通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代の... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BookCloudM店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり◎表紙に少しの擦れ・ヨレ見られますが、ページ内に書き込み・破れ等はなく読む上で問題はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/1

5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 101

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門
  • +
  • 「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書)
  • +
  • 著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

著作権って何?
どうして必要なの?
自分で本を自炊すると著作権違反になるの?
著作権がないと面白い作品は生まれない?
TPPに参加すると著作権はどうなる?
デジタル時代に生じる素朴な疑問をめぐって、気鋭の弁護士、福井健策と評論家の岡田斗司夫が対談。
話題は電子書籍の自炊から、コンテンツのマネタイズ、国家とプラットホーム、情報と経済の新しいあり方まで、
縦横無尽、とんでもないところに飛びまくる!
岡田斗司夫の大胆な発想に、福井弁護士はどう答えるのか!?
本書を読めばデジタル時代の著作権との向き合い方、そして未来が見えてくる。

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の弁護士とFree論者が大放談!著作権を知れば、デジタルとコンテンツの未来が見えてくる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2011/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484112248
  • ISBN-13: 978-4484112244
  • 発売日: 2011/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 276,646位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
内容が薄いです。最後の方は、1ページに、1つの用語の注釈といった感じで、ページ数をつぶしています。岡田さんの発言も、「私的複製が許されるというなら、一万人を養子にしたらどうなるか」などの極論が多くて、現実味がないです。立ち読みできていたら、Kindle版を買うことはありませんでした。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
もともと岡田斗司夫氏の構想は現行の著作権法を軽々と
飛び越えて、貨幣制度そのものの相対化にまで及んでいます。

なので、本書は著作権の体系的な勉強をするには全く
不向きであるという点で、星1つ減らしました。

まずローレンス・レッシグの『Free Culture』あたりを
通読して、著作権法がすでに制度疲労を起こしている
さまざまな問題点を把握した上で、本書を読めば、
ようやく岡田斗司夫氏のぶっ飛んだ構想の話に付いていける
という感じだと思います。

面白くて、さらっと読める本であることには違いないですが、
実は射程はかなり広い本なので、本当に理解するのは
現行の著作権法について、別途、かなりお勉強が必要だと思いました。
 
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hirohirohello VINE メンバー 投稿日 2012/4/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
オタキング岡田氏とデジタル著作権に日本一詳しい弁護士福井氏の対談形式による本です。
とにかく岡田氏の発想が素晴らしく著作権法の綻びを無理矢理創り出す勢いで、どんな無茶な発想にも起こり出す事無く真摯に答える福井氏の良い人ぶりが印象的でした。
恐らくまだまだ変化を繰り返す著作権の流れは勢いを緩めないと思われますが、この辺りで軽くチェックしとくかな、って方に向いていると思います。他の人のレビューにも有りますが、デジタル著作権の一端しか語られないので情報、知識を求めるには不向きです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
近所で一番安い店を探して買っていたつもりが、
いつの間にAmazonの方が安い、なんてことも多々な昨今。

「整理」は基本的にいいことだと思うけど、行き過ぎはなんか怖い。
なんか怖い理由は、超整理の先に何があるのか分からないから。
町の小売店が減っていく分、緑が増えていったらうれしいけれど、
でも整理するって、つまりは全体の仕事の数も減っていくということ。

この先、人口分の仕事なんて、本当にあるのだろうか。
ぜんぜん他人事ではないから、正直やっぱ、なんか怖い。

岡田氏は、現在AmazonやAppleなどのプラットフォーム企業が
力を持っているのは、まだネットワーク自体が中途半端な
状態だからであって、いずれはそうした企業でも
囲い込みがムリな時期がやって来ると予想されています。

サブタイトルに「著作権入門」とついているものの
著作権の話だけに留まっておらず、この人類史上稀に見る過渡期を
生き抜いていくヒントになるのではないかと思います。

でも、「作家にとってのライブはサイン会」はなんか違う気もしました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
著作権に詳しい福井健策弁護士に、評論家の岡田斗司夫さんが持論をぶつけていく対談です。岡田さんの「そんなバカな」といいたくなる提言が面白く、スルスルと読み通せました。脚注のスペースが広く、文字量は薄い新書と同等。だから高価といえば高価な本ですが、あくびの出る内容で積読になる本よりは安いと思います。

福井さんは守旧派というわけではないのですが、岡田さんの視点・アイデアがふつうでないので、相対的に保守的な論調に見える、というのが面白いところ。

福井さんのあとがきにある通り、岡田さんの主張は虚飾を剥げば「ネットにゴロゴロしている書生論」の域を出ず、裁判官がジャッジするディベートなら、議論を続ければ福井さんが勝つでしょう。私は「創作で血を流しているクリエイターやスタッフを説得するなら、実証が必要だ」という福井さんに同調するので、福井さん反論の手を緩め、岡田さんに気持ちよく喋ってもらおうと腐心する様子に、もやもや感がありました。しかし読了してみて、最後まで楽しく読み通し、少しリアルに考えてもらうくらいが最適なバランスなのかな、と。

本書は、著作権についてバランスよく理解できるような本でも、ネットで話題になりやすい部分を総覧し効率よくポイントを押えられる本でもありませんが、著作権をテーマにした「楽しい本」です。それが本書の価値だと
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック