Amazon Kindleでは、 さまよう神姫の剣使徒 富士見ファンタジア文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
さまよ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

さまよう神姫の剣使徒 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2013/5/18


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

さまよう神姫の剣使徒 (富士見ファンタジア文庫) + さまよう神姫の剣使徒 2 (富士見ファンタジア文庫)
合計価格: ¥ 1,339

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一つの都市と一つの迷宮を残し、虚無に喰われ果てた世界。戦いの先の栄光、冒険の果ての一攫千金、あるいは死。人々の糧と欲望、そして運命と奇跡―あらゆるものが眠る大迷宮“大いなる門”で、探索士・ユウキは一人の少女を拾う。「ここがソリトゥス、我が街か!神姫の帰還をたたえよ!」街を守護する女神―神姫であると自称する拾われた少女・ティナは失った力を取り戻すため、ユウキに協力を求める。「対価は持っていない。だから、私自身を買ってくれ!」運命から目を背けた探索士と、奇跡の力を取り戻すため奮闘する女神が織りなす“世界を護る”剣戟の迷宮ファンタジー。

登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2013/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829138912
  • ISBN-13: 978-4829138915
  • 発売日: 2013/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 290,570位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 山田山田男 投稿日 2013/8/1
形式: 文庫 Amazonで購入
前作でハマってしまったすえばし先生の3作目という事で買ってみました。

内容としてはダンジョンを探索する冒険者のお話。
そして探索中に一人の少女を助け…という所からお話はスタートです。

いや結論から言いますと、相変わらず複線回収が旨い事。
最後の怒涛の複線回収ラッシュは「こう来るか!」と呟いてしまいました。

とても面白いです。
表紙に騙されたと思って一度手に取ってみては。

しかしこのタイトルと表紙のデザイン…
主人公がこの表紙の女の子にひたすらモテモテのラブコメにしか見えないですね。
(ゼロ魔的なの)
編集のせいだと思いますが、ちょろっと話に重みがあるこの作品には向いてない気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 こってり餅 投稿日 2013/5/21
形式: 文庫
〜物語の概要〜
この世界は大喰らいと呼ばれる黒い霧によって人類は一つの都市と一つの迷宮しか
残っていませんが,この都市には5人の神姫と呼ばれる神の使い的な方達が奇跡の術
と呼ばれる結界を張り大喰らいの進行を防いでいる状況です.

この奇跡の術を使うには何も無料って訳にもいかず迷宮内にある神遺物が必要で,
この神遺物を取ってくる人達を探索士と呼ばれ,主人公であるユウキも探索士&
商人を生業にしていました.

いつもの様に迷宮内を探索していると一人の少女が生き倒れていて(まぁ腹が減ってるだけ)
しょうがないので連れて帰ってあんな事や,こんな事をするお話です.

良いところは色々ありましたが,キャラクターが敵味方問わず立ってるなぁ〜と思います.
注:師匠は除く!!あの人は空気です.

王道的な内容なので物語の本筋は何となく読めてしまいますが,それでも随所にある伏線
も満足いくものでしたし,次巻も買わせる気マンマンな「ほほぅ」と匂わせる展開も……

さくさくっと読めて読破後の充足感もあり,次巻出るのが楽しみです.(出るよね?)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 セリゾフ 投稿日 2013/6/7
形式: 文庫 Amazonで購入
普通にファンタジーですね。
広くも狭い箱庭の世界で、剣と魔法を駆使してただ一つの迷宮に臨む世界観。
読みやすく続きも気になる奥深さを感じました。

召喚される人はいますが、異世界召喚の俺ツエー物ではないかな。
まだ明かされていない部分が多くて断言はできないですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック