Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫) [新書]

那須 正幹 , 前川 かずお
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト児童文学100
Amazon.co.jp13年にわたる書籍の販売で蓄積した各種データを元に選出した、 「オールタイムベスト児童文学100」 を発表。全国7か所にて展示・貸し出しも。対象年齢別「オールタイムベスト児童文学セット」は、10%ポイント還元。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫) + あやうしズッコケ探険隊 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫) + ぼくらはズッコケ探偵団 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

花山第二小学校六年のズッコケ三人組は、きょうも男たる証明と栄光を求めて、青空の下にかけだしていきました。

登録情報

  • 新書: 202ページ
  • 出版社: ポプラ社 (1983/12)
  • ISBN-10: 4591010139
  • ISBN-13: 978-4591010136
  • 発売日: 1983/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 14,202位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
23 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
有名なシリーズですが、「ズッコケ」というタイトルと、表紙の絵がちょっと古くさい(失礼)ことから、あまり興味がなかった作品でした。でも内容は意外と現代の子供達にも共通するものがあるようです。

本を読むのが嫌いだった小学四年生の我が子が「面白い」を連呼し、「一日で読み切るのはもったいないから」と読書スピードをセーブまでした一冊でした。内容は30ページ程度の短編5作からなっており、これも読みやすさの一因のようです。

「本当は三国志を読ませたい」「隣の○○ちゃんはハリーポッターみたいな分厚い本を月に何冊も読んでる」「国語の点数がいつも悪い」そう思って、子供に半ば無理矢理読ませそうになるのが親心。でも子供が本嫌いになっちゃ元も子もありません。まずは子供が「これなら読みたい」「これなら読めそう」って本でなくちゃ。

1ページの文字量・文字間隔も適度で、ふり仮名もふってあり、挿絵もチョコチョコ入っており、本が苦手な子がまず感じる「文字文字文字文字!プレッシャー」が非常に少なく読みやすい。ストーリーも子供の頃、誰もが思ったであろう、感じたであろう、憧れたであろう共感できる部分がたくさんあります。「冒険」的な要素が多く、日本版の「トムソーヤ」といえるかも。特に男の子には面白い作品。良作です。

この本を買い与えた後、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ズッコケシリーズの一番最初 2010/10/10
 シリーズ一作目。シリーズでは唯一の短編集です。原点ですね。最初ということもあり、
登場人物の説明が多いです。でも、楽しく読ませていただきました。
 個人的にですが、五話目の「ゆめのゴールデンクイズ」が好きです。短編ながら、
ひとひねりあって、くすっと笑えます。
 長編が好きな方には、満足できないかもしれないので、
気をつけて下さい。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 それいけズッコケ三人組 2002/2/21
By カスタマー
 ズッコケ三人組シリーズの第一弾です。彼らの今後の活躍を感じさせるものだと思います。元気がよいハチベエ、メガネをかけた知的なハカセ、太っていて体は大きいのに気の弱いモーちゃん。性格も姿もバラバラの三人がなぜか仲良く、色々な事件や出来事に巻き込まれて解決していく物語です。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック