通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
こころの処方箋 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

こころの処方箋 (新潮文庫) 文庫 – 1998/5/28

5つ星のうち 4.4 105件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • こころの処方箋 (新潮文庫)
  • +
  • 生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)
  • +
  • Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
総額: ¥1,437
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   臨床心理学者であり幾多のカウンセリングを手がけた著者が、普段私たちがこころのどこかでは納得しているが、なかなかことばにできないような常識をエッセイとしてまとめたものである。その内容は26作目を数える上前淳一郎の人気シリーズ「読むクスリ」に通じるものがあり、人々の疲れ気味のこころを癒してくれる。

   各章の目次タイトルは、「人のこころなどわかるはずがない」、「危機の際には生地がでてくる」「『理解ある親』をもつ子はたまらない」、「心の支えがたましいの重荷になる」など格言風に小気味よくまとめてあり、著者の専門家としての豊富な経験から調合された薬効ある文章が読者に語りかける。

   また著者は遠藤周作の『生き上手、死に上手』から得られた「呪文」ということばを念頭に置き本書を手がけたという。「正しいとか正しくないとか、教えられるというのではなく「呪文」を唱えていると心が収まるのである」と著者は語り、自らも本書目次タイトルの1つを「唱えて」いるそうである。読者は自分の心に残った目次の言葉を選び、自分だけの「呪文」として楽しむことができるかもしれない。こころが少し風邪をひいてしまったなと思う読者や、自分自身の常識や創造性を振りかえってみたい読者には頼りがいのある1冊となるだろう。(青山浩子)

内容紹介

「耐える」だけが精神力ではない。心の支えは、時にたましいの重荷になる。――あなたが世の理不尽に拳を振りあげたくなったとき、人間関係のしがらみに泣きたくなったとき、本書に綴られた55章が、真剣に悩むこころの声の微かな震えを聴き取り、トラブルに立ち向かう秘策を与えてくれるだろう。この、短い一章一章に込められた偉大な「常識」の力が、かならず助けになってくれるだろう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 241ページ
  • 出版社: 新潮社 (1998/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101252246
  • ISBN-13: 978-4101252247
  • 発売日: 1998/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 105件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 さすが臨床経験の長い、第一級の著者が書いた本。
 その手の本は山ほどあれど、思いつきで書いていたりして、わかりやすいが、浅い記述のが多い。
 この本はわかりやすく書いてあるようで、じつはすぐにはわからない内容が多い。しかし、その分深い内容で、他の本とは全く違う。
 中には、著者の偏見もあるかもしれず、考え方も人それぞれとは思いますが、論点のテーマ選びは、誰でも心のネックとなっているような、広い範囲から心の患部とも言える部分をきめ細かくとりあげたものです。
 心の医学書の小ハンドブックという感じです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
1つのエッセイが、2ページ程度。
上から目線ではなく、押しつけがましいところもなく、
平易な文章表現ですっと心に入ってくる。
ずっと手元において何度も読み返したい本。
たった何百円かで、こんなすてきな本が手に入る現代の日本に
amazonに宅配便の方に感謝。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 john 投稿日 2005/6/11
形式: 単行本
河合先生の『中年クライシス』と共に多くの示唆をもらった本である。
わたしの心に響いたのは
12、100点以外はダメなときがある
  ここ一番という時が人生にはある。その時は100点を取ろう。
  ただし、常に100点を狙ってはいけない。無用な労力を費やすことになる。
  100点はときどきでよいのだ。
  との河合先生の教えに、納得した。
15、一番生じやすいのは百八十度の変化である
  わたしの性格かと考えていたが
  どん底から頂点に這い上がったと思うとまたどん底に落ちることがある。
  それは良くある事と河合先生に諭された。
27、灯を消すほうがよく見えることがある
  高校時代の英語の先生がこんなことを言ったのを覚えている。
  「黙ってくれよ、君の声が聞こえないじゃないか。」
  まさにそれと同じだ。こころの本当はそこにあるように思う。
34、どっぷりつかったものがほんとうに離れられる
  わたしは凝り性だが、飽きっぽいと感じていた。
  その理由がわかったように思う。
  ほどほどが苦手なため、飽きてしまうのだ。
  ほどほどにやるとは結構難しい。
50、のぼせが終わるとこ
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/19
形式: 文庫
初対面の時、相手の顔つきを見るだけで、「優しい人」とか「恐い人」などと判断してしまう事はないだろうか?それに反して、ユング派の臨床心理学の専門家である河合先生は、簡単に判断を下さず、人の心の動きというものはどんな動きをするのかわかる筈ないという前提で接していくし、「わかった」と思って決めつけたりレッテルを貼ったりせず、つまり、相手の心を直ぐに判断分析せず、未来の可能性の方に注目して会い続けていくというのである。それによって、そこから生まれてくるものを尊重しているうちに、自ずから心の処方箋も生まれてくるという。当たり前の事が当たり前に書かれてあり、どの項目から読み始めても、成るほど~!と納得でき、日常生活の僅かな空き時間に読むのもよし、通勤途中の電車で読むのもよし、心の中がポッっと暖かくなる一冊である。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初めて河合先生の本を読んだ。
これまでいろんな自己啓発本を読んできた事があるが、この本は久しぶりに何度も読み返す価値のある本だと思った。
人生で直面するいろいろな困難、課題に対して通り一辺等に安易な解決策を述べているのではなく、
著者が実際にカウンセラーとして問題に真摯に取り組んできた中で見えてきた考え方、ヒントが述べられている。

「深い」本です。
同じく精神科医として高名な斉藤茂太先生の本も同時期に読ませていただいたが、自分にはこちらの方がより人の深層心理に迫っており、
これからの人生のお供になりそうな本だと思った。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ずいぶんストレートな書名だ。
 こころの問題についての解決のヒントになるようなことが五十五章にわたってつづられている。
 重要なのはものの見方である。薬があってそれを与えればいいというわけではない。
 したがって、単純に割り切って考えることはできない。
 著者自身も、「毎度のことながら、ここにも正しい答などはどはない。」(p225)とはっきり書いている。
 しかし、短絡的に正しい答えを求める人の方が多い。
 「決めつけてしまうと、自分の責任が軽くなってしまって、誰かを非難するだけで、ものごとが片づいたような錯覚を起こしてしまう。」(p13)ことの方が多いだろう。新聞の論調を見ればそれがよく分かる。
 新聞といえば、「マジメな人は自分の限定した世界の中では!、絶対にマジメなので、確かにそれ以上のことを考える必要もないし、反省する必要もない。マジメな人の無反省さは、鈍感や傲慢《ごうまん》にさえ通じるところがある。」(p60)など、まさに新聞そのものではないか。
 「最近は場あたり的な灯を売る人が増えてきた」(p117)もまた同じ。
 学校の教師について、「自分は生徒たちとまったく同等の立場で生きている」というまやかしを論破しているが(p190)、生徒と対等であるべきだという論調を振りかざす人は、
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック