Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書) [新書]

天野 礼子
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ダムがあるから大丈夫、のはずがウソだった。役立たずダムが誘発する“水害”を検証する!!アメリカの大ダムづくりを推進し、政・官・財癒着に安住したツケが被災地にまわった。

内容(「MARC」データベースより)

2004年、わが列島をいくつもの台風や集中豪雨が襲い、たくさんの貴い生命が川に奪われた。ダムを造らせてきた政治の図式、「洪水」を「水害」にしない知恵など、役立たずダムが誘発する「水害」を検証する!!

登録情報

  • 新書: 185ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/10/21)
  • ISBN-10: 4062723417
  • ISBN-13: 978-4062723411
  • 発売日: 2005/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,099,992位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By kaizen #1殿堂
形式:新書
話題の「八つ場」ダムも含まれている。
オランダは、もっとも手厳しく対立していた国民に助言を求めるという。
日本でも、技術系の公務員は、実は裏では、対立していた国民の中心にいることはよくしられたことです。
著者は、その事実を見逃しているのは残念です。

たとえば、長良川の河口堰の反対運動の中心は技術系の公務員だったことはよく知られている。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 証言と知恵 2007/12/31
形式:新書|Amazonで購入
水害を実体験された方々の証言で始まり,これまでの日本の治水のありかたの変遷を丁寧にたどっています.中程では,現地調査の報告や河川工学が専門の新潟大学工学部の大熊孝教授との対談や発言が取り上げられています.大熊教授の堤防破壊による水害被災地観察では,一般にはあまり知られていない所見が述べられていたりと,関係者にとっても貴重です.そうした現地観察や水害体験者の証言そして内外の河川行政の変遷などから,これからの治水,水防のありかたが提示されています.その一つは,水害防備林の復興です.高い堤防にも弱点があるので,それを軽減するために,古来からの手法をもっと復活させようというのです.また,減反で放棄された水田などを河畔にもってきて遊水池にしたりするアイデアも示されています.
このように,著者の意見だけでなく,多数の証言が集められており,客観的に記述しようとする意図には好感が持てますし,文章がとても読みやすいので,幅ひろい一般読者にお勧めです.
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック