¥ 648
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ここま&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する (祥伝社黄金文庫) 文庫 – 2005/7


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 124


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 648 通常配送無料 詳細 1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する (祥伝社黄金文庫) + 宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる (サンマーク文庫) + 運力 あなたの人生はこれで決まる (祥伝社黄金文庫)
合計価格: ¥ 1,780
ポイントの合計:  56pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

宗教的で神秘的な響きを持つ言葉―「あの世」。ところが、いまや最先端科学の側から「あの世」という概念が提出されている。「神」の正体、そして宇宙と生命の謎を明かす衝撃の書。 --このテキストは、 新書 版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

宗教的で神秘的な響きを持つ言葉「あの世」。ところが、いまや最先端科学の側から「あの世」という概念が提出されている。「神」の正体、そして宇宙と生命の謎を明かす衝撃の書。
--このテキストは、 新書 版に関連付けられています。

登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: 祥伝社; 改訂版 (2005/07)
  • ISBN-10: 4396313837
  • ISBN-13: 978-4396313838
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 18,978位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

30 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ninetails 投稿日 2007/6/18
形式: 文庫
 タイトルに惹かれて購入したのですが、買った当初はこんなタイトルだし、結局は擬似科学の一種だろうとたかをくくっていました。しかし、一読してみて、この本に出会えたことを本当に感謝する気にさせられました。本の内容だけでなく、自身の内面的な部分にも大きな変革があったように思われます。自身にとってのインパクトの強い本 No.1 です。

 内容は、物理学、心理学、宇宙科学、東洋哲学、など様々な観点から、現代科学の限界とその先に考えられる考察とをまとめた物です。ひも理論や量子論など魅力的な最先端科学にも少し触れられ、単純な読み物としても面白い部分もたくさんあります。単なる科学の成果を羅列するだけでなく、科学者達の意見を綜合して著者の意見を述べたりして、非常に面白いです。また、先端科学などが、東洋哲学と似通っている点が分かりやすく解かれていて、東洋哲学に関する魅力がわき上がってきます。

 ただ、別に完全に科学の本という訳ではなく、最近はやりのスピリチュアル関係の話も多いです。例えば、その手の文献に多い、

『超常現象は世界各地で確認されている、だから超常現象はある』

 的な決めつけもあり、もう少し込んだ解説をして欲しいと思う箇所も幾つかありました。最新科学を頭に詰め込んだ人のための本ではなく、最新科学や東洋哲学
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 天と地を行き交う男 投稿日 2007/11/4
形式: 文庫
かっては胡散臭い霊能力者の体験談、今は個性的なスピリチュアリストの
パフォーマンスとして語られ、どちらにしろ、やや食傷気味の「あの世」の事を、
「科学する」という矛盾めいた題名にうまく乗せられて読んでみた。
かなり理解しにくい科学的学説が披露されているが、日を於いてまた読めば、
どこか感覚的に捉えると納得する部分もあって、スリリングな知的満足を得た。
ユングの集合的無意識、量子力学、東洋哲学、そして仏教との相互関連を指摘しつつ、
「この世をテレビの画像、あの世を電波の飛ぶ電磁界」に、
あるいは「ホログラフィーの干渉縞にはどんな小さな部分にも物体の全体像が
記録されている」といった、わかりやすいたとえで説明してくれる。
かくして先端科学から古今東西の諸思想からのさまざまな引用および推論を
繰り返しながら、巻末の結論部へと導かれていく。
     
「宇宙の基本構造は、壮大な無意識のレベルのネットワークであり、
生命を得て生まれてくる個体は、その大海の表面に発生した
小さな泡のようなものでしょう・・・・・宇宙は全体としてひとつの生命体です・・
・・・その基本は、無条件の愛であり、また仏性であり、宗教が神や仏と呼ぶ概念と
一致します。」
  
イギリスの詩人ブレイクの一節がよみがえる・・・「一粒の砂に宇宙をみる」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/4/30
形式: 文庫
いやぁ、面白かったです。天外さんの本は非常に読みやすく今までも好んで購入してきましたが、これもやはり面白かった。相容れなかった宗教と科学の戦いという歴史的側面から大枠が語られ、それから中世から近代に移るまでの過程と近代に至っては科学一辺倒で圧巻とされていた科学にどうやら限界が近づいてきてしまったことを、相対性理論や量子力学にシフトし分かりやすく説明してくれています。私は科学(理数)は全く手の届かない分野ですが、それでも分かりやすい説明のお陰で嫌気がさすことも無く、あっという間に読み進めてしまった。そして科学の見えない部分は実は、溯る事数千年も前に既に、東洋哲学に全て語られている部分も科学と心理学の両面からアプローチしています。後半心理学面からのアプローチは、ニューエイジ系の本が今日、巷でも一般に受け入れられているので、日本人である私たちは容易く理解出来る人が多いと思います。混沌とした時代だからこそ、光明を射す一冊と言っても良いかも知れません。又、東洋哲学を語るところで、易経を簡単に説明する件がありますが、易経とDNAの酷似性については今泉久雄氏の易経の謎を参照すると良いと思います。こちらも良本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヨーグルトガム 投稿日 2005/9/7
形式: 文庫
書店に出ていたので何気なく購入。
前からあの世の事についてよく考えていました。
「幽霊だのあの世だの、科学で説明できんやんけ。」
と私の知り合いがよく云ってましたが、この本を最初読んでみたとき
もしかしたら科学で説明がつくのでは?という思いが頭の中を横切りました。
内容は思ったよりも難しく、本もめったに読まない私は苦戦してしまいました。
しかし、この本は私のあの世に対する概念を根本から崩してくれました。
あなたもこれを読んだらあの世についての考え方が完全に書き換わるかもしれませんよ・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック