Amazon Kindleでは、 なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,512
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
なんで&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/1


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 339


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門 + 評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている + あなたを天才にするスマートノート
合計価格: ¥ 4,752

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の弁護士とFree論者が大放談!著作権を知れば、デジタルとコンテンツの未来が見えてくる。

著者について

岡田斗司夫:評論家。1958年、大阪市生まれ。
アニメ会社ガイナックス設立後、東京大学やマサチューセッツ工科大学の講師を経て、大阪芸術大学客員教授。
2010年に社員が給料を払うユニークなオタキングexを設立。
著書に『オタク学入門』(新潮文庫)、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)、『遺言』(筑摩書房)など。
ツイッターアカウントは@ToshioOkada


福井健策:弁護士・ニューヨーク州弁護士。1991年、東京大学法学部卒業。
現在、骨董通り法律事務所For the Arts代表パートナー、日本大学芸術学部客員教授。
専門分野は芸術文化法、著作権法。
著書に『著作権とは何か――文化と創造のゆくえ』、『著作権の世紀――変わる「情報の独占制度」』(ともに集英社新書)、『ビジネスパーソンのための契約の教科書』(文春新書)など。
ツイッターアカウントは @fukuikensaku

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2011/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484112248
  • ISBN-13: 978-4484112244
  • 発売日: 2011/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (41件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 225,067位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 think_or_die VINE メンバー 投稿日 2011/12/19
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
もともと岡田斗司夫氏の構想は現行の著作権法を軽々と
飛び越えて、貨幣制度そのものの相対化にまで及んでいます。

なので、本書は著作権の体系的な勉強をするには全く
不向きであるという点で、星1つ減らしました。

まずローレンス・レッシグの『Free Culture』あたりを
通読して、著作権法がすでに制度疲労を起こしている
さまざまな問題点を把握した上で、本書を読めば、
ようやく岡田斗司夫氏のぶっ飛んだ構想の話に付いていける
という感じだと思います。

面白くて、さらっと読める本であることには違いないですが、
実は射程はかなり広い本なので、本当に理解するのは
現行の著作権法について、別途、かなりお勉強が必要だと思いました。
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナミエツオ VINE メンバー 投稿日 2012/3/8
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
近所で一番安い店を探して買っていたつもりが、
いつの間にAmazonの方が安い、なんてことも多々な昨今。

「整理」は基本的にいいことだと思うけど、行き過ぎはなんか怖い。
なんか怖い理由は、超整理の先に何があるのか分からないから。
町の小売店が減っていく分、緑が増えていったらうれしいけれど、
でも整理するって、つまりは全体の仕事の数も減っていくということ。

この先、人口分の仕事なんて、本当にあるのだろうか。
ぜんぜん他人事ではないから、正直やっぱ、なんか怖い。

岡田氏は、現在AmazonやAppleなどのプラットフォーム企業が
力を持っているのは、まだネットワーク自体が中途半端な
状態だからであって、いずれはそうした企業でも
囲い込みがムリな時期がやって来ると予想されています。

サブタイトルに「著作権入門」とついているものの
著作権の話だけに留まっておらず、この人類史上稀に見る過渡期を
生き抜いていくヒントになるのではないかと思います。

でも、「作家にとってのライブはサイン会」はなんか違う気もしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hirohirohello VINE メンバー 投稿日 2012/4/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
オタキング岡田氏とデジタル著作権に日本一詳しい弁護士福井氏の対談形式による本です。
とにかく岡田氏の発想が素晴らしく著作権法の綻びを無理矢理創り出す勢いで、どんな無茶な発想にも起こり出す事無く真摯に答える福井氏の良い人ぶりが印象的でした。
恐らくまだまだ変化を繰り返す著作権の流れは勢いを緩めないと思われますが、この辺りで軽くチェックしとくかな、って方に向いていると思います。他の人のレビューにも有りますが、デジタル著作権の一端しか語られないので情報、知識を求めるには不向きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2012/2/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
乱暴にいえば、モノ書きという職業が成り立たないというのは、日本で傘を作っても商売にならないというのと同じだ。デフレの時代といわれるが、自分が子どもの頃と比べて圧倒的に安くなったのが傘。コンビニ傘となるとワンコインで買える。なぜこんなに安いかというとメイドインチャイナだから。かの国の安い労働力をもって大量生産すれば使い捨てできるような値段になる。要するに、活字コンテンツも同じことで、タダでいくらでも書きますという人間が増えてくれば、使い捨てできる傘と同様、読み捨てできるようなコンテンツがあふれる。タダで傘をつくる人はいないだろうが、タダで文章を書いている人はいくらでもいる。供給が増えるから、お金をもらって書いている人の文章の価値も下がる。もちろん国産傘でも、何らかの特別な機能を備えた傘やや宮内庁御用達ブランドの傘は値崩れとは無縁で今後も一定の需要はあるだろうが、それ以外は安い傘に淘汰される。傘なんて雨を防げればいいのだから。文章にしても○○賞とるような小説や格調高い論文、構想3年執筆10年みたいな超大作への需要はなくならないだろうが、日常的にそういうものを読みたい人ばかりではない。

こうした状況において、「なんでコンテンツにカネを払うのさ?」という本書の問いかけはまことにタイムリーで的を射ている。この本には「デジタル時代のぼくらの著作権入門」というサブタイトルが
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック