通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※【必ずお読みください】◆簡易クリーニング済み。帯なし。多少の汚れ・スレ有り。◆記載のない付録の保障はできかねます ◆商品の状態はAmazonガイドラインに基づいて仕分けしております。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きもの美 (知恵の森文庫) 文庫 – 2008/1/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 70


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

きもの美 (知恵の森文庫) + 日本のたくみ (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,357

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「きものは物質にすぎませんが、織った人間の心が、これ程現われるものもありません」。46歳の時、染織工芸の店「こうげい」を銀座で始め、敬愛する染織家たちの「粋」と「こだわり」に触れながら、審美眼に磨きをかけていった著者。「背伸びをしないこと」「自分に似合ったものを見出すこと」。白洲正子流着物哲学を綴った名著。

著者について

1910年東京都生まれ。樺山伯爵家の次女として生まれる。幼少より能を習い始め、14歳で女性として初めて能楽堂の舞台に立つ。'28年に渡米、ハートリッジ・スクールに留学。帰国後、19歳で白洲次郎と結婚。戦後は小林秀雄、青山二郎らと親しみ、文学、骨董の世界に踏み込む。現地へ足を運び、自分の目で確かめて執筆する姿勢は終生変わらなかった。'63年『能面』(求龍堂)、'71年『かくれ里』(新潮社)でともに読売文学賞を受賞。'98年逝去。

登録情報

  • 文庫: 259ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/1/10)
  • ISBN-10: 4334784976
  • ISBN-13: 978-4334784973
  • 発売日: 2008/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 77,758位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 u猫 VINE メンバー 投稿日 2008/1/17
形式: 文庫
昔、単行本で出たものの復刊です。
白洲さんの着物に対する考え方を知る・・・のには、役に立ちますが、
それ以外には使い物にならない。
使われている写真が、昔刊行した書籍をもとにしているからでしょう、すごく見にくい。
最近の本にはない、セピア色の写真なので、もとの着物がどんなものかわからない。
着物を紹介する本で、これだけ着物の写真のクォリティが低いと、それだけで読む気がなくなります。
まあ、写真を撮影した方の消息もわからないみたいなので、新たにもとデータを探す、撮り直すといったことが困難だったことはわかります。
でも、この写真のクォリティでは、資料として活用できません。
ただ、よかったのは高田倭男さんの書かれた「解説」。
着物に対する造形、白州さんとの関わり、そして思い出が描かれていて素晴らしい!
これを読むために買ったと思うと納得できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ピノキオ 投稿日 2011/1/27
形式: 文庫
私は着物の素養がまったくないのですが(旅館の浴衣は何とか着るレベルです)
この本はとても楽しめました。
白州正子さんの本は、文章が柔らかくて読みやすいので、よく読むのですが、
彼女の本の中でトップ3に入るといってもいいくらい好きです。

表現がとても具体的で、わかりやすいと思います。
お能について書かれた本、陶芸について書かれた本、旅の本などいろいろ読んできて、
教養の広さ、探究心の旺盛さと、小さいころからよいものに囲まれてきたことで自然に身についているセンス
などはもちろんどの本でも感じることができるのですが、この本は無理がなく、地に足が着いているなあと思うのです。

もしかしたら、「実際にお客さんに物を提供する」という立場に立たれた経験が生きているのかもしれないし、
女性ならではの着物についての感覚が生きているのかなとも思います。
時々本音がぽろっと出ているところもお茶目で、ほかの本では見たことがなかった一面でした。

急いで書いた本 ということですが、とてもよくまとまっていると思います。
急いだほうがうまくできる性格の人だったのかもしれませんね。
それぞれの生地の特徴、組み合わせ方、TPOなどもマナー本には書いていない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 小田きく江 投稿日 2014/9/22
形式: 文庫 Amazonで購入
織物、染物、着物について著者の体験からの考え方は
新鮮でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック