通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】一部にヤケあり。【本体】カキコミなし。小口に多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) 単行本 – 1967/1/20

5つ星のうち 4.7 145件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 255

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • +
  • おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)
  • +
  • ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

   歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。

   たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。

   そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。

   「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

なかがわ/りえこ
札幌に生まれた。東京都立高等保母学院を卒業後、保母として働くかたわら、児童文学グループ《いたどり》の同人として創作活動を続けた。現在は著作に専念している。1962年出版した童話「いやいやえん」(福音館書店刊)は、厚生大臣賞、NHK児童文学奨励賞、サンケイ児童出版文化賞、野間児童文芸賞推奨作品賞を受賞した。東京在住。

おおむら/ゆりこ
東京に生まれた。上智大学卒業。童話「いやいやえん」「かえるのエルタ」「らいおんみどりの日ようび」のさし絵、絵本「ぐりとぐらのおきゃくさま」「そらいろのたね」など、実姉中川李枝子さんとのコンビの仕事が多数ある。楽しいさし絵は、日本の子どもばかりでなく外国でも高く評価され、「そらいろのたね」や、この「ぐりとぐら」はイギリスからも出版されている。東京在住。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 28ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1967/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834000826
  • ISBN-13: 978-4834000825
  • 発売日: 1967/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 145件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 322位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
絵本『ぐりとぐら』が大好きでした。

2人のねずみが作るふかふかのホットケーキがとにかく美味しそうで
子ども心にも印象深かったのですが、
2人の子どものお父さんになって、何十年ぶりに読み返してみたら、
ホットケーキではなくてカステラでした!

そっかー、ライオンや象たちと分けて食べてたのはふんわり黄色のカステラだったのか。

シブいな、ぐりとぐら!

閑話休題。

「歩こう歩こう わたしは元気♪ 」

日本中の子どもに親しまれているこの『さんぽ』という歌は
『となりのトトロ』のオープニングテーマですが、
なんとこの作詞も『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんでした。

知らなかったな。

宮崎監督が昔から中川さんのファンで
「子どもが大きな声で歌える歌を」という希望で依頼したそうです。

宮崎駿と中川李枝子。

僕が子どものころから大好きなこの2人が、この歌で結びついているなんて。
そして、僕の子どもがやっぱり大好きになるなんて。

人生ってやっぱりおもしろい。
1 コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ぐりとぐらの、のほほんとした優しい時間の中で、楽しいお話が展開していくのに、
大人も子供もくぎ付けです。子供が3歳の時からよんだ本ですが、暗記するほど何回も
よみました。本が大好きになるきっかけの1冊だったとお思います!

卵をはっけんする!なにを作るか話し合う、準備をする、良い匂いと仲間が集まってくる
そして、みんなでたべる。ぐりとぐらのこのお話で幸せな気持ちまで匂いと一緒に運んで
きてくれるそんなお話ですね。冒険心もくすぐられるみたいです。

心の栄養になる良い本です。手に取ると、長く愛されている理由がよくわかります。
親子でぐりとぐらの大ファンになってしまいました♪
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イラストのかわいらしさも魅力ですが、お話もとても素敵ですね。

大きな卵を見つけた驚き、どうやって運ぼうかと悩む...、おいしそうなカステラ、卵の殻の車。3歳の娘もぐりとぐらと一緒の気持ちになって見ていました。

よい絵本って子供の表情を見ていてわかりますね。

娘は気に入り何回も「読んで〜!」と持ってきます。多いときには1日20回くらい。

不思議と何度読んであげても苦にならない絵本です。

大人も一緒に楽しめる絵本だと思います。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ぐり ぐら ぐり ぐら。

ほどよい、反復が子どもの心に心地よく余韻を感じさせます。

また、テンポがよいので、読み聞かせる方も、リズムよく読むことができます。

子どもたちが集中して、読み聞かせを聞くのはリズムがいいことも無縁ではありません。

ぐりとぐらのイラストもかわいくて、スーッと絵本に引き込まれるようです。

古くから親しまれている絵本ですが、長い間親しまれるのには

やはり、理由があるのだと思いました。

リズムとテンポ、反復、イラストなど、楽しさがいっぱいつまった絵本です!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小さい頃大好きだった「ぐりとぐら」。
二才の息子にも読んでみました。
息子もやっぱり黄色いカステラには感激するようす。
大人になった私も、いいにおいを想像し楽しみました。
皆にわけて、いろんな動物と一緒に食べるページが一番気に入っているようです。ぐりとぐらのシリーズでやっぱりこれが一番!
本を読んだらその後、一緒に息子とホットケーキを焼くとさらに一日が面白くなる。卵を混ぜる係をやってもらって・・・。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ぐりとぐら
 知らない人の方が珍しいのでは?
 あのカステラのおいしそうだったこと。
 大きな卵の行方は?
 その後の説明が絵のみというところも面白くて
子供の頃、何度も何度も読んだ絵本です。
 今度は、自分の娘に読んであげてます。
 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック