通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
それでも町は廻っている 5 (ヤングキングコミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

それでも町は廻っている 5 (ヤングキングコミックス) コミック – 2008/12/26

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • それでも町は廻っている 5 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • それでも町は廻っている 4 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 205ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2008/12/26)
  • ISBN-10: 4785930861
  • ISBN-13: 978-4785930868
  • 発売日: 2008/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぎょにー VINE メンバー 投稿日 2008/12/27
形式: コミック
通称″それ町″待望の第五巻。今回、完成度が高いなぁとしみじみ思いました。
巻を重ねるごとにレベルアップしてる感があります。

今巻はミステリー的なイメージを受ける話が多くあります。さすがは探偵脳を持つ作者さま。
キャラ立ちしてきたおかげか掛け合いが絶妙で読んでて飽きません。歩鳥一家と紺先輩がメインの話が主で、タッツンや真田があまり出てこなかったのは残念な気も。しかし歩鳥の魅力がにじみ出てきている1冊でかなり楽しめました。

この作品のどこがお勧め?と聞かれると答えにくい。でもお勧めの漫画は?と聞かれると″それ町″と答えるのは容易なんです。そんな漫画です。
コメント 44人中40人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
ほぼ全編それなりにミステリーです。
ただし人は死にませんし、なぞが解決されてもどうってことはないんですが、
開始数ページで伏線を張り、一話が終わった頃にはすべてスッキリ解決されているという
ミステリとしてもかなりよくできたオムニバス漫画になっています。
特にこの巻の話は必見です。この漫画史上、もっともよくできている巻だと思います。
絵柄はあいかわらず特徴的ながらも、かわいく、そして時には緻密に描かれています

キャラクターの持ち味をこれ以上ないほど魅力的に描いた勢いのある漫画だと思います。
次の巻も、連載されているヤングキングアワーズの発刊も楽しみです
コメント 17人中15人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
この5巻は間違いなく過去最高傑作の出来デス。

・・・にしても歩鳥とその仲間たちとの会話の質の高さは
なんなんだろーか。どんどん良くなってきてないか?

そしてたまにみせてくれる、
俯瞰で物事を静かに捉えている時の歩鳥の思考回路は、
私をなんともいえない気分にさせてくれる。
コメント 35人中28人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ヤキソバ 殿堂入りレビュアー 投稿日 2008/12/28
形式: コミック
本第五巻は、非常にミステリーに傾倒していて、一冊全部が謎謎謎の連続です。
しかも、その謎には、間接的または直接的に答えが提示されるのですが、それぞれ、意外性が強くて、面白いです。

そのため、物語が、緻密にプロットされ、練り上げられています。
随所でギャグが炸裂しますが、ある時はファンタジックで、ある時は現実的、ある時は非現実的です。
この内容に、視覚的イメージが伴わなければ、作品としては成立しにくく、小説よりも、漫画向きだと言えます。

漫画という表現手段の特質が、最大限に生かされた、優れた作品だと言えます。
それにしても、主人公歩鳥もミステリーファンで、探偵志望ですが、おそらく著者御自身も、相当お好きなんですね!

ミステリーが!!
コメント 16人中12人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
発売を楽しみにしてました。

そしてこれが・・・・期待にたがわぬ面白さ!
映画でも小説でも漫画でも期待しすぎるとその期待感に押しつぶされて消化不良
だったりするもの、それを差し引くとこの作品の凄さが分かります。

とはいえ、なにか劇中に特別なイベントや事件があるわけではありません。
先輩が家に泊まりに来たり弟が壁新聞作ったりといったどこにでもある風景。
なのにキャラクターたちの絡みを見てるだけで「ふふふ」と微笑ましくも
笑ってしまう不思議さ。

切れ味鋭いギャグというよりはバターナイフかなんかでもっさりとなんか
塗られてる感触が心地よい、一級品のコメディだ。
コメント 7人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
表向きは、嵐山歩鳥の日常生活を描いたギャグマンガだが、日常生活の範囲内という制約を守りつつ、
緻密に計算されたミステリー&(藤子・F・不二雄チックな)SFを見事に共存させており、
伏線やメタファーが沢山埋められているにもかかわらず、それをしっかり無駄にせず回収している
ところがこの作品の凄いところ。その細かさには思わず脱帽してしまう。その考え方は、
第39話(夢現小説)での亀井堂静の「歩鳥は毎日楽しいか?(中略)それを言葉にしていくのが小説なんだよ。
突飛な事書こうとしてもだめなんだよ。」という発言に凝縮されている。

第36話(卒業式)は、歩鳥が数年ぶりに卒業した小学校を再訪したことにより、卒業とは物理的、
心理的両方の意味において、自分自身の世界が広がる一つのきっかけであることを認識するお話。
小学生の頃は、自宅・町内・学校が自分の世界のすべてだったのが、中学、高校、大学、社会人と
ステップを踏むたびに、自分の行動範囲が海外にまで広がったり、自分自身で何かを決めることが
出来る範囲が広がっていくさまを、嬉しさ半分、不安半分に感じていたことを思い出しました
(言うまでも無く、尾崎豊は『卒業』で、自身の世界が限定的である状況を「支配」と定義していますね。)。
...続きを読む ›
コメント 3人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック