この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

はじめての課長の教科書 単行本(ソフトカバー) – 2008/2/13


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

著者からのコメント

この本は、「本で、もっと、世界にいいこと」Chabo!(チャボ)への参加書籍です。印税の20%が世界中の被災民・難民への教育・自立支援にあてられます。

内容(「BOOK」データベースより)

課長にもプロとアマがある!?課長が学んでおくべき8つのスキル、9つの問題解決、3つのゲーム、8つのキャリア戦略。課長が知っておくべきこと、すべて教えます!

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2008/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887596146
  • ISBN-13: 978-4887596146
  • 発売日: 2008/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (81件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 6,257位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボウイ VINE メンバー 投稿日 2014/6/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
「課長にまでなって、教科書かよ。こんなタイトルの本、読んでるの絶対部下には知られたくないな。」

そんな風に思う方もいらっしゃるかと思うが、この本、本当に読んで頂きたい。

課長になるとそれまでと何が変わるのか?
部下にはどんな姿勢で向き合うべき?
社内政治に対する立ち回り方は?
次のステップをどう考えればよい?

いずれも今までとは違う立場になった「課長」には未知の出来事。
この教科書で予習をしておくのと、自分で経験してから初めて気付くのではその差は大きいはず(気付くのが遅すぎて退場になっていなければ良いが)。
上司であり、管理職の先輩でもある「部長」なりが教えてくれれば良いのだが、優秀な課長であればある程、警戒されて教えて貰えなったりして(嫌な話だけど現実)。

所謂ルーティンワークについては、合格点を貰って、係長なりから課長へなったのだから、仕事の仕方はとりあえずOKという事。

この本を読んで、課長に必要とされる特有の「スキル」をしっかり身に着け、更に次のステップへ向かっていこう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アラフォー営業マン 投稿日 2014/4/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読むタイミングが良かった。
課長になって少し経った頃に読みましたが、これからあるであろうトラブルの対処方法が書いてあり、予備知識として早いうちに読んだ方が良いと思いました。
新人課長には是非読んで頂きたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 草雲雀 VINE メンバー 投稿日 2008/4/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
課長になって2年になる。

著書に書いてある、
『課長になるということは、実務の現役における第一線からはほとんど引退し、全く新しい仕事に就いたと考えるのが自然』
という一節に深く共感した。

そうなのである。今までは自分で客先に行き、商談し、Deliveryの管理から売り上げまで深く狭く実務をこなしていたが、課長の仕事は部下のマネジメントであり、総合的に如何に組織を大きくするか、利益を上げるか、ということになるのである。

そのため、今までより内向きな仕事になり、こんなんで良いのかなというギャップも感じていたのだが、本書を読み、ああ、これで良いのだと認識することができた。

他にも、予算管理、人事評価、社内政治など、日本の実態に即した内容で書かれており、参考になるところが多かった。

あまりこういう話しって社内でしないじゃないですか。一読の価値はあるかと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かけふ VINE メンバー 投稿日 2008/5/4
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の組織論と課長のノウハウ論がごっちゃになっていて、
なおかつ、著者が参考文献に挙げている本の理論を
つないだだけのものです。
具体例も〜らしいとか本や又聞きの話ばかりで
心に響くものがありません。
ある程度まとまってはいますが、
それだけの本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 内田裕介 トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ナレッジマネジメントの資料を探していて本書にぶつかった。
組織における課長のポジションは、経営層からも現場の社員からもバランスよく情報が入ってくる。ナレッジマネジメント的にいえばトップダウンでもなくボトムアップでもない、ミドル・アップダウンが可能な唯一のポジションである、と本書ではいう。企業変革の観点からは課長職がきちんと機能している企業はイノベーションが起こりやすい。従って困難な時代を勝ち抜いていくのは課長が元気な企業である、というわけだ。この観点で課長の役割を説いた資料にはあまりお目にかかったことがないが、組織論的な本質をついていて秀逸だ。
他にも、課長が身につけておくべきスキル、社内での世渡りの仕方、課長になると直面する問題など、取り上げているテーマが実に面白い。かつ実践的である。
著者はまだ40歳前と若いが、洞察と経験に満ちたなかなか刺激的な本だ。係長以上は読んでおいて損はない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
91 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サンライズマーチ 投稿日 2008/2/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
影響力あるブログにて絶賛されていて、当初は「パブリシティ」的なものを感じてしまっていたが、紹介されていた言説・図表等に素直に関心を抱き、深く考えずに購入した。

読後の率直な感想は、著者の華麗な経歴とは真逆に、典型的な国内企業における「具体的な組織論」にフォーカスした、まさに教科書。
読者の立ち位置によって解釈や共感の度数も様々であろうが、場合によっては「センス」で片付けられていた「暗黙知的領域」をよくぞ、ここまで文書に落としてくれましたという感嘆。

これまで存った海外輸入マネジメント本や、国内個別企業論。もしくは、経営コンサルタントの理想論・あるべき論・・・これらとは全く違う。新鮮な切断面に共鳴しきり。

なかんずく、第3章:課長が巻き込まれる3つの非合理なゲームで語られる、「予算」「ポスト」「人事」「政治」。当てはまらない企業もあろうが、こと私の場合には、ドンピシャに整合しており、唸ってしまった次第。

また、何気なく紹介される名言・格言、さらには途中途中に挿入されるフレーズ群にもスパイス的な魅力あり。

「凡人に非凡な業績を上げさせるのが組織である。 A.J.ベバリッジ」
「社内政治の存在そのものを攻撃するようなナイーブな考え方は退けてください
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック