通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
だから&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、書き込みなどのチェックは万全を心がけておりますが、万一検品ミスがございましたらご連絡下さい。アマゾン配送センターより安心、安全に365 日年中無休で発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だから死ぬのは怖くない 悔いなき最期を考える (週刊朝日MOOK) 単行本 – 2011/10/25


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2011/10/25
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 312


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

だから死ぬのは怖くない 悔いなき最期を考える (週刊朝日MOOK) + 死の体験―臨死現象の探究 + 愛する者の死とどう向き合うか―悲嘆の癒し (京都大学こころの未来研究センターこころの未来叢書)
合計価格: ¥ 5,473

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



登録情報

  • 単行本: 161ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2011/10/25)
  • ISBN-10: 4022745657
  • ISBN-13: 978-4022745651
  • 発売日: 2011/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.2 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 82,664位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

34 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 野田佳彦 投稿日 2011/10/31
付録で巻末についてある、「エンディングノート」は非常に有益です。
死ぬときに後悔しないために書き置くことがメモできるようになっております。
私もパートナーと一緒に、一つ一つ話し合ったりすることができました。

この本は、「死」というものを考えるにあたって、最初に読むべき基本的な入門書ともいえます。
「死」について考えるとき、是非、まずはこの本をおススメします。
その後、本書の中でも紹介されている、様々な専門書に当たると良いのではないでしょうか。

この本を手に取る人は、
'A.自分の死に直面している人
'B.家族など身近な人の死に直面している人
'C.現時点で「死」に直面しておらず、本屋で見かけたり、人から勧められて読もうとしている人なのではないでしょうか。

'AやBに該当する方々が読むのは必然のこととして、'Cの人にこそ、読んで感銘を受ける本なのではないでしょうか。
日常的生活の中で、「死ぬ」ということを、ごく自然に考えることができると思います。

また、これまで漠然と自分は病院で死ぬのであろうと思ってきましたが、
病院の中で「自分はどうやって死ぬのか」が具体的にイメージできるようになりました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Nexus-6 投稿日 2012/1/10
どうしても人間は見たくないものから目を背けようとしてしまうもの。
勇気を持って読んでみましたが、読んで本当に良かったと感じます。
ある日突然、余命3ヶ月と言われた時の気持ちや、
自分の命があと10日でなくなる時の体の状態などをリアルに想像させてくれます。
この本を読んでいなかったら、死ぬ間際になって
「ああ、あれしておけば良かった。。。」と悔やんでなくなるところでした。
終活は重要ですね。死への準備は必要です。
そして、死を意識したお陰で、今の人生も張り合いが出た気がします。
「よく生きる」ためには、死を意識することが大切なのですね。
多くの名言を掲載しているのも、この本の特徴ですが、
「あたし、明日はこないかもしれない。そう思って生きてるの。あんたもそうするといいよ。緊張して生きるようになるから」(白州正子)
「死は人生の終焉ではなく、人生の完成である」(マルティン・ルター)
なんて、本当に心に響きます。
また、故・立川談志さんへのインタビューなど、面白くて、また、考えさせる話が多いです。
読んで絶対損はしないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 jton 投稿日 2013/1/18
Amazonで購入
居ながらにゲットできましたが、思っていた内容(一人の著者によるもの)とは異なり大勢の記事で、よくカタログをみて購入すべきだったと反省してます。これはこれである程度よめましたがと自分になぐさめています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック