Amazon Kindleでは、 それでも町は廻っている(8) (ヤングキングコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 576
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
それで&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス) コミック – 2010/11/30

23件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス) + それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス) + それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)
合計価格: ¥ 1,728
ポイントの合計:  57pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


Amazonで直接、商品を販売
出版社様が商品を委託し、常備することができる 「e託販売サービス」。売り逃し防止に、ぜひご活用ください。

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2010/11/30)
  • ISBN-10: 4785935197
  • ISBN-13: 978-4785935191
  • 発売日: 2010/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

27 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クオン 投稿日 2010/11/30
形式: コミック
上手い上手いとは言われてきたが、8巻は更に上手かった。

今回は全体的に歩鳥メインで、タッツンや紺先輩分は少なめ。まあ次巻以降にそれは期待するとして、個人的にはその紺先輩が主役の64話、続く商店街自体が主役とも言える65話が今回一番印象に残った。

詳しい話はネタバレになるので避けるが、64話最終ページの親子の顔とそれに続く紺先輩の台詞、65話中盤の親父三人組の会話には是非注目して欲しいと思う。

日常の裏側は、なかなかに切なく、危ういのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 永遠の18歳 投稿日 2010/12/20
形式: コミック
今回はいつもと一味違いました。
なんか寂しげだなぁ、作風変わったのかなぁ、と読み進めていたら、作者さん曰く
「歩鳥でもどうにもできないことがある」というのがテーマだったようです。
ああなるほどと納得してしまいました。
なぜなら私も読みながら「歩鳥ならなんとかしてくれるだろう」と心のどこかで思っていたから。
でも違いました。町は歩鳥で廻ってるんでなく、町は町で廻っている。
歩鳥はそれを構成する大事な要員だけれど、逆らえないものもある。例えば、「時」とか…。

そんなことをしみじみと実感してしまう巻でした。
そしてしみじみと実感しました、石黒正数先生は漫画が巧いと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 平方直樹 投稿日 2011/2/21
形式: コミック
あとがきで著者が述べているように、第8巻は歩鳥でもどうにもならない事を
描いた話が収められており、第7巻第55話(時は待ってくれない)での
「商店街もみんな今の感じが続くといいなっ…っていうか…誰にも嫌な事が
起こらず誰ひとり欠けてほしくなくて…」という歩鳥の願いとは裏腹に、
商店街のラーメン屋が店じまいしてしまう第65話(さよなら麺類)は、
自分の意思とは関係なく、自分の周囲が少しずつ変わっていく様を端的に
描いたお話(実はラーメン屋以外にも、シーサイドにもちょっとした変化が
あるようですが、それが何かは探してみてください)。
時が過ぎて、自身の置かれている立場が変わったり、人それぞれが意思を持ち、
自身の目的に沿って生きている限り、誰がどんなに変わらないことを望んでも、
それは無理な相談である事を再認識させてくれる。
個人的な事を言えば、10年前と今の小生を中心とした相関図は全く異なっているし、
20年以上前に通った通学路の里芋畑は今は一戸建てやマンションが並ぶ住宅地だ。

他の話においても、第61話(大怪獣 尾谷高に現わる)は、3年生になった歩鳥が
映画研究会の新入部員勧誘用ショートフィルムの撮影を手伝ったことがきっかけと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高見さん トップ1000レビュアー 投稿日 2010/12/4
形式: コミック Amazonで購入
一巻のころから読んでます。
個人的な印象としては、一巻目よりもさらに洗練され
見事な構成、見事な落としどころ、魅力あるキャラクターといった具合に、
日々進化し続けている作家さんの漫画だと思いました。

この漫画を読みたいがために、ヤングキングアワーズを購読してます。
アニメ化されるのも分かるし、ヤンキンアワーズを支えるひとつの柱となっている漫画だと思います。
本当に面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 neet0tech 投稿日 2010/11/30
形式: コミック
今巻も相変わらず面白いです。
ただ面白いだけでなくちょっと切なくなるような人情の話とかもあり、
やっぱりその辺もすばらしいなぁと思います。

今回はメインキャラでない人たちにスポットが当たってる感じで、あんまり出てこない人たちもいますがww。

一番お気に入りの話(シーン)はタイトル通り。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いなかもの 投稿日 2010/12/1
形式: コミック
待ちに待った、『それ町』の第8巻です。
基本的に、この作品の時系列はバラバラなのですが、この巻で歩鳥はしっかりと成長しているんだと感じました。
夢の中での謎解き、映研の手伝いの際の推理など、徐々にその才能を伸ばし始めていますね。
第61話では、歩鳥たちは3年生に進級したんですね・・紺先輩がもう高校にいないと思うと少し寂しくなりました。
また、第65話は商店街を舞台にしたこの作品の真骨頂だと思います。作者が「コミュニケーションの教科書」と、第1巻で述べていましたが、実現していますよ。
石黒先生は脇役、下手したらモブで終わってしまうキャラにまでしっかりと性格を与えていて、この作品に奥深さを与えていると思いました。個人的には、おっさんズが出る回を楽しみにしています。
第8巻も一読の価値アリです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック