¥ 972
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本) 単行本 – 1966/12/15

5つ星のうち 4.8 90件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 243
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 9,288

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)
  • +
  • ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • +
  • おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   ひとりぼっちの大きなぞう、ぐるんぱ。汚いし、くさいにおいもする。見かねたジャングルのぞうたちが、体をきれいにして働きに出してくれた。でも、ビスケット屋さん、お皿つくり、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場、どこで働いても大き過ぎるものばかり作るので「もう けっこう」とすぐ追い出されてしまう。

   「さみしいな さみしいな」と耳を草にこすりつけたり、はりきりすぎて失敗し、しょんぼりしているぐるんぱを見ていると、たまらなく胸が痛む。だからこそ、最後に「幼稚園」を開いて、子どもたちに囲まれて生き生きと働くその姿には心から拍手を送りたくなるはず。

   色鮮やかでやさしい絵が、お話とぴたりと合っている。特に楽しいのが幼稚園の様子を描いたページ。ぐるんぱの体に登って遊ぶ子どもたち。靴でかくれんぼ、お皿はプールに。そして、大きな大きなビスケット。みんなで食べても「まだ たくさん のこっていますね」。1965年発売の名作絵本。(門倉紫麻)


登録情報

  • 単行本: 28ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1966/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834000834
  • ISBN-13: 978-4834000832
  • 発売日: 1966/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 26.4 x 19 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 840位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ひとりぼっちの大きなゾウがお仕事をする為に出発します。ビスケット屋さん、お皿屋さん、靴屋さんと次々お仕事をしますがどこで作ったものも大きすぎて売れない為「もう けっこう」と言われてしまいます。そんなゾウが出会ったピッタリのお仕事は・・・。イラストがとても楽しくかわいいです。出会った全てのことには意味がある。誰かに必要とされる喜びや、絶対に必要とされる場所があることを語るのにいいきっかけになりました。『子どもに伝えたい大切なこと』が詰まっている絵本です。(読み聞かせた時の子どもの年齢:3才&5才
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小さい頃夢中になった絵本の一つ。
特に、ぐるんぱが大きな靴をつくっている場面と
最後の場面で大きなお皿をプールにして子ども達が
あそんでいる絵が大好きだった。
大人になって、ふと書店で手にしてぱらぱらめくってみた。
懐かしい。
でもそれだけじゃない、気づいた。
昔はわからなかったけどこれはぐるんぱの自分さがしの物語なんだ。
ぐるんぱは初め自分の生きる意味を見出せない。
そこへまわりの人が手をさしのべて、最初の一歩を踏ませてあげる。
そのあと、ぐるんぱはいろいろなことを体験していく。
失敗を繰り返して、それでも次へすすんでいく。
最後にぐるんぱは気がつく。
今までやってきたことは決して無駄じゃなかった。
全てに意味があったんだ!
うーーん、なんか人生がこの絵本の中にありますね。深い!
うそだと思ったら読んでみてください★
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子どものころに読んで大好きで忘れられなかった絵本。
自分に子どもができたとき、真っ先に買った絵本の中の一冊です。
楽しくて愉快でちょっとしんみり、そして最後はあたたかい、子どもも大喜びで何度も読みたがりますが、大人にも楽しく読める絵本です。
ひとりぼっちの子象のぐるんぱが自分に合ったお仕事を見つけるまでのお話ですが、なかなかうまくいきません。
でも、そのうまくいかない様子の絵がとても愉快で楽しくていいんです。
特に巨大ビスケット・・子どものころ味見してみたいと飽きずにながめたものです。
娘も同じでした。。。
最後に見つけたピッタリのお仕事はひとりぼっちだったぐるんぱにとってにぎやかであたたかい最適なもの。
ラストの絵でそれまでの失敗作が子ども㡊??ちにとっては実に魅力的なものに・・・
ほっとして楽しめる絵本です。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どうか、いきることを、楽しむことを、諦めないで。
貴方の居場所は必ずあるから
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
3才ぐらいのとき、保育園に通っている頃に、出逢った絵本です。
私は母に叱られて泣きそうな時にぐるんぱを思い出していました。
どんなに失敗をしても、一生懸命に頑張って新しい仕事をしているぐるんぱがとても好きでした。
どんなに挫けそうになっても頑張ろうという気持ちにさせてくれました。
大好きなページはぐるんぱと子供達が遊んでいるシーンです。
将来、自分に子供が居たら、一緒に読んであげたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/27
形式: 単行本
失敗続きで落ち込んでいる時、自信がない時に読みたくなる本。 「ぐるんぱ」は「ぞう」。とってもやさしいぞう。 ただ大きなものを作ってしまうのが.....みんなは怒るの。 でも、そんな人ばかりじゃない。それを喜んでくれる人もいる。 失敗と自分で決めないでってぐるんぱは教えてくれます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小さい時に読んでいたのですが、
最近、本屋に並んでいるのを
手にとってみてみたら、
思わず懐かしくなって
買ってしまいました。
何回もリストラにあいながらも
最後にはこれは、と思える仕事に
めぐり合えるぐるんぱをみると
今の中高年も癒されるんじゃ
ないでしょうか?
ちょっぴり、癒しと元気を感じさせてくれます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 leon VINE メンバー 投稿日 2003/1/29
形式: 単行本 Amazonで購入
自分でよかれと思ってやったことが、すべて空まわり。
日常生活でも、こんなことってありませんか?
象のぐるんぱも、行った先々で、一生懸命いろんなことにチャレンジしたのに、うまくいきませんでした。
でも、最後に、ぐるんぱを必要としてくれる場所を見つけるのです。
2歳の子供は、大きなピアノや大きな靴の絵に大喜びしています。
そして、大人の私は、ぐるんぱが自分の居場所を見つけたことに感激しました。いつか、子供も、この絵本のストーリーが教えてくれることに気づいてくれたらいいなあと願っています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック