Amazon Kindleでは、 ガガガ文庫 とある飛空士への追憶(イラスト完全版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
とある&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) 文庫 – 2008/2/20


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 83
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679
¥ 679 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 679 通常配送無料 詳細 8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫) + とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫) + とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)
合計価格: ¥ 2,016
ポイントの合計:  63pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?―圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094510524
  • ISBN-13: 978-4094510522
  • 発売日: 2008/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (124件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 111,084位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

123 人中、105人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2008/2/26
形式: 文庫
混血で疎外されていた飛空士が、その腕を買われて一国の命運の鍵を握る任務を受ける。
それは、敵包囲網をかいくぐりながら皇女を無事本国に連れ帰る、というものだった。

ストーリー展開はこの通りでほぼ一本道といっていいでしょう。身分違いの恋を育んでいく二人が主体となっていて、気持ちいいぐらいシンプルにまとまっています。

熱く感じたのが、全行程1万2千キロに及ぶフライト中に繰り広げられた空戦シーンです。多勢に無勢、性能でも劣る絶対的不利な状況でひたすら逃げ惑う主人公。撃墜寸前まで追いつめられること数度、まさしくシューティングゲームで味わったようなスリル感がここにあります。ラスト手前での一対一は読み応え充分で、オチが読めていてもハラハラドキドキでした。

また、お互いの身分ゆえになかなか正直に歩み寄れない二人をもどかしく思うのも一興でしょう。実直で不器用な主人公にはすんなり感情移入でき、葛藤する場面も上手く描かれてます。

このレーベルが創刊されて以来、一、二を争う作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
95 人中、78人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2008/11/11
形式: 文庫
オビは「物語の新次元がここにある!!!」とかアオってますが、これは虚偽広告でしょう。本作品は「古典的な」「王道の」「ノスタルジックな」『傑作』です。
「古典的な」というのはテーマがズバリそのまんま身分違いの恋、だからです。このジャンルがいかに古くて良い意味で「枯れている」かは今更説明不要だと思います。本作品は身分違いの恋という枯れたテーマの押さえるべき要素を完璧に押さえた話の展開になっています。
「王道の」というのは「恋と空戦の物語」という謳い文句の通り、恋愛要素とバトル要素を適切な配分でブレンドしてあるからです。
「ノスタルジックな」というのは、昔の話、だけども古代や神話の時代の如く離れすぎてもいな時代が舞台で、なおかつ現代日本からは失われたものを感じ取れる世界だからです。作品中の技術水準は基本的にレシプロ単葉機が戦場の空を支配する第二次世界大戦レベルで、敵国役は戦前戦中の日本(の光の部分)がモデルとなっています(地理は完全にファンタジー世界ですが)。作品中の2国家はいずれも「帝政」を敷いていることになっていますが、帝政というもの自体もノルタルジーの対象でしょう。
『傑作』だというのは、上記の要素はそれぞれいかにもベタなものであるにも関わらず、完璧なまでに洗練されたストーリー・プロット・言葉で表現されているため全く飽きさせないということです
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 岡本のん 投稿日 2015/3/6
形式: 文庫
本作の他に、本を読んで号泣し、泣き腫らした記憶がない。
いわゆる感動ものといえば映画やドラマの印象が強く、私自身、本で涙を流した経験がなかったが、本書は私の常識を軽々と打ち破った。
序盤から終盤にかけて、巧みな文章も相まって時折ふっと笑みをこぼしながら楽しんで読んでいたものだが、終盤での秀逸な心情描写には思わず感極まり、嗚咽をもらさずにはいられなかった。本音としては、この本にこれほどの大感動は期待していなかった。楽しく読了できればいいと思っていた。終盤までも変わらずそう思っていたのだが、見当違いにリアルで優秀な文章はそうはさせてくれなかった。ストーリーそのものは他のレビューにもある通り、取り立てて非凡なものではなく、驚愕の展開が待っているというわけでもない。しかし、とりわけ筆者の文章表現が並外れている。それは違うだろう、というような不自然な描写が一つとして存在せず、また、陳腐な表現にならないようにと人物の心象をリアルに描こうとする作者の思いが如実に文字に現れ、それゆえ人の感情、思惑、行動の全てに確かな説得力があり、共感して物語にのめり込むことができる。ことさら少年少女の恋葛藤は読む者の胸を強く打ち、想定外の痛切さを持って物語を編み上げ、完成させている。
よって本作はライトノベルという枠を超えて、一小説として非常に高いレベルに達しているとの評価は妥当といえるのではないか。
少なくとも私の記憶に深く刻まれる作品となったのは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
43 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chabo 投稿日 2011/8/27
形式: 単行本 Amazonで購入
ネタバレは避けたいので詳しく書きませんが、単行本は中が少し違います。
加筆されています。この加筆部分のために、私は単行本の方を強くおすすめします。

また単行本には本文中に1枚もイラストがありません。表紙も美しい物になっています。
この点も私には非常にポイントが高かったです。

ライトノベルと呼ばれる分野の表紙、また本文中に出てくるイラストに
気恥ずかしさを感じて手に取らないでいる人には是非これを手にとって下さい。
SFが好きな人、飛行機物が好きな人には少し?な部分も出てくるかもしれませんが
物語の美しさは秀逸だと思います。「夏への扉」とは異なる素晴らしい読後感がありました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック