Amazon Kindleでは、 ガガガ文庫 ささみさん@がんばらない(イラスト完全版) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ささみ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ささみさん@がんばらない (ガガガ文庫) 文庫 – 2009/12/18

25件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ささみさん@がんばらない (ガガガ文庫) + ささみさん@がんばらない 2 (ガガガ文庫) + ささみさん@がんばらない 3 (ガガガ文庫)
合計価格: ¥ 1,891
ポイントの合計:  50pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ささみさんは引きこもり。着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。生活の面倒を見るのは、ささみさんの大嫌いな奴隷体質のお兄ちゃん。ささみさんの日課は、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗くこと。外の世界では、美少女三姉妹とお兄ちゃんがキャッキャウフフでラブコメ中って…間違ってる絶対、この世界は何かがおかしい。そして、ささみさんを襲う『バレンタインデーの惨劇』『特殊イベント/全・裸・集・会!』『ミニゲーム/いけない保健室…☆』!?もう疲れたよ。お兄ちゃん…。

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/12/18)
  • ISBN-10: 4094511768
  • ISBN-13: 978-4094511765
  • 発売日: 2009/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 288,261位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 くまくま 投稿日 2009/12/31
形式: 文庫
 小説において三人称の描写を"神の視点"と表現することもあるけれど、まさにそれを意識した作品に思える。月読神臣という兄を中心に物語は進むのだけれど、兄を監視している妹の月読鎖々美の視点で描写される。日本神話を下敷きにした、ラブコメの雰囲気を持つ作品なのだけれど、後半に進むに従って、内容的にも人物的にも中心がシフトしていく。
 "お約束"を楽しむという意味では、どこから読み始めてもどこで止めても違和感がない。逆に言うと強いストーリー性はない。あまり深いことを考えず気軽に楽しむ作品だと思うが、"お約束"に興味がない人には全く意味のない作品かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 冷や汗ギロロ VINE メンバー 投稿日 2013/1/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
話はとても面白いけれど、このKindle版は(イラスト完全版)と有る割には、イラストの解像度が小さすぎです。
底本で「見開き」になっていると思われる「イラストページ+解説文」の2ページ分が、Kindleの縦画面の1ページになっているので、イラスト部分は大きめの「切手」といい勝負の面積。
 拡大表示は可能ですが、どっとガタガタ
 イラストの一部扱いの「人物紹介」の文字も、ルビは読めません。
 おなじく画像扱いの目次も「薄墨」なのでほぼ読めない。
 中の白黒イラストも一般の「コミック」なら画面いっぱいに表示されるところ、文章のページと同じように「余白」がとられるので、小さめ。

 第二巻には「見開きカラーイラスト」にストーリーが書いてある部分があって、完全に読めない。
 読めない本は不良品です。イラスト完全版と名乗るならなおさら。

 「コミック」では「縦画面」なら1ページごと、画面を回転して横モードにすると見開きモードになるように作られているのが普通なので、それを見習って修正版をリリースしていただきたいものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 氷澄-HIZMI- 投稿日 2014/1/10
形式: 文庫
アニメ化されている作品+左さんのイラストが以前から興味を誘っていたので読んでみました。

「妹を溺愛する兄」と「引きこもりの妹」と「二人を取り巻く三姉妹」が織り成すラノベではありがちなストーリーだと序盤は思っていましたが・・・この五人の正体が終盤に明かされることになる。そしてネタバレになるが作中で起こる数々の怪異現象はささみさんの兄への愛情が引き起こしたものだったという妹属性には嬉しい話。

構築されていてなおかつ自由度の高い設定なので今後の展開も物凄く広がりそうな感じですね!

ただこの五人の正体を受け入れるかどうかが結構人を選ぶ作品なので、決して万人受けするわけでなないですが私は楽しかったです!左さんの特徴的なイラストも大好きなのでまだまだ続巻を読んでみたいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JAZZファン 投稿日 2013/12/24
形式: 文庫 Amazonで購入
たまたま観たアニメの第1話を気に入って、原作をまとめて購入。いわゆる大人買いというものをしてしまったのだが、結果はというと失敗。後悔している。

アニメも途中で観るのを止めたが、原作の方も何度途中で読むのを止めようと思ったか・・・。

矛盾や都合が悪いことが生じると、後付け、後付けで強引な解釈や見解を持ち出して埋め合わせようとする。釈明のつもりなのか、それとも自慢しているのか、その独自の解釈や見解なりを作品の中で延々と述べ始める。なまじ才能がある人だけに、強引な展開でもそれなりに作品を維持してしまえるのだが、正直、読んでいて苦痛である。

西尾維新氏と日日日氏、私にとって両者は群を抜く才能の持ち主として並び立つ存在と認識していたが、ここに来て日日日氏のあまりにも行き当たりばったりの作品作りに正直もうウンザリしている。

西尾維新氏並みとは言わないが、もう少し、事前に世界観なり設定を考えてから作品作りされることを期待したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 オレンジ軍団 投稿日 2012/11/30
形式: 文庫
高一だが引きこもりで食事も部屋まで持ってきてもらうささみさん、兄弟的じゃなく恋愛的に妹のささみさん大好きな兄の神臣

その兄の同僚で教師で長女つなぎは31歳なのに見た目小学生 、三女のたまは逆に小学生なのに見た目ナイスボディな大人の女性、次女はいつも眠そうにしてる穏やかな感じというかがみというやがみ3姉妹

登場人物はほぼこの5人だけだが、初めは設定がけっこう苦手なキャラ多いなという感想だった。 そして、話は兄が主人公のようだがささみさんが兄を監視している三人称と一人称で進んでいく。

かがみ3姉妹と兄のラブコメやささみさんというより、普通の人は気が付かないような世界の改変を起こした悪神を3姉妹が退治していくというのが主なストーリーである。 キャラに抵抗を感じながらも、何か「涼宮ハルヒ」っぽいなと思い読みやすかった。 解説でまんま涼宮ハルヒの名前が出てきた時には、やっぱりそうなんだと納得。

登場人物の設定が、日本神話と過去が関わり明かされる3部が短いながらも読み応えがあった。日本神話を絡めたのはなかなか面白かったし早く次巻以降が読みたくなると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック