Amazon Kindleでは、 はたらく魔王さま!: 1 電撃文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
はたら&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はたらく魔王さま! (電撃文庫) 文庫 – 2011/2/10


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

はたらく魔王さま! (電撃文庫) + はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫) + はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,911

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界征服まであと一歩だった魔王サタンは、勇者に敗れ、異世界『日本』の東京・笹塚にたどり着く。そんな魔王が日本でできること。それはもちろん“世界征服”!!―ではなく、駅前のファーストフード店でアルバイトをしながら生活費を稼ぐ、いわゆるフリーター生活だった!その頃、魔王を追って時空を越えた勇者エミリアもまた、テレホンアポインターとして日本経済と戦っていた。そんな二人が東京で再会することになり―!?六畳一間のアパートを仮の魔王城に、今日も額に汗して働くフリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー。第17回電撃小説大賞“銀賞”受賞作登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

和ヶ原/聡司
『はたらく魔王さま!』で、第17回電撃小説大賞“銀賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/2/10)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 404870270X
  • ISBN-13: 978-4048702706
  • 発売日: 2011/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (46件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 22,128位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 oguri 投稿日 2013/6/17
形式: 文庫
アニメが面白かったので、久々にラノベを買いました。
正直、最初はイラストが可愛すぎて、女性が読んで面白いかしら?と不安でしたが杞憂でした。
アニメよりも若干キャラクター描写は落ち着いてはいますが、とっても楽しく読むことができました。
あんまり面白かったので最新刊まで大人買いしてしまうほど!

1巻は導入部なだけあって、ファンタジー要素は抑え気味ですが、そこもまた良かったです。
個人的な感想ですが、このお話はたぶん、異文化交流?も根底にあるのかなとも思います。
エンテ・イスラの人たちと日本…だけではなく、悪魔と人間という本来なら相容れないはずの人たちの交流という…。

人間が魔物を殺すことに何のためらいもないように、
悪魔もまた人間を殺すことに躊躇などなく、
魔王も確かに異世界ではそうだったみたいなのですが、
いざ力を奪われ人間の体になって人間の社会で暮らすハメになり「人間を知る」という機会を得てみると…?

勇者は勇者で、父の仇&人類の敵である魔王を倒すことに全てを捧げてきたのに、
再会してみれば自分と同じ人間で、しかも遵法精神旺盛で真面目に働いてる普通の若者で…となると……?

このお話の一番いいところは、変に陰
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 初音ミク 投稿日 2013/9/3
形式: 文庫
地球とは違う異世界【エンテ・イスラ】で死闘を繰り広げていた
【勇者エミリア】と【魔王サタン】
死闘の末、追いつめられた魔王が逃げ込んだゲートの先は東京の笹塚だった...

この巻ではアニメで言うと第5話【魔王と勇者、笹塚を救う】までです
ルシフェル戦終了までと、非常に区切りがいい

あたりまえですが、アニメでは描写されなかった場面が多々あります
真奥(魔王)がマグロナルドで安定した収入を得る生活になるまでの描写は、アニメより順を追ってます。

逆にルシフェルとの戦闘シーンなんかは、アニメのほうが流石に迫力あります
チーちゃんとのデートとかもアニメのほうが表現力豊かです
色々アニメと原作との差を見つけるのも楽しいです

この巻には特別企画で、主要キャラの履歴書が掲載されてます
【真奥 貞夫】【遊佐 恵美】【芦屋 四郎】【佐々木 千穂】の4名です

あとがきを読むと納得しますが、この【はたらく魔王さま】
一部の場面に生活感がやたら詳しく描写されているシーンが今後も出てきます
これは作者の経験や、見た・聞いた話を主要キャラにかぶせている為です
これが、異世界(東京)にきて右も左もわからない魔王や勇者に良いスパイスになってます

地球の生活に馴染みまくった魔王と勇者、面白すぎる
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
80 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 oukacha 投稿日 2011/3/12
形式: 文庫
数年間ラノベから遠ざかっており、最近久しぶりに十数冊ほど手を出して読んだうちの一冊でした。
なんというか、最近のライトノベルに多い、文章の視覚的要素に頼った書き方というものがほぼなく、
文章自体も安定感があって読みやすく、会話も自然な感じでコミカルに仕上られており、
久しぶりに気恥ずかしさなくスラスラ読めるライトノベルに出会えた!
と、最後まで気持ちよく読む事ができました。
大まかな感想は以上の通りです。以下には、少し細かに感想を書いていきます。
後、少しだけネタバレ注意です。

良かった点
・異世界の魔王とその部下が、あるいは勇者が、現代日本で庶民暮らしをする上での、細かい所まで行き届いた描写
・魔王や勇者としての立場を上手く用いた、登場人物達のおかしな掛け合い
・小説としての完成度と値段に対する満足感
・アルシエル

気になった点
・ライトノベルとしてはどうにも地味で所帯じみてて(これは褒め言葉ともなりますが)、ターゲットの若者がこの内容に時めくかは疑問
・悪の権化であった魔王が良い人描写過ぎる違和感
(元の世界で本当に人類を殺戮してきたのかどうかすら疑わしく、例え人類の生活に触れ、理解したのだとしても、過去の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くまくま 投稿日 2011/4/23
形式: 文庫
 魔王サタンは勇者エミリアに退治されそうになる寸前、腹心の悪魔大元帥アルシエルと共に異世界へ脱出した。たどり着いた先は、地球の原宿駅近く。魔力もほとんど失い、見かけは人間になっていた。
 警察官に職務質問をされ、残された魔力で何とか切り抜けたサタンとアルシエルは、とにかく生きていくために、真奥貞夫と芦屋四朗という戸籍と、六畳一間の住所を手に入れ、日雇労働者として糊口をしのぐことにする。

 笹塚のハンバーガーチェーン店で月間MVPクルーになるほどのバイトとしての地位を固めた真奥は、いずれ正社員になり、日本を経済的に征服して、元の世界エンデ・イスラに帰還することを目論む。そんな彼の前に、OLとなった遊佐恵美こと勇者エミリアが現れる。彼女は魔王を打倒するため、こちらの世界に一人追いかけて来ていたのだ。
 互いに往時の力を失い、何となくなれ合うような雰囲気になりそうになり、必死に敵対しようとする遊佐だったが、そんな二人を魔力で襲撃する謎の存在が現れる。

 真面目にバイトする魔王と、その魔王をつけ狙い襲撃する勇者という、平和な社会では立場が入れ替わったような面白さで立ち上がり、魔王に恋しちゃう女子高生と、その魔王に付きまとうOLという面白さに移り変わり、そして最後に魔王と勇者の本領発揮という展開で締める、そういう展開の妙がある。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック