Amazon Kindleでは、 ここから脱出たければ恋しあえっ4 (角川スニーカー文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 670
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ここから脱出たければ恋しあえっ4 (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2013/4/27


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 40


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ここから脱出たければ恋しあえっ4 (角川スニーカー文庫) + ここから脱出たければ恋しあえっ3 (角川スニーカー文庫) + ここから脱出たければ恋しあえっ2 (角川スニーカー文庫)
合計価格: ¥ 2,010

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

かつて悠真を密室に閉じ込めた実行犯・愛依(a.k.a.名無しさん)が、なぜか今度は悠真と一緒に閉じ込められる側に!?ナスターシャ、麻という新たな仲間も加わって密室女学院を脱出しようとするが、彼女らの言動には不審な点が…過去の脱出劇に巻き込まれた美羽、紫苑、乃々、椛、葵子、湊も意外な姿で現れ、悠真を翻弄する。そして辿り着いた出口の先には、恋心&愛依姉妹も知らなかった「密室恋愛ロワイヤル」の真実が待っていた…。

登録情報

  • 文庫: 285ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041008573
  • ISBN-13: 978-4041008577
  • 発売日: 2013/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 265,929位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MT トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/2
形式: 文庫
もうこれ以上は登場しないと
思っていた嫁が更に追加(笑)…。まあ
流石に少々おざなりな感はありますが、
話はしっかり〆ていました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 川蝉 投稿日 2013/5/4
形式: 文庫
これにて完結。ここまで普通のラブコメだと思っていたのですが、ラスト50ページで物凄いネタ晴らしがあります。
普通のラブコメなのに「あれ?」と思うシーンが1〜3巻に沢山あったと思いますが、
それらの伏線も余さず回収します。

作品全体を通してネタ晴らしと前座のバランスが悪い気もしますが、楽しめたので満足です。
既出ヒロイン達の出番にやたらと差があるのは…人数が多いし仕方がないのかな
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2013/9/1
形式: 文庫
前半の展開はいつも通り面白かったです。ただこの巻で終わらせるために前半のテンポが急ぎぎみとなり、何となく物足りない感じになってしまっています。後半はこのお話の核心であり、伏線回収です。今までになく真面目な展開の中に、かなり突飛な設定が混じっていて、一筋縄で終わらせない作者の性格が出ているかと。ただこの突飛な設定を生かせるページがなかった所がちょっと惜しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック