この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ささきむつみ画集 ART WORKS 1998-2005 大型本 – 2006/2/28


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 253


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ささきむつみ代表作から厳選した至高の100点を1冊に。『双恋』『Memories Off』『HAPPY★LESSON』3つの代表作からイラスト81点をセレクト。その他、商業作品、同人誌などで描かれたイラストも32点収録。表紙をふくめイラスト3点を描き下ろし。

登録情報

  • 大型本: 95ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840232954
  • ISBN-13: 978-4840232951
  • 発売日: 2006/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 29.5 x 22.2 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 863,883位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Retasuぱぱ 投稿日 2006/3/8
形式: 大型本
他の原画家さんの画集が出る中・・遂に登場してくれました!

出していただけたことに感謝感激です。

内容は双恋、メモオフ、ハピレスの他に同人作品や数々の表紙の絵が掲載されています。

キャラねっとの絵が無かったのは少し残念ですが、流石ささきむつみセンセ!と言わんばかりの画力を照明してくれる絵が多数収録されています。

これからの活動にもぜひ期待したいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 HーSHX 投稿日 2006/4/20
形式: 大型本
98年〜05年にかけての作品を載せた画集です。だからかなりのページの量を期待していたのですが正直ページが少ないです。この値段ならまだまだページがあってもよいはずなのに少なく感じます。少ないうえ無駄にフタコイシリーズの絵を出しているのに、メモリーズオフの絵がやたらと少ないのは残念でした。メモリーズオフ目当ての人は買わない方が無難です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ざりざり 投稿日 2006/5/15
形式: 大型本
ハピレスファンなので買いましたが、双恋やメモリーズオフの絵もかわいいです。あと、女性の作家さんらしい、さわやかな色気(?)が良い感じ♪
ひとつ文句をいうとすれば、やはりちょっと高い…というところでしょうか。もう少し安いか、絵が多く載っていれば満点をつけるのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 せ・ん・せ・い 投稿日 2007/7/18
形式: 大型本
ネットとか見て、私は最近、今更ささきむつみ先生が性別不詳なのを知ったのだが、
これは衝撃だった。ずっと女性だと思ってたので。(だって名前からして…ねえ)

この画集に関しては、個人的に見たことある感じの絵が多かったり、
思ったよりページ数が少ないから、評価は個人的にもう一歩といった感じ。

でも、男だと言われれば、そうかもしれないと思う節もあり…、
男でも、女性顔負けの超繊細な画を描く人はいくらでもいるからねえ。

でも私はたぶん女性なんじゃないかと思うんだよね。
これは女性にしか出せないラインだろ…?
ささきむつみ先生が男だったら、誰が女なんだ?
(どっかで聞いたようなフレーズ…)
どっかでは男だと言い切ってるけどさ。

どっちなのか、正直、誰か真実を教えてほしい。
というより、こういうのは本人がはっきりさせてほしい。マジで。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック