¥ 1,620
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/26


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 367


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講 + この世で一番おもしろいマクロ経済学――みんながもっと豊かになれるかもしれない16講 + この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α
合計価格: ¥ 4,860

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ノーベル賞経済学者も舌を巻いた、マンガで読むミクロ経済学。

著者について

[著者]
ヨラム・バウマン Yoram Bauman
経済学者。2003年ワシントン大学でPh.D.(経済学)取得。現在、ワシントン大学、Bainbridge Graduate Institute等で講師として教鞭をとるかたわら、「世界でただ一人のお笑いエコノミスト(Stand-Up Economist)」(自称)として活躍中(ハーバード大学、オックスフォード大学でも講演歴あり)。専攻は環境経済学。
数年前、マンキューの「経済学の10大原理」をおもしろおかしく解説し、それをマンキュー自身も絶賛したという件で、世界中の経済学者の間で爆笑とともに話題になった(その時の動画は著者のホームページに)。今回の本が初の著作。
著者ホームページ http://www.standupeconomist.com/ 

[訳者]山形浩生
1964年東京生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程、およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務するかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで、広範な分野での翻訳と執筆活動を行う。
著書に、『新教養主義宣言』『要するに』(ともに河出文庫)、『新教養としてのパソコン入門』(アスキー新書)、訳書に『クルーグマン教授の経済入門』(日経ビジネス人文庫)、『アニマルスピリット』(東洋経済新報社)、『服従の心理』(河出書房新社)、『その数学が戦略を決める』『環境危機をあおってはいけない』(ともに文藝春秋)、『戦争の経済学』(バジリコ)、『雇用と利子とお金の一般理論』(ポット出版)ほか多数。

[イラスト]
グレディ・クライン Grady Klein
フリーランスで活躍する漫画家、イラストレーター、アニメーター。代表作に「ロスト・コロニー」シリーズ。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2011/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478013241
  • ISBN-13: 978-4478013243
  • 発売日: 2011/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 18,569位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2012/1/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
これまでまともに経済の専門書を完読したことのなかった私にとって、本書が最初の最後まで読み切ったミクロ経済学の本となりました。親しみやすいイラストと分かりやすい構成でスイスイ読み進められました。

本書の構成は
1.個人の最適化戦略(合理的個人)
2.相互関係における最適化戦略(ゲーム理論)
3.市場のおける最適化戦略(需要と供給、競争市場)
と3部構成になっていてこの順に読み進めてスムーズに理解が進みます。他のミクロ経済本ではここでの3部から始めるものが多い気がします。ゲーム理論に大きなスペースを割いており、ゲーム理論の経済学における役割と位置づけがよく分かりました。

また、各所でこの理論はノーベル賞を取った成果といった紹介もあり、経済への興味をより深めてくれました。

本書はあくまで入門書なので、本書の理解をきっかけに他のミクロ経済学の本でより理解を深める必要はもちろんあります。原書では既に続本となるマクロ経済本が出ているそうです。続いて日本語の訳本が出るのを楽しみに待ちたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たかくん 投稿日 2013/2/10
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本の題名どおりかどうかは、正直疑問があります。
低い評価をしている人の意見にも同意できます。

ミクロ経済学の基本は押さえられていると思いますが、
題名から察するに初心者向け?と感じる割にマンガの構成には???です。
経済学に興味の薄い知人に少し読んでもらいましたが、
説明の流れが分からない、読みづらい(用語解説が巻末なので煩わしい)という返答ばかりでした。
ある程度の知識がなければ分からない、ということなのでしょう。
しかし、ある程度の知識を持っている方がこの本を買う意義があるのか???です。
復習の意味で読むということなんでしょうかね。

本来なら興味のない人にこそ読んでもらいたいという著者の意図があるはずですが、
絶賛する方々が経済学の知識を持つ人ばかりでは正当な評価かどうか疑いたくなります。
「知識のない人に教育する」ということがどういうことかを理解していない感じがします。
私は経済学を仕事として説明する機会があることから、
分かり易く解説するための手助けにとこの本を購入しましたが、
このまま引用してしまうと決して分かり易くはありません。

マンガ形式になってはいますが、一般的なマンガを想像して購入しないでください。
ただマンガにするだけで誰にでも受け入れられると考えているなら、それは大きな間違いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
64 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 公一 投稿日 2012/7/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は、還暦をだいぶ過ぎ、最近、分厚い経済学の入門書を何冊か読み始め(クルーグマンや
マンキュー、スティグリッツ等)、充分には判らないながらも、もっと若い時から読んで居ればと
後悔してる。
理解を深めるには、繰返し又他の色々な本も読まねばとも。

当本は、本屋で何回かペラペラ見て買うのを躊躇って居たが、帯に書いてある
『ノーベル賞経済学者も舌を巻いた、・・・』云々に釣られて思い切って買った(入門書と
しても良いかと。又翻訳本だし。)。
又、当『商品の説明』にも、あたかも面白く・楽しく読め、理解出来る様な、絶賛の
推奨文が羅列されて居たので・・・。

私が読んだ率直な感想は、これらとは程遠いものだった!!

他のレビューア、★1つの『経済学の知識がないとさっぱりわからない・・・』の
byダイナ "ダイナ"さんのコメントに全く同感です!!
(同じ内容を繰返しても無駄なので。)

他のレビューアが、
『小学生でも読めます。』
『経済学を全く知らなくても読めます。』
『経済学部への進学を考えている高校生にぜひ読んで欲しい。』
なんて書いてますが、私は、全く逆の感想です。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 captain_EMT 投稿日 2012/3/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
2012年に読んだ本No.1候補。
小学生でも読めます。
経済学を全く知らなくても読めます。
経済学がキライでも・・・多分読めます。

経済学が何を対象にしていて、どういうことを考えているのか、
大変わかり易く書いてあります。

「個人の合理的行動」から入って、複数人の行動の相互作用を考える「ゲーム理論」、
さらに多数の個人が存在する「市場分析」へ行く流れも好きです。

経済学において非常に重要な考え方である「パレート効率性」についての解説もよい。

大学でやる小難しい教科書の理論も、この本に書いてある概念を知っていると
理解度が段違いだと思います。

経済学部への進学を考えている高校生にぜひ読んで欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック