この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してる (JIVE CHARACTER NOVELS) 単行本 – 2005/8


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新進企業の令嬢で、瑞穂の実家とはライバル関係にある家柄の娘、厳島貴子。ある日、彼女がいつもどおり生徒会室に向かうと、会計の菅原君枝から、転校生である瑞穂の話を聞かされる。最初は転校生のことなど気にもかけない様子の貴子だったが、瑞穂が今年のエルダー候補に挙がっているという話を聞いてびっくり。闘争心に火がついた貴子は、ライバルである瑞穂に宣戦布告をし、エルダー選挙に挑むことに…。キャラメルBOX原作のラブコメアドベンチャー「処女はお姉さまに恋してる」のノベライズが登場。

内容(「MARC」データベースより)

転校生がエルダーになるなど…許せませんわ! 意地っ張りな生徒会長、貴子の本心とは…? ラブコメアドベンチャー「処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してる」をノベル化。

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: ジャイブ (2005/08)
  • ISBN-10: 4861760860
  • ISBN-13: 978-4861760860
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 583,768位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 PP 投稿日 2005/11/22
形式: 単行本 Amazonで購入
おとボク史上最高のツンデレラ、厳島貴子の心情を描いた小説。

全編通して厳島貴子の一人称のみで進み、こと細かに彼女の気持ちが描写されています。

序盤の幼年期のエピソードから厳島貴子が何故「恵泉女学院の生徒会長、厳島貴子」というある根強いイメージを確立するに至ったのか、その理由がこれを読めば明確になること間違いありません。

ゲーム未プレイの方でもおとボクの世界観を知ってさえいればハマる方は大勢いらっしゃるでしょう。

ただ、万人に共通するとまでは申しません。好き嫌い別れそうな作品ですので。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 水瀬 投稿日 2006/1/7
形式: 単行本
内容はいいです・・・。

ですが、挿絵が全く異なっているのがどうかと・・・。

もうちょっと、ゲームの絵に近づけてほしかった。

あの絵がよくてゲームをやりはじめたから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆえ 投稿日 2011/9/9
形式: 単行本 Amazonで購入
貴子さん目線のストーリー展開です。貴子の回想やキモチがよくわかる本です。貴子ファンでなくても楽しく読めます。物語はとても面白いのですが、挿絵が非常に残念です・・・。それを除けばお勧めの1冊です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ただぽん 投稿日 2009/2/9
形式: 単行本
貴子さんファンの方には必読本、その他ヒロインファンの方にもお勧めできる本です。
瑞穂お姉さま視点ではなく貴子さん視点の本というところが他の本との違いです。
貴子さんが色々なイベントの度にどのようなことを思っていたのか・感じていたのかがわかる作品になっていると思います。
挿絵に関しては。。。ちょっとがっかり部分があるのですがそれをおいても内容は良い作品と思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック