Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
これからすごいことになる日本経済
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

これからすごいことになる日本経済 [単行本(ソフトカバー)]

渡邉哲也
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

動画を見る



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

これからすごいことになる日本経済 + いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由 (WAC BOOK)
合計価格: ¥ 2,412

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「アベノミクス」で日本経済、世界経済は激変する!

安倍政権への期待から株高と円安が進行しているが、アベノミクスの本格始動で、いよいよ日本経済の大復活が始まる。

競争力を失った中国・韓国経済は没落、アメリカ・欧州も経済危機が迫り、日本の一人勝ちがやってくる!

だが、民主党政権時代に積み上がった負の遺産、さらには反安倍勢力による妨害が、日本を再び危機に陥れる可能性も否定できない。

世界で起きている大変化のなかで、アベノミクスは日本と世界にどのような影響を及ぼすのか、今後、世界のマネーはどう動くのか、そして、日本経済の黄金期はいつ訪れるのか?

気鋭の経済評論家が徹底分析!

内容(「BOOK」データベースより)

デフレ脱却、1ドル100円も。「アベノミクス」で世界と日本は激変する。日本経済の復活を気鋭の経済評論家が完全分析。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198635277
  • ISBN-13: 978-4198635275
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 54,173位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
180 人中、155人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)
とても読みやすくて、一気に読み終えてしまいました。

内容が凝縮されていて、力強いロジックがシンプルに書かれており、強いメッセージがまっすぐに迫ってきます。
また、補足説明が上手くて、経済学や政治学に詳しくなくても、スラスラ読めてました。

加えて、強いメッセージがある一方で、反論やリスクにも冷静に回答しているので、書き手に信頼がおけます。

本書は、世間で言われる様な「分かりやすい悪役づくり」をするでもなく、
その一方で、マスコミで踊る「自由主義」「規制改革」「グローバル化」などの流行?に対しても、
本当にそれに国益はあるのか?という視点で、鋭く切りこまれており、「著者の骨の太さ」を感じます。

世界経済の動向を客観的に俯瞰しており、これまでの自分が、狭い範囲でしか情報をつかんでいなかったことを痛感しました。

池上彰氏の本も分かりやすいですが、池上氏は、世の中が答えを出してない問題には、切りこんでくれないので、
「大人のための本」としては、こちらの「渡辺哲也」氏をお薦めします。
このレビューは参考になりましたか?
151 人中、126人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By waka 殿堂入りレビュアー トップ10レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
三橋貴明氏と同様、グローバリズム(TPPもその一種)のデメリットを挙げ、世界的にグローバル化が終焉のときを迎えているということや、安倍政権の経済政策(金融緩和、公共事業拡大による国土強靭化、産業政策)を歓迎している点や、ヨーロッパの金融危機や中国・韓国の経済崩壊など、三橋氏の書と共通点がかなりあるが、それでも初めて知ったことが多々あり、経済に関する書を多数読んでいる人にもお勧めできます。

これまで日本を含め世界では、経済のグローバル化や自由化が進められてきた。関税や規制などを撤廃して自由貿易や自由競争を促進する、そのためには政府の役割はなるべく小さくして、経済には介入しない。新自由主義とか、市場原理主義などと呼ばれたが、リーマン・ショック以降、そうした新自由主義を否定する流れが出てきた。
グローバリズムや新自由主義により、勝ち組と負け組みがはっきり分かれ、格差を拡大させた。それに対する揺り戻しが起きているのである。
アメリカが、リーマン・ショックでつぶれかけたGMやクライスターに公的資金を注入して救ったように、国家が企業を維持するという保護主義的な政策を評価するようになってきている。
韓国のサムスンや現代自動車は国策企業だし、ヨーロッパでも国がトップの企業体を育てるという方向に進んでいる。企業が勝ち残っていくためには政府の力が必要
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
105 人中、87人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 事実の積み重ねからの客観的予測 2013/1/19
By ぴろ
形式:単行本(ソフトカバー)
予測書籍に有りがちな「始めに結論ありき」ではなく、事実の積み重ねによって集約される予測が本書及び著者の特色であろう。最終章に於いても、アベノミクスの単なる礼賛ではなく、可能性としての示唆に留め置こうとしているところも、著者の客観性の顕れと謂えよう。保守派の観点から疑問と感じるのは、先の大戦を「太平洋戦争」、禍根を残した主たる者らを「戦犯」と記述されている点である。編集者の意向なのかも知れぬが、GHQに依って強制された此等の言葉が当然の如く用いられる事こそ、正に占領政策の呪縛に他ならないと思う次第である。
このレビューは参考になりましたか?
48 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By トップ50レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazon.co.jpで購入済み
民主党政権とは、一体何だったのだろうか。現時点ではっきりしているのは、余りの無策により国家も企業も国民も大きな損害を蒙ったということである。
アベノミクス(大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資の喚起)はその回復策である。

アメリカは、自由貿易・市場開放を叫びつつも保護主義に傾き、EUもグローバリズム・新自由主義とは裏腹に加盟国はバラバラで限界に近づいている。
世界金融の世界もLIBORの不正操作、恣意的な格付け等が表面化しそのインチキ性が白日の下に曝された。
実体経済と雇用の悪化が進行すれば、どの国も保護主義に走らざるを得なくなる。グローバリズムの未来は暗い。
日本のグローバリストは、押しなべてお花畑レベルである。
中国・韓国の将来も冷静に分析すれば暗い。先進国の保護主義化というのは新興国との利益相反である。

日本経済についての提言がある。
先ず、デフレ脱却。日銀法改正、大きな政府と対外的な強い姿勢、お花畑的自由競争でなく国家による企業支援、若年層の所得移転等々である。
アベノミクスの三本の矢という成長戦略による日本経済復活である。

それにしても、1990年代後半にクルーグマン、スティグリッツというノーベル経済学賞授賞者が日本に提唱していたこ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 もっと日本国全体の利益を真剣に追及していけと言っている
渡邉氏については、YouTube等で、民間のマスゴミへは企業の社会的責任ISO26000を武器としてスポンサーから責めていけばよいこと、特定アジアに乗っ取られてい... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: よし
5つ星のうち 3.0 参考になった
この本を読んで世界情勢について理解することが出来た。
しかし、この本に書かれていない部分で大事なこともまだまだあるような気がしている。... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: 岩下洋
5つ星のうち 4.0 非常に分かりやすい
読みやすいのが一番。だいたいこのような本は難しい言葉や数字を列挙しているものが多いが、わかりやすく読みやすい。
投稿日: 13か月前 投稿者: 矢野 英昭
5つ星のうち 2.0 ちょっと押しつけがましい論調が気になりました。
どっち方面に「すごいこと」なのか、気になる題名です。... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: iihonn-yomitaidesune
5つ星のうち 5.0 素人でもよくわかる最高の良書
経済学が判らない自分でも大変判りやすい内容でした。マスコミの経済情報や解説はまったく当てにならないことがよくわかりました。意図された報道ではなく、安倍総理が何を成... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: 清水 順
5つ星のうち 5.0 元気になる本
日本の「これから」に希望が持てる一冊です。チャンネル桜の討論番組に出演されているのを見て、興味を持ち購入しました。
投稿日: 13か月前 投稿者: yosimple
5つ星のうち 5.0 わかりやすい
経済に疎い自分にも、わかりやすく、著者がこれまで、言い当ててきた欧州や韓国のことを考えると、これからの将来に希望の持てる内容だと思います。
投稿日: 14か月前 投稿者: まさゆき
5つ星のうち 5.0 「世界経済の今」が、嫌というほど解ります
2012年F1鈴鹿GPで、小林可夢偉選手が見事三位表彰台に上った。
表彰式でもカムイコールが起こり、胸が熱くなりました。... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: 北十字星
5つ星のうち 5.0 日本に希望が持てる本
テレビ新聞による一方的な論調に疑問感じ、インターネットで情報をあさっている時にインターネットテレビで著者の存在を知ったのをきっかけでこの本を購入しました。続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: SOMO
5つ星のうち 5.0 アベノミクス、その核とは何か。世界経済の行方はどうなるか。データに裏打ちされた分析を紹介
経済評論家、渡邉哲也氏による、これからの世界経済ならびに「アベノミクス」についての解説本。アベノミクスと呼ばれる安倍首相の経済政策、その3つの核とは何か、これから... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: 壬桐 丁
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa7075d5c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック