Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ここに地終わり海始まる(上) (講談社文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ここに地終わり海始まる(上) (講談社文庫) [文庫]

宮本 輝
5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 --  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

めくるめく恋が清純な志穂子を変えていった6歳のときから療養生活をつづける24歳の志穂子。彼女のもとに舞いこんだたった一枚の絵葉書が、彼女に奇蹟をもたらした。見ず知らずの青年から届いた絵葉書が

内容(「BOOK」データベースより)

十八年前の療養生活を終えた志穂子は二十四歳を迎えるまえの日に、生まれて初めて電車に乗った。病状に奇蹟をもたらすきっかけとなった一枚の絵葉書の差出人、梶井克也に会うためだった。しかし志穂子は、その人物にまったく心当りがないのだった。―そんな人が、なぜ、私に絵葉書などくれたのだろう。

登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: 講談社 (1994/10/5)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4061857975
  • ISBN-13: 978-4061857971
  • 発売日: 1994/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 615,615位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 この本に救われました。 2003/7/16
形式:文庫
宮本輝さんの本はどれも好きだけど、この本が一番好きです。
自分が今何かを必死に頑張っていて、でも答えがなかなか出なくて。
周りからも「きっといいことあるよ」って言われるんだけど、
『いつか』じゃなく、今その答えが欲しいって思うことありませんか?
私は、そんなじたばたしていた時、この本を読みました。
志穂子の気持ちが痛い程分かって、涙がいっぱい出ました。
志穂子のお父さんの言葉に、救われました。
それからも、何かにぶつかると必ず思い出しては読む一冊です。
読もうかどうか迷っている方、是非お薦めします!
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 心が洗われる作品でした。 2004/12/19
形式:文庫
あまり本を読まない方にも、読書をよくする方にもオススメの作品です。
まず、ストーリーがとても綺麗で面白い。
ある意味ではおとぎ話のような話なのに、それでいて奇妙な現実感があって無理がない。
だから読んでいても飽きないし、
わかりやすい文章ですんなりと作品の世界に入っていけます。
また、読んだ後とても爽やかで新鮮な気持ちになれます。
主人公の志穂子の清純さと、
それに運命的に導かれていく他の登場人物たちの姿は
青春そのものであり、
宮本氏の作品『青が散る』で描かれていた若い青春とはまた違った、
「やや大人な」青春を味わうことができます。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 それでもポルトガルに行きたくなる 2005/8/29
形式:文庫
ポルトガルのロカ岬の記念碑に刻まれた言葉、
「ここに地終わり海始まる」
と、登場人物たちの更生(はじまり)を照らし合わせた物語。
男は、やっぱ、何にも知らない純粋な女が好きなんなぁ。そして女はやっぱ、ちょっと駄目なかっこいい男に惚れるんだなぁ。やっぱそうなんだよなぁ。という物語だけど、それなりに、そこにたどり着く人々の気持ちが丁寧に描かれているので、共感できる。
そして恋はタイミングである。お互いの気持ちが、同じように盛り上がるときを逃してはならないのだ!
それにしても、男はやっぱ、何にも知らない純粋な女が・・・ああ、そうなんだなぁ。
それにしても、ポルトガルの良さは、別に全然描かれていない物語である。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
”ここに地終わり 海始まる”
男女を超えて誰もがこのフレーズに引きつけられてしまうと思う。
私もその一人だった。
物語の中でこのフレーズを使った葉書の文章の巧みさに私は圧倒され、
そしてその葉書によってさまざまな人間ドラマが展開されていくことに
興奮を覚えた。
たった一つの印象的なフレーズが孕むその意味はとても奥深く、
それは主人公志穂子のみならず、
読者の心をも動かす力を持っていると思う。
”なにかの終わりは、新しい何かの始まり”と作者からの強いメッセージを感じ、前向きな姿勢になれる一冊だと思う。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 再航海の本 2012/7/4
形式:文庫
登場人物それぞれの 「(再)出発」がキーワード。

地が終わって、海が始まる。 人生という海原へ航海に出る。でも、新しい旅に出るには勇気と強さがないと。

18年間療養所にずっといて、世間擦れしていない主人公。固定観念を持っていないので、自分の考えで何でも決めていく。

強い心、勇気を持っている人って、 なかなか少ない。 それを持っている主人公に、周りの男の人は 惹かれるのだろうなぁ。

「ここに地終わり海始まる」というのは、 ロカ岬にある碑文に彫られている言葉。ロカ岬のことは何も書かれていないけれど、これを読むと絶対に行きたくなります。

ちょっと甘ったるい小説ですが、それがいいところかも。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック