この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

はじめての色鉛筆画 単行本 – 2007/3


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 662


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

スケッチした絵や写真などをトレースし、色鉛筆で色をつけていきましょう。立体感の出し方、質感の出し方、色の作り方など「どのように色をつけるか」という色鉛筆画のコツをわかりやすく解説してあります。さらに、花や雑貨などさまざまな15種類のモチーフを、ポイントレッスン付きでていねいに紹介します。どれも小さな絵なので、初心者にピッタリです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

河合/ひとみ
東京外国語大学ロシヤ語学科卒。大学在学中に独学で色鉛筆画を始める。TBSラジオ深夜放送「パック・イン・ミュージック」の第1回イラストハガキコンテストに入賞したのをきっかけに、本気で描きはじめる。大学卒業後、旧ソ連邦極東船舶公社の日本総代理店に勤務しながら描き続け、退社してフリーに。その後、アジア学生文化協会で10年間英語講師の経験も。現在は絵の仕事ひとすじ。都内で定期的に作品展を開催。色鉛筆細密画教室「アトリエPencil Work」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 111ページ
  • 出版社: 山海堂 (2007/03)
  • ISBN-10: 4381022319
  • ISBN-13: 978-4381022318
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 275,377位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 やまなずみ 投稿日 2009/2/6
形式: 単行本 Amazonで購入
まずパラパラとページをめくっていくと、どのページの作例も
とても写実的で繊細で綺麗な絵が載っていて、これから勉強するんだ
ということは、しばし忘れその作品に見入ってしまいました。

この本は特に、自然な色に着色するための塗り方に重点を置いて
解説されています。簡単に言うと塗り絵を綺麗に仕上げようという
趣旨で導いてくれます。色鉛筆に取り組むときこれは大変入りやすい
方法なのかもしれません。

当然先生のようにうまくは塗れない訳ですが、画面の一部分でも
うまくいったときの達成感は本当に感動ものです。また、塗りに
関して言うといろいろなアドバイスが随所に入っているので、
それを一つずつこなしていくのは、とても時間がかかりそう
ですが、お手本がしっかりしているので、完成画がはっきりと
イメージできてとりあえず、ゴールを見失う事がありません。
漠然とですが、やればできそうな気がしてくる。

ただ、
大変良い本なのですが、★一個のマイナスポイントは、その
お手本のすばらしさに圧倒されて、少し萎縮してしまうこと。
自分の実力とは明らかにかけ離れた絵の世界がそこにある。
でも、とりあえず、画集として眺めてみるだけでも参考に
なる本であります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック