Amazon Kindleでは、 なぜ、「これ」は健康にいいのか? をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
なぜ、&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

なぜ、「これ」は健康にいいのか? 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/21

107件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

なぜ、「これ」は健康にいいのか? + 自律神経を整える 「あきらめる」健康法 (角川oneテーマ21) + 自律神経を整える。ストレスに勝つ! (「これ」だけ聴けば副交感神経が3分でアップする! )
合計価格: ¥ 3,867
ポイントの合計:  118pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ゆっくり生きると、病気は逃げる。自律神経のコントロールが体の免疫力を最大限に引き出すことを、医学的に解き明かした画期的な書。

著者について

こばやし・ひろゆき 順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。
1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。その後、現職に至る。
20年以上に及ぶ、外科・移植外科、免疫、臓器、神経、水、スポーツ飲料の研究のなかで、交感神経と副交感神経のバランスの重要性を痛感し、自律神経研究の第一人者として、数多くのトップアスリートや芸能人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。テレビ朝日系「みんなの家庭の医学」をはじめ、多くの健康番組に出演。わかりやすい医学解説に定評がある。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2011/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763130390
  • ISBN-13: 978-4763130396
  • 発売日: 2011/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (107件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,978位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

42 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 F-plant 投稿日 2012/4/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
「病気になりやすい人となりにくい人がいる」
根拠はないが、漠然とそんな印象をもつ人が、周囲に一人や二人はいる気がします。

本書はそんな「問い」を抱き続けてきた医師による、仮説と検証の成果を表す一冊です。

著者が注目したのは「自律神経系」
自律神経が、「交感神経」と「副交感神経」に大別されることは、よく耳にします。

両者は交互に優位状態になり、心身に影響を及ぼすことも一般によく知られていることでしょう。
交感神経が優位だと「緊張」、副交感神経が優位だと「リラックス」といった具合です。

本書では特に、副交感神経の状態をコントロールすることを主眼として、種々の提案をしてくれます。

どんなに美容法や健康法に心血を注いでも、この自律神経のバランスが悪ければ効果は半減する。
著者曰く、副交感神経の働きを高めることこそが、最高の健康法だといいます。

その手法もいくつか紹介されていますが、
基本は「ゆっくり動く」ことと、「深い呼吸」に鍵があります。

興味深い点は、交感神経、副交感神経 共に高い状態が最も理想とされますが、
両方とも低い状態というのも、パフォーマンスは低いが、バランスはいい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
86 人中、71人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てっし 投稿日 2012/2/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
他の方が指摘しているように前半はかなり冗長です。
また、なんにでも自律神経に持っていくのもウンザリします。
医学的な根拠に対して引用が書いていないのも気になります。

それでも☆5つにしたのは本当に効いたからです。
4ヶ月くらい前からずっと悩まされていた症状の1つがピタリと止まりました。
病気そのものが即日完治した!というわけではありません。
それでも症状の1つが治まることで本当に助かりました。
電車の広告を見てとりあえず試して読んだのですが、その選択をして本当によかったと思います。
親も歳でだんだん衰えてきたのでとりあえず1冊プレゼントしてみるつもりです。
効能はたぶん人によって大きく変わると思いますがとりあえず試すことがすごく大事なんだと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
88 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Bon 投稿日 2011/6/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容は悪くないのですが、ダラダラした感じで、前半は、殆んど飛ばしながら読みました。
この内容なら、もっと簡潔にまとめても良いではないかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
111 人中、87人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かける 投稿日 2011/8/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
自律神経を整え、自律神経のリズムに乗って生活することで、
健康になりましょうという本。

記載されている様々な方法は、どれも簡単なもので、
効きそうな気がするので、試してみる価値はあると思う。
私も「昼食後眠くならない方法」を早速実践してみたが、
かなり効果があった。

ただ、石川遼から浅田真央まで何でもかんでも
「自律神経が〜」で片づけてしまうのは
「ほんまかいな?」と思わずにはいられないが、
これは言論の自由の範囲内ということで。

また、他の方も指摘しているが、
冗長というか、必要のない話が多いのも難点。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2015/3/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
小林氏の「自律神経を整える。ストレスに勝つ! 」を読んだが、自律神経の活性をどう測定しているのかわからなかったので、本書をあたってみた。

深呼吸、怒りの制御、便通の改善、などなど書かれている健康法自体は、珍しくはないが、違和感もない。
その説明原理として、自律神経のバランスが大事、という主張についても、まあ、そういう説明もあるかも、とは思う。
しかし、やっぱりどうやって結論を導いたのか、については分からない。
たとえば、自律神経のバランスは、交感神経と副交感神経が1対1がベスト、1対1.5までが許容範囲(p64)、とある。
が、いったい何が1対1なんだろう?顆粒球とリンパ球の比?加速度脈波?

アルコールは刺激性物質なので、交感神経を刺激する、なので心拍数はあがり、血管は収縮する、と本書にはある。
血管が収縮するのなら血圧もあがるはずだ。
だが、ぼくの場合、酒を飲むと心拍数は90→110まで上がるが、血圧は150→100まで下がる。
これが、よくわからない。本に書いてある様には、シンプルには身体が反応しない。

健康法としては、一般的で、とくに反対することはなにもないが、なにしろ根拠がわからない。
ということで、仕方がないので、さらに別の本をあたってみる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック