Amazon Kindleでは、 すずみんは肉食系火竜 1 (ファミ通文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 648
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すずみんは肉食系火竜 (ファミ通文庫) 文庫 – 2013/5/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

すずみんは肉食系火竜 (ファミ通文庫) + すずみんは肉食系火竜(2) (ファミ通文庫) + すずみんは肉食系火竜(3) (ファミ通文庫)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

かつて竜と人が交わった。希に竜の力を持つ人が生まれる。穂村すずみもその一人だ。超レアな“火竜”として覚醒した彼女は登龍門高校へ転校してきた。そして俺、白石鋼平は彼女の肉で壁になった。何かにつけファイアブレス&「こうちゃんおいしそ~」と俺ばかりが狙われるからだ!立派な竜になるよう教育するも、妙な組織が彼女の力を狙っているらしく…て、俺の幼馴染みに変な手をださないでくれませんかね!?最強火竜を守る学園ファンタジー開幕。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西野/吾郎
静岡県出身。第13回えんため大賞特別賞にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2013/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047289167
  • ISBN-13: 978-4047289161
  • 発売日: 2013/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 497,075位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤボ夫 トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/30
形式: 文庫
怒涛のギャグで走り切ったデビュー作「SUSHI-BU! 1貫目 (ファミ通文庫)」から一年以上経って西野吾郎が帰ってきました!
前作のヒロインが猪突猛進系だったのに対し、今度のヒロインは基本おっとり系(少々あほの子気味)の幼馴染
でもうっかりクシャミでもしようものなら主人公が火だるまになるちょっぴり危険な女の子

学園内で江戸前寿司を握ろうとひたすらドタバタギャグを繰り広げた前作とはかなり路線が変わってます。舞台は竜と人が数千年前から交配し
人口の1%ぐらいの割合で先天的な異能を持った「竜」と呼ばれる異能者が生まれてくるパラレルワールドっぽい日本

「竜」の素質を持つ少年少女がその能力の使い方、制御の仕方を教わるある種のエリート養成校「登竜門高校」に能力がギリギリ達したため
転入せざるを得なくなった主人公・白石鋼平とその
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Zumi 投稿日 2013/6/15
形式: 文庫
優秀賞受賞の作家さんの新作とのことで購入してみました。
内容については他の方が丁寧に書いて下さっているので詳細は省略しますが、
前作の寿司部と比べると設定から始まりストーリーがきちんとあり、
前半は異能系学園コメディ、後半は異能バトル系ラノベのような流れで進んでいきます。
ただ異能系とはいうもののそれぞれが所有する属性を竜の種類に置き換え、
その上で強さのランク付けがちょっとあったりするくらいで小難しい設定はなく、
バトル系とはいうものの全体としてコメディタッチであまりシリアスな雰囲気もないので、
気軽に読めるラノベらしい作品だと思います。
キャラクターもヒロインのすずみ始め可愛らしく、蓮華こそ既定路線とばかりに気がついたら主人公に好意を持っていたりするものの、
基本的に心理描写に妙な部分や異様すぎる主人公補正、それにパロ要素もほとんどないので、
最近は異能バトルとほぼセットの俺tueeeeやハーレム、また押しつけがましいパロに辟易してる方にもおすすめできます。

ただ気軽な分、詰めが甘いのでは、と思ってしまう部分もありました。
ここからは少しネタバレになりますが、
まず設定が、上では小難しくないと書きましたが、見方を変えると結構陳腐でもありま
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック