中古品
¥ 333
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品・美品】ご検討ありがとうございます。表紙中身ともにきれいな状態です。※不良・不着など安心保障 ☆防水梱包により迅速(即日・当日)に発送いたします。◆万一不良点御座いましたら誠実に対応致します。※なお配送日指定はできません。◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載 / 表札掲示なし・表札に受取人名が明記なし / 住所記載間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。郵便局留・私書箱への配送はできません。上記の配送不可の場合は商品本体価格のご返金を致します。(商品自体が安価であるため「再配達および配送料」の返金は致しかねます。アマゾン規約より)予めご了承頂きご注意をお願い致します。※あくまで中古品となりますが不良点御座いましたら誠実に対応致します。よろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

だから死ぬのは怖くない 悔いなき最期を考える (週刊朝日MOOK) 単行本 – 2011/10/25

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/10/25
"もう一度試してください。"
¥ 290

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • 単行本: 161ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2011/10/25)
  • ISBN-10: 4022745657
  • ISBN-13: 978-4022745651
  • 発売日: 2011/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.2 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 399,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

付録で巻末についてある、「エンディングノート」は非常に有益です。
死ぬときに後悔しないために書き置くことがメモできるようになっております。
私もパートナーと一緒に、一つ一つ話し合ったりすることができました。

この本は、「死」というものを考えるにあたって、最初に読むべき基本的な入門書ともいえます。
「死」について考えるとき、是非、まずはこの本をおススメします。
その後、本書の中でも紹介されている、様々な専門書に当たると良いのではないでしょうか。

この本を手に取る人は、
'A.自分の死に直面している人
'B.家族など身近な人の死に直面している人
'C.現時点で「死」に直面しておらず、本屋で見かけたり、人から勧められて読もうとしている人なのではないでしょうか。

'AやBに該当する方々が読むのは必然のこととして、'Cの人にこそ、読んで感銘を受ける本なのではないでしょうか。
日常的生活の中で、「死ぬ」ということを、ごく自然に考えることができると思います。

また、これまで漠然と自分は病院で死ぬのであろうと思ってきましたが、
病院の中で「自分はどうやって死ぬのか」が具体的にイメージできるようになりました。
...続きを読む ›
コメント 35人中34人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
どうしても人間は見たくないものから目を背けようとしてしまうもの。
勇気を持って読んでみましたが、読んで本当に良かったと感じます。
ある日突然、余命3ヶ月と言われた時の気持ちや、
自分の命があと10日でなくなる時の体の状態などをリアルに想像させてくれます。
この本を読んでいなかったら、死ぬ間際になって
「ああ、あれしておけば良かった。。。」と悔やんでなくなるところでした。
終活は重要ですね。死への準備は必要です。
そして、死を意識したお陰で、今の人生も張り合いが出た気がします。
「よく生きる」ためには、死を意識することが大切なのですね。
多くの名言を掲載しているのも、この本の特徴ですが、
「あたし、明日はこないかもしれない。そう思って生きてるの。あんたもそうするといいよ。緊張して生きるようになるから」(白州正子)
「死は人生の終焉ではなく、人生の完成である」(マルティン・ルター)
なんて、本当に心に響きます。
また、故・立川談志さんへのインタビューなど、面白くて、また、考えさせる話が多いです。
読んで絶対損はしないと思います。
コメント 21人中19人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
Amazonで購入
居ながらにゲットできましたが、思っていた内容(一人の著者によるもの)とは異なり大勢の記事で、よくカタログをみて購入すべきだったと反省してます。これはこれである程度よめましたがと自分になぐさめています。
コメント 4人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

関連商品を探す


フィードバック