Amazon Kindleでは、 くちびるに歌を をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
くちび&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 CARPE DIEM書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

くちびるに歌を 単行本 – 2011/11

43件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 209
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 284

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

くちびるに歌を + 風に立つライオン (幻冬舎文庫)
両方の価格: ¥ 2,322
ポイントの合計:  71pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容紹介

青春小説の新たなるスタンダードが文庫化!

長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の音楽教師・松山先生は、産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。
一方で、柏木先生は、Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。
提出は義務づけていなかったこともあってか、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた--。



【編集担当からのおすすめ情報】
著者の中田永一さんは、乙一さんの別名義でもあります。

帯には、アンジェラ・アキさんの推薦コメントが入る予定です。
解説は、作家のねじめ正一さんが執筆されています。 --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

拝啓、十五年後の私へ。中学合唱コンクールを目指す彼らの手紙には、誰にも話せない秘密が書かれていた―。読後、かつてない幸福感が訪れる切なくピュアな青春小説。

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093863172
  • ISBN-13: 978-4093863179
  • 発売日: 2011/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (43件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

33 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鍼灸アロマ治療院 かおり&やすらぎ 投稿日 2012/10/5
形式: 単行本
この作品はテレビCMで知りました。
これが感動するほどの内容かしら?!と、途中までは心配してしまうほどです。
中学の合唱部がNコンをめざすというありがちなストーリー。

なのに・・・・・・・・ 最後の手紙の文面で泣く。

というか私は泣いた。

合唱をはじめるまで、クラスでは影のような存在で、友達が一人もいなかった主人公
桑原サトルが、自分に書いた手紙の文面が心にささる。

友達がいなくても、腐らずひねくれずに
どうして自分をたもっていられたか・・・・

これがまた、淡々とした内容で書くからたまらない。

まだ15歳なのに、自分で自分の存在理由なんか、
きめつけんなよ〜〜〜〜〜!!!! 号泣

この作品は、この手紙の内容がまずあって、
それに合わせて話の設定を作ったんじゃないかというくらい。

中学生の課題図書に良いのではないでしょうか。
紆余曲折しながら大会を目ざすという青春ストーリーにまじって、
どうしようもできないほど、複雑で重い家族関係を背負って生きる中学生の姿。
そんな子ほど明るくまっすぐに描かれているから、救われるのですが。
ぜひ読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 H.Suzuki 投稿日 2012/2/11
形式: 単行本 Amazonで購入
島の中学生、混声合唱、臨時教員、兄弟、家族の舞台設定、中学生たちの目線でそれそれが語っていくことでのストーリー進行など、素直に読みやすく、上手いなぁと思います。
主人公たちが、コンクールまでの期間の中で、人を思いやり、少しづつ大人になっていく姿は、誰しも通ってきた道であり、なつかしさとともにエールをおくりたくなります。全編に流れるやさしさは、作者の主人公たちを見つめるやさしい目によるものです。特に、主人公のひとり、桑原サトルのお兄さんを自閉症に設定し、お母さんやサトルのやさしい感情、最終章で示されるサトルの同級生たちが見つめるやさしさには、素直に「ありがとう」ということばが口をついて出てきます。自閉症の人の特徴を正確にとらえており、しぐさなどは、そのまま、と言ってもいいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 baab 投稿日 2011/12/11
形式: 単行本
五島出身ですが、違和感なく読むことができた。 最近、こういう類の青春ものは、ついぞ読んでいなかったが、なるほど、読んでよかったと思わせる不思議な爽快感があった。合唱をやったことがあろうがなかろうが、いま、必要な本だと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/7/1
形式: 文庫
本屋さんで見かけて、たまらず買いました。
登場人物の様々な感情が交差していく中で、その思いが人知れず手紙に綴られていきます。
登場人物同士は、お互いの手紙の文面を知らない(例外もありますが)のですが、
読者はそれは全部読める(当たり前ですが)ので、どう物語が進展してくのかが、とても気になり楽しめる本でした。

映画も見ましたが、どうしても原作から省略されてしまっているので、映画だけを見た人にも読んで欲しいです。
他のレビューで、映画も気になると書いておられる方がいましたが、映画もぜひ見て欲しいです。
桑原サトル役の子の演技がとても素晴らしく、必見です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 ヤチ トップ1000レビュアー 投稿日 2015/3/13
形式: 文庫
 映画化されたということで、本を手とっていました。中学生が合唱でコンクールを目指すという中で、柏木先生や生徒たちが、それぞれに抱えている悩みや思いが語られていて一気に読んでしまいました。
 小説だと、柏木先生は黒子に徹しているように感じましたが、映画ではどういう風に描かれているのが気になりました。機会があったら映画も見てみたいと思いました
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 comet 投稿日 2014/2/11
形式: 単行本
わたしは、この小説は中だるみしていると思いました。
すばらしい歌、家族設定、五島列島などの素晴らしい下地があるのにも関わらず、いまいち勢いに乗れていない感がありました。
乙一さん名義の作品や中田永一さん名義の『百瀬~』や『吉祥寺~』などは既読済みなのですが、やはりこの作者は短編の方が上手いと思いました。
ただ難しい表現や突飛な比喩や暗喩もないので、いつもと変わらず読みやすい作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dokaketoka 投稿日 2014/8/18
形式: 単行本
皆さん辛い評価が多いですが、あまりガッツリ考え込まずに読めば読後感爽やかでとても良い小説だと思いました。登場人物がみんな、今どきの小説にありがちなめんどくさい性格をしていないからかな。

ただ、ダブル主人公の少女の方はキャラ立ちがイマイチのように感じましたので、少年の方に絞っても良かったんではとは思いましたが。
終盤にかけては、確かに若干マンガかアニメチックな展開ではあるものの、少年のさらっとしたキャラクターがベタさをちょうど良く薄めていたように感じました。

映画化されるそうですが、柏木先生が主役のようでちょっとがっかりです。この小説の良さの一つは、それこそベタなキャラになりがちな柏木先生がいい感じで脇役でしかないところだと思うので。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック