この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ざ・ちぇんじ!〈前編〉―新釈とりかえばや物語 (1983年) (集英社文庫―コバルトシリーズ) 文庫 – 古書, 1983/1

5つ星のうち 5 2件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 古書
"もう一度試してください。"
¥ 145


キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 239ページ
  • 出版社: 集英社 (1983/01)
  • ASIN: B000J7GC06
  • 発売日: 1983/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 12.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 929,710位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「とりかえばや物語」をベースにしたパロディということですが、設定以外ほとんど勝手に変えた、
と下巻のあとがきには書かれていました。
権大納言家には、二人の正妻と二人の子供たちがいました。
溌剌として、みんな(父と古参の女房以外)から若君だと思われている姫と、女として育てられてしまった
若君が巻き起こす事件に、屋敷には今日も「大変どすえ!」と古参の女房の声が響き渡ります。

上巻は主に元服して宮中に出仕することになった、姉の綺羅を中心に物語が進んでいきます。
下巻ではついに男の綺羅姫も尚侍として出仕することになります。
尚侍が宮中に入ってからは、内裏の図と照らし合わせて読むと、状況がよくわかり楽しいです。
大人になって読んでも面白い本。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
以前持っていたのですが後編だけ無くしてしまい、古本屋でずっと探していました。
届いた後、前編と一緒に読み返したのですが、昔読んだときと変わらず面白いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック