと親子のようにランデブーで大気圏に突入し、
はやぶさが燃え尽きていく姿に、四十男の自分が(家族で見ていたのですが)
妻と子供の前で、声を上げて泣いてしまいました。久々に心から感動した映画です。
老若男女、すべての方にお薦めします。
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 プロジェクトXは人を育てる。 2011/11/4
形式:Blu-ray
 小惑星イトカワの試料を採取した探査衛星、「はやぶさ」のお話です。登場する人物が面白い、宇宙研究の予算取得のための経済的な厳しさでやりくりする職員、高学歴にもかかわらず非常勤職員として働く人、生活を犠牲にしながら仕事に打ち込んでいる人、志なかばで退職する人、病気で死んでしまう人がさらっと描かれています。多士済済とはこのことでしょう。こんな人々の集団だからこそ快挙、前例のない、世界初ということをやってしまうのだとも感じました。

 探究心の塊、探究心に突き動かされ、ユーモアーがあり個性的な人物の集まった宇宙研のスタッフがいい。ある意味では美しく描いています。出演者の演技がいい。理系の人、「こういう人いるような〜」というぐらいうまく演技している。専門家集団を外側から眺めると、こういう感じに見えるのだろう。

 そのなかでも竹内結子が扮する水沢恵がいい味をだしている。水沢恵は服装や化粧などは無頓着。経済的に厳しい様子が垣間見られるが、なに不自由なく生活をしています(夢を見ている生活)。興味のある対象には目を見開き驚きに満ちた表情で研究対象を追いかける。一方、日常では上の空で歩き、急になにかにぶつかりと動作がぎこちない。宇宙開発研究所では臨時の仕事にのめりこみ、子供相手の相談の仕事では場を読まず、困惑した表情の子供に専門用語で一方的に解説する。人への
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 確証のない旅 2012/11/6
投稿者 yuhi
形式:DVD
言葉を綴っていても、
誰にも届いていないんじゃないかと思うときがある。

それと同じように、いつか解り合った人の心も、
今は届いていないのかもしれないと、思うときもある。

たぶん、信じ切れていないだろうな。
たぶん、変わっていくことが怖いんだろうな。

どうがんばっても、
時間は進んでいくというのに。

でも、「はやぶさ」によって、
そんな、ちょっとせつない想いを、
少し、緩和するような気持ちになった。

通信が途絶えてもなお、
「はやぶさ」に信号を送り続ける人たち。

「校庭の中の、一粒の砂を見つける」ほどの、
途方もない、その作業。

何年かかるかわからないし、
見つけることができないかもしれない。

確証のない時間を費やしながら、
その道の途中で、それを見届けることが出来なくなった人もいる。

それでも、続けていくこと。

「科学」への信頼が、それを可能にするんだろうか。

それもきっとあるけれど、
それよりも前にあるのは、

... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 映豪華俳優陣を使った「はやぶさ」のドキュメンタリー風映画
はやぶさが打ち上がってイトカワに到着し、地球に帰ってくるまでを時系列で描いたドキュメンタリー風映画である。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: 松本健志
5つ星のうち 5.0 泣いて笑える、さすがの堤幸彦作品・特典映像は値段以上の価値あり
泣いて、笑って、ほっこりして、さすがの堤幸彦作品。
感動もして、見終わった後までじんわり暖かい気持ちの残る、良い映画でした。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: maomaochan
5つ星のうち 5.0 泣けました
こんなに泣けるなんて思っていませんでした。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ひつじ日和
5つ星のうち 4.0 感動しました、
はやぶさに関わった人達の情熱と最後まであきらめない気持ちが伝わってきて自分の今後に役立てようと感じた。
投稿日: 2か月前 投稿者: 白洲伍朗
5つ星のうち 5.0 思わず引き込まれるストーリー展開と、佐野史郎さんのはまり方がどんぴしゃりです
... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 土門拳のファン
5つ星のうち 5.0 似すぎていて怖い!
 どうしてこの探査計画が生まれてきたのかから、懇切丁寧に描き込まれていてびっくり。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: maline
5つ星のうち 2.0 馬鹿専用
なんでこんなに安っぽい感動ドラマにしてしまうのか・・・

はやぶさの快挙に本当に感動させてもらったのに... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: さとろー
5つ星のうち 5.0 何回見ても泣いてしまいます
子供のころから宇宙に興味があり、祖母に「欲しい本買ってあげるよ?」と
言われ、初めて買ってもらった本が宇宙と星の図鑑でした。... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: りんごの花
5つ星のうち 4.0 上手くできた映画です
はやぶさ関連三作品全部見ました。その中では一番わかりやすいと思います。専門用語がたくさん出てきますが、意外やさらっと見れますね。西田さんと佐野さんが主演かな?と思... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: もーくん
5つ星のうち 4.0 「はやぶさ 遥かなる帰還」(東映)と見比べてしまった。補完しあうところが気持ちいい。
日本のロケット開発は失敗ばかりして、マスコミに叩かれたこともあって、いつしか興味を失せてしまっていたものだったが、成功すると褒めちぎられ、わたしのような大衆もなび... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: とおのとほ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック