¥ 497
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
きらき&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きらきらひかる (新潮文庫) 文庫 – 1994/5/30


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

きらきらひかる (新潮文庫) + つめたいよるに (新潮文庫) + 号泣する準備はできていた (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,458

選択された商品をまとめて購入


第152回芥川賞・直木賞候補作発表
直木賞は西加奈子 『サラバ』、 芥川賞は小野正嗣 『九年前の祈り』 に決定。 「第152回芥川賞・直木賞候補作」特集ページを見る

商品の説明

受賞歴

第2回(1992年) 紫式部文学賞受賞

内容紹介

私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである――。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人はすべてを許しあって結婚した、はずだったのだが……。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは? 傷つき傷つけられながらも、愛することを止められないすべての人に贈る、純度100%の恋愛小説。

登録情報

  • 文庫: 213ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1994/5/30)
  • ISBN-10: 4101339112
  • ISBN-13: 978-4101339115
  • 発売日: 1994/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (115件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 14,644位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

31 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/18
形式: 文庫
 風変わりな恋愛形態だけど、ごくごく普通の男女の恋愛小説を読むよりもすんなりと、「恋愛」というものを理解したような気がした。
 ホモセクシャルだけど、妻への愛情だってちゃんとある。でも、女性に対しては不器用だから、その愛情の表し方がとてもとても下手で、かえって笑子を傷つけてしまう。ああ、もう、「そうじゃない、そうじゃないんだよおおおおお」と叫びながら、睦月の首を絞めてしまいたくなる(苦笑)。
 アル中、情緒不安定でも、ホモセクシャルの夫を一生懸命受け入れていこうとする笑子。やっぱり愛情表現がうまくいかなくて、結局睦月を困らせてしまう。でも、痛いくらいに彼女の気持ちがしんしんとわかってくる。
 そんな二人を受け入れ、見守り、愛する紺。ひょうひょうとやんちゃながらも、どんなに愛し合っていても結ばれきれない睦月との関係に密かに傷つき、悩む。それでも、笑子への優しさを注ぐ彼の姿もまた痛々しい。
 3人ともとても純粋に愛し合ってる。何度読んでも飽きがこない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 パンタロン VINE メンバー 投稿日 2004/12/24
形式: 文庫
 妻でアル中の笑子に夫でゲイの睦月。その恋人の紺君。こんな風変わりな三人を中心にして織り成されるやさしい物語。
 優しさがときには一種の残酷性を帯びると言うことを教えてくれる。使い方次第ではどうにでもなる優しさがうまく使えない笑子と睦月がとても瑞々しくて、なぜかホっとしてしまいます。そして、少し抜けたようでいてすべてを見通しているような紺君がいいアクセントとなって物語を引き締めています。愛情の危うさや強さっていうものがひしひしとつたわってきて、恋愛をこんな形で表現できるってことはすごいことだなと思いました。
 映像化もされているらしいです(見たことないけど)。ちなみに同名のドラマはまったく別物です。
 こころを温めたい人にはお勧めです。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ちょこ 投稿日 2010/8/2
形式: 文庫
主人公である精神不安定のアル中妻とホモの夫との結婚生活の話なのだが
設定とはかけ離れて爽やかな読み心地。なんとなくきれいで優しくて頼りなく
実態のない薄っぺらいような感じが心地いい。

夫の父親が主人公に向かって、息子との結婚生活なんて

「水を抱くような感じだろう」

と、言うのだが正にこの小説の全てがそこに集約されている気がする。
彼らはこれといった解決も結末も迎える事はなくまた同じ結婚生活をはぐくんでいく。
でもその終わりはけして不完全ではないのだ。

もう何度も読んでいるのだがまた何度も読みたくなる。
なんとなくまた読んでしまう。そんな感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mana888 投稿日 2009/10/12
形式: 文庫
とにかく大好きな作品です。

ちょっと不安定な妻「笑子」を受け入れる夫「睦月」。

章ごとに笑子目線、睦月目線と入れ替わるのですが、
江国香織さんは情景描写がとてもうまいので、読んでいて小説の世界にすんなり入っていけました。

このまま変わりたくない笑子と、変わらなくてはいけない睦月。
世間から受け入れがたいホモの夫と精神不安定な妻の夫婦の形をがゆっくり描かれていて、物語自体に緩急はさほどないのですが、それでも、読んだ後は「こんな夫婦もありなんだ」と思わせてくれます。

さらさらと流れていく世界ですが、少し心が疲れた時に本当にお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 背番号18 投稿日 2011/11/16
形式: 文庫
登場人物の中に悪い人はいない みんながそれぞれ自分の普通の中で なんやかんやありながらも一所懸命に生きている
一番印象的なのは睦月が笑子の両親との話し合いで ふとむなしさを感じる場面

「どうして僕たちのことを、こんな風にこの人たちに報告しなきゃいけないんだろう。」

笑子の両親の態度は普通だと思う それを非難することは出来ない
でも睦月がこんな風に感じずに 自分の普通を生きていける
生きていくことを認められるなら それはそれで素敵なことかも知れない

あなたの 私の みんなの普通は ただ数が多いだけなのかも ただ強いだけなのかも
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2013/3/10
形式: 文庫
本書は、直木賞も受賞されたことのある著者が20代の頃に書き上げた作品
で、アルコール依存症気味で精神的に不安的な妻・笑子と、内科医で同性
愛者の夫・睦月と、その夫の恋人・紺をめぐる3人の奇妙な関係をえがい
た、紫式部文学賞を受賞した作品である。1992年に、薬師丸ひろ子や豊川
悦司をキャスティングした映画でも有名な作品でもある。なお、本書は、
1991年に刊行された単行本を、1994年に文庫化したものである。

「脛に傷を持つ」もの同士である笑子と睦月は、4カ月前のお見合いで出
会い、10日前に結婚したばかりである。本書は、そこから話がスタートし、
時間軸に沿って、章ごとに笑子の視点と、睦月の視点と入れ替わりながら
書かれている構成になっている。

互いの秘密を承知した上で2人は結婚したものの、笑子の秘密は、睦月の
両親は知らず、睦月の秘密も、笑子の両親は知らない。笑子と睦月の間に
性的な関係はなく、笑子は睦月と紺の関係を公認し、睦月も笑子が恋人を
持つことを奨励する、という奇妙な関係だった。秘密の真相を共有してい
るのは、笑子、睦月、紺の3人だけであり、この3人で非常に微妙な関係
のバランスをとっていた。しかしあ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック