Amazon Kindleでは、 それでも町は廻っている(7) (ヤングキングコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで それでも町は廻っている(7) (ヤングキングコミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス) [コミック]

石黒 正数
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 576 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 500  
コミック ¥ 576  

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス) + それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス) + それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
合計価格: ¥ 1,728

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック: 170ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2010/4/30)
  • ISBN-10: 4785933763
  • ISBN-13: 978-4785933760
  • 発売日: 2010/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
44 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 愛すべき登場人物達 2010/4/30
By 銀腕 VINE メンバー
形式:コミック
マンネリなんかどこ吹く風の相変わらずの面白さ。

相変わらず話の大きな動きがあるわけでも無いのに、とても面白い。
そして今さらながら気づいたのは登場人物の数が結構多いのに、1冊通して読むと皆存在感があると言うこと。

主要人物である歩鳥、たっつん、紺先輩、針原さんに真田君は言わずもがな
歩鳥の兄弟、商店街の面々やシーサイドのババアに骨董店の店主まで
一人ひとりの性格がよく分かり、非常にキャラが立っている。
だからこそ生まれるキャラクター同士の掛け合いや、得も言われぬ空気感が非常に心地いい。

また日常系漫画と言われつつも、たまに挿入される非日常的なエピソードが印象に残り
アクセントとして飽きのこない展開になっている。

とかなんとか言いつつも、今巻のお気に入りシーンは歩鳥が相撲を取る所だったり
紺先輩の人見知りでシャイな言動だったりするわけで。
結局肩肘張らずに気楽に読み、世界観に浸りながらにやりとするのが楽しいのです。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 2 stories in 1 episode!! 2011/2/15
形式:コミック
第51話(ホワイトデビル)における、RPGに例えた野球のルール説明が秀逸。
野球のルールは一度覚えてしまえば何て事無いのだが、全く興味の無い人にとっては、
『白い悪魔』が『聖剣』によって飛ばされている間に『砦』に行くのは分かったけれど、
何故ノーバウンドでキャッチされたらダメなのか?『砦』を廻る方向が反時計廻りなのは
何故なのか?ということに疑問を抱く気持ちは分からなくもない。
小生は幸い、子供の頃、某プロ野球球団の本拠地近くに住んでいたため、
スタジアムに行くたびに、ふと気が付けばルールを把握していたが、
逆にルールを全く知らない麻雀に関しては、歩鳥と同じ状況に置かれていた訳ですから。
グワッグワッ!!
関西人ではない森秋先生が、何故タイガースファンで、興奮するとエセ関西弁を
使うのか(関西人以外が関西弁を使うのは「本物の関西人」が忌避することである)という
謎の解明については今後に期待。

第55話(時は待ってくれない)は、表面上は調理実習の話だが、人知れず重大な決断を
迫られ、悩む紺双葉と、意図せずに誰ひとり欠けて欲しくないと願っていると語る歩鳥。
話が大きく進展している訳ではないが、紺双葉がどんな選択をするのかが気になるところ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 嵌まってます! 2013/6/8
形式:コミック|Amazonで購入
友達に6巻を借りてはまりました!
絶賛布教活動中www

嫁、嫁の妹、小生の母に絶賛人気で購入した漫画の取り合いになっています。

最初は「メイド(表紙絵)+探偵」ってので小生が冷たい視線に晒されていましたが
無理やり嫁に読ませましたら、見事嵌まってくれました!!
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 おもしろい 2010/12/2
形式:コミック
今回もなかなか面白かった。
森秋先生の野球好きには笑えました。
他のも相変わらずギャグ満載でよかったです。
このレビューは参考になりましたか?
30 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:コミック
 各話に散りばめられている、日常的風景。それらが集まって、それ町が構成されているのだなと、この7巻を読んで改めて思いました。
 この日本の何処かで繰り広げられているかもしれない、いや繰り広げられていないかもしれない、そんな微妙なバランスを保った日常に、いつもの様に顔を綻ばせて楽しませて頂きました。
 なんて事も思いつつも、歩鳥と紺先輩のラブラブ(?)っぷりなやり取りや、浴衣姿には布団の上を転がせて頂きました。
 
 そして!アニメ化決定という事で、ファンとしては嬉しさ半分不安半分ですが、これを機にこの作品の存在を知る方もいると思います。是非一巻から読んでもらいたいです。気がつけば、それ町の虜になっている筈です。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By
形式:コミック
7巻を読んだ方はもうお気付きだと思いますが7巻はキャラ攻めです。
7巻第一話からの野球風景を見せずにキャラの会話で物語が進行してゆく展開は
今までのキャラ作りが昇華されたようで見ていてとても心地よかったです。
逆に言うと今までのハッキリとした物語展開は徐々に薄まって行っております。
しかしそれがすんなりと受け入れられるのは今までの作者のキャラ作りへの
努力の結果だと思われます。
あの世界が作者の中そして読者の中で生き物になっているのはもう言うまでもありません。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 残酷過ぎる真実
 真田……、紺先輩と歩鳥... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: ブラック珈琲
5つ星のうち 2.0 ターニングポイント
6巻以前と比べると、ギャグよりも物語性やキャラクターの心理描写について重きが置かれているように見えました。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/10 投稿者: Anri
5つ星のうち 4.0 新展開は無し
遂に前巻の6巻で50話に到達した

51話〜58話までを収録した本巻
この巻は、特に新キャラの登場等の新展開は無かった... 続きを読む
投稿日: 2011/1/6 投稿者: モトカ
5つ星のうち 5.0 日常を「おもしろく」。 生き生きとしたキャラクターたち
「それ町」は設定面での突出したハデさはありません。(メイド喫茶もどきで働いているのも、実はそんなに重要ではないし)

毎巻、読み終えるたびに... 続きを読む
投稿日: 2010/9/1 投稿者: xvpo
5つ星のうち 3.0 非常におもしろいギャグ漫画ですが・・・
 内容は非常におもしろいのですが、絵が劣化していると感じました。歩鳥は1巻のころのほうがかわいかったと思います。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/8 投稿者: ボアソナード
5つ星のうち 5.0 針原さんに春到来?
アニメ化も決定した記念すべき第7巻。
これから到来する夏にピッタリの、清涼感あふれる水色の表紙が心地よいです。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/4 投稿者: りんたろう
5つ星のうち 5.0 間違いなく面白い
褒め言葉として、相も変わらず、面白すぎる。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/3 投稿者: こおろぎ
5つ星のうち 5.0 歩鳥、永遠に
6巻がとても良かったので、今回はどうかなと思いましたが、期待を裏切りませんでした。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/2 投稿者: おろろん
5つ星のうち 4.0 相変わらず面白い、が・・
7巻も出ているのに変わらず面白いと思えるのはすごい。
少なくとも買って損なし。安心して楽しめる。... 続きを読む
投稿日: 2010/5/1 投稿者: Amazon Customer
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
アニメ化決定! 0 2010/04/28
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック