Amazon Kindleでは、 となりの怪物くん(7) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
となり&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

となりの怪物くん(7) (KC デザート) コミック – 2011/5/13

8件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

となりの怪物くん(7) (KC デザート) + となりの怪物くん(8) (KC デザート) + となりの怪物くん(9) (KC デザート)
合計価格: ¥ 1,359
ポイントの合計:  45pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容説明

となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も学校に来ない…。自分の成績と将来にしか興味がなかった水谷雫は、たまたまプリントを届けたため、その吉田春に勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って優しくすると今度は告白までされちゃって…!?

著者について

ろびこ
誕生日/10月8日。出身地/鹿児島県。血液型/A型。デビュー作/「デメキンイック。」(2005年ザ・デザート5月号)。代表作/「ボーイ×ミーツ×ガール」

登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063656500
  • ISBN-13: 978-4063656503
  • 発売日: 2011/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひぐま 投稿日 2011/5/13
形式: コミック
今巻の見所はなんといってもそれぞれの恋の決着でしょう。
夏目さんや大島さんの恋がどうなるのかぜひ見ていただきたいです。
そこには結果だけではなく2人の成長が垣間見えます。

そして遂にヤマケン君が自分の気持ちに(ようやく)気づき本格的に動きだすんですが、
その不器用なこと・・・まぁそれがヤマケン君の良い所なんですが。
後半から2年生に進級して次の舞台に進んで行き今後がとても楽しみです。

この作品の登場人物達はみんな良い人ばかりなのでみんなに幸せになって欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 がじがじ 投稿日 2015/7/7
形式: コミック
相変わらず変人で自由すぎるハル。
雫の事が好きっていうのは伝わるのですが、ハルの
行動が突拍子も無い動きをするのでハルって結構
不器用なんだなと思いましたが・・・。
同じくヤマケンも不器用な男の子なんだなと思いましたが
不器用な中で赤面するヤマケンは可愛かったです。
この巻では、特にこれと言って大きな進展はありませんでしたが
相変わらず面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポポ 投稿日 2011/6/28
形式: コミック
なんだかみんな不器用でなかなか進まなくて毎日を過ごしてる
感じがいいです。春くんの何だか訳のわからない所が少しずつ
変化してる所やしずくちゃんの主婦な所とか良いな〜と思いつつ
実はヤマケン君が一番可愛くて気になる存在です。
ササヤンとか大島さんみたいな普通の子達がいて
なかなかバランスのとれた良い学園物語ではないかと。思います。
もうずいぶん前に高校生を終えてしまったおばさんが楽しんで読んで
います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 読んでみ太 投稿日 2011/6/15
形式: コミック
最近の少女漫画は人間関係がうまくできないみたいなキャラクター多いですね。
時代でしょうか。

この漫画、3巻くらいまで読んだところで「どうどうめぐりだなぁ」って気分になっちゃって、もういいやと思ったのですが、暇に任せて結局7巻まで読みました。

7巻まで読んでみて思うのは、何巻に何があったのかあんまり思い出せない。
脇役にはいろいろな事件が起きているのですが、主人公の二人はぶっちゃけ「どうどうめぐり」ですから・・・2巻のあとに4巻を読もうが、そこから3巻を読もうが全然2人の関係性に違和感がないという・・・ランダム再生できるところはドラえもん状態です。

でも絵がきれいだし、ヤマケン君が面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック