Amazon Kindleでは、 きみの友だち をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
きみの友だち (新潮文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで きみの友だち をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

きみの友だち (新潮文庫) [文庫]

重松 清
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (110件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 680 通常配送無料 詳細
ポイント:20pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 630  
単行本 ¥ 1,728  
文庫 ¥ 680  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

きみの友だち (新潮文庫) + 夏の庭―The Friends (新潮文庫) + くちぶえ番長 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,608
ポイントの合計:  33pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

内容(「BOOK」データベースより)

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

登録情報

  • 文庫: 436ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101349223
  • ISBN-13: 978-4101349220
  • 発売日: 2008/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (110件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,571位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
52 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 考えさせられる物語 2006/10/3
投稿者 なおっち
形式:単行本
短編集ではあるが、時間軸をずらしながら、

ある女の子とその周りの人たちとの交流を描いた作品。

『友だち』って何だろう?と考えさせられる物語です。

『友だち』っていっぱいいたほうがいいのか、

それとも『親友』と呼べる人が一人いればいいのか。

『友だち』なんかいらないと突っぱねるほうがいいのか。

いろんな形の友人関係が描かれています。

「いなくなっても、一生忘れない友だちが一人いればいい」

主人公のセリフです。

友だち探しに躍起になっている今の子どもたちに問いかけたい。

そんな友だちがいますか?と。
このレビューは参考になりましたか?
88 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 学生の時に出会いたかった本。 2008/7/21
投稿者 ibo
形式:文庫
重松作品の中でも私は特にこの作品が一番好きです。
ハードカバーも持っていますが、映画化されることもあって読み返したいという思いもあり、
旅のお供に、この文庫版も購入しました。

さまざまな「友だち」のかたちが描かれていますが、決してどのかたちが「正解」として
描かれているわけでもありません。ただ、どの人物たちの思いも痛いほど理解できてしまうのです。
つまり、それだけ自分自身を取り巻いてきた「友だち」環境にも様々なスタイルがあって、
自分も限りなくこの登場人物たちに近い体験をしてきていているのだということを、改めて
気がつかせてくれました。この感覚はきっと私だけが感じるものではないと思います。

大人となった今となれば「友だち」というカテゴリーは、決してひとつではないということは
理解できます。しかし誰もが、一度は「友だちって・・・?」と思い悩んだことはあるのでは
ないでしょうか。
思春期にこの本と出会っていたら、私の中の「友だち」という概念が変わっていたかもしれません。

私は誰かの「もこもこ雲」であるのだろうか。読後に思わず考えてしまいました。

あとがきには重松氏による、最終章にまつわるエピソードが描かれています。これを読めたからこそ、
文庫版も買って良かったなと実感ができました(笑)
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 友だちとは何か 2007/8/9
投稿者 ちえりー
形式:単行本
 友達ってなんだろう…? 私がずっと抱えてきた悩みでした。
私は昔から、不特定多数と仲良くすることが苦手でした。
親友はいます。でも、その親友が遠くに行ってしまえば、私は1人ぼっちになってしまう…もがくようにクラスメイトに声をかけても、誰も相手にしてくれないし、話にはついていけません…。そんな自分に焦りを感じていました。小説の堀田ちゃんのように。

 でも、そんな必要なんてなかったんだな…この小説を読んで気付かされました。
友達を始めとする、大切な人はその数が大切なのではありません。大切なのは、その人をどれくらい愛しているかということ…。その人のことを一生忘れないくらい好きになること、一生忘れない思い出をつくること、その人を大事にすること…。
 私も今身の周りにいる友達、親友を、一生忘れないほどに、後悔のないように愛していけたら、大切に出来たらと思います。

 最後の章と、最後から2番目の章は特に泣けます。友達とは何か、その大切さを心に刻み付けてくるような小説です。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 堂々と友達っていいなと言いたい 2006/5/6
投稿者 アガタ
形式:単行本
今時、堂々と「友達」をテーマに、ここまで描ける重松さんは、改めてすごいと感じました。

幾人かの男女のショートストーリーを、それぞれの短編の主人公に据えて「僕」という人物が語るスタイルになっていて、ラストで見事に結実します。

子供に読ませたいとの意見もありましたが、私はむしろ友達と口にするのが恥ずかしくなった大人に読んでもらいたい一冊だと思います。

読後に爽やかな気持ちで泣ける小説に久々に出会いました。
このレビューは参考になりましたか?
57 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 数ある重松本の中でもone of 秀逸! 2007/9/17
投稿者 韓国の龍
形式:単行本
この本の主人公は和泉恵美ちゃん。彼女が小学校4年から大学を経て社会人になって数年くらいまでのお話。短編が紡がれて一つの大きな物語になる構成。

すばらしいのは、短編ごとに主人公が変わること。最初の主人公は恵美ちゃん。次はその弟。その次は恵美ちゃんのクラスメイトの付和雷同タイプの堀田(ほった)ちゃん、そしてクラスメイトのはなちゃん、更に恵美ちゃんの弟のサッカー部の先輩の佐藤さん(この人が、サッカーの技量もないくせにコーチ面、先輩面したがるのだけど、うだつの上がらない、普通だったら物語の主人公にはなれないキャラなのだが、そういう佐藤君を主人公にしてしまうところが重松のすごいところだ。)

恵美ちゃんは元々は沢山の友だちがいた方がうれしい、ありがちな女の子だった。ところが小学生の時に交通事故に遭って以来、それを友だちのせいにして世をすねてひとりぼっちのクールな女の子になる。そして彼女がたった一人のかけがえのない友だちとするのが、交通事故の原因を作ってしまった女の子。

一般的には、友だちは少ないより多い方がいいという風潮があって、ひとりぼっちの子や友だちの少ない子は、その他大勢のドミナントにいじめられたり迫害されたりする。常に仲間には同質性を求めて、自分たちと違うことを許さない僕の大嫌いな日本的ムラ根性。そしてドミナント仲間に入
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 「友だち」という言葉に踊らされないようにしたい。
「友だち」がたくさんいてほしいから、「友だち」からのメールにこまめに返事をして仲間でいようとしたり、「友だち」がいないと思われたらいやだからいっしょにランチする「... 続きを読む
投稿日: 17日前 投稿者: fate_is_kind
5つ星のうち 4.0 ....ねぇ、友だちって何...?
優しい子は天国に行くときに、
『もこもこ雲』を空に残す…..
優しい子供は要領が悪いから、... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: まこ
5つ星のうち 4.0 まとめ方が上手。
1章節ずつ読んでいき、最後どうなるかなと思いましたが、上手にまとまっていて気持ちよかったです。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ふぁす。
5つ星のうち 5.0 最初は何だかつまらない・・・と思ったが
読み進めていくうちに、仲間とは?友情とは?家族とは?と優しい文章の中にも深い感情や思考を呼び覚ますような感覚がありました。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 名古屋生まれ
5つ星のうち 3.0 気軽に読める本
登場人物たちが思春期特有の人間関係などで悩みながら乗り越え、大人になっていくという話。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: あんずゆず
5つ星のうち 5.0 友だちをさがす旅
友だちって何? これを主題に決めて手探りで作者自身が友だちの意味を探しにいっているような作品でした。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: comet
5つ星のうち 4.0 泣けました。
この本を図書館で借りて号泣してしまいました。子供達にも読ませたいと思い購入しました。少し汚れがきになりましたので、星4つです。
投稿日: 7か月前 投稿者: あぐ
5つ星のうち 5.0 とても良かったです
重松さんの作品の中で一番好きです。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: lan
5つ星のうち 3.0 ちょっと暗い
重松ノベルは、明るい話の方が好きなので、内容自体は悪くないが、暗いのが良くない。
投稿日: 8か月前 投稿者: yuiciii
5つ星のうち 5.0 よかったです
友達から学ぶことは多い。本当の友達ってなんだろう、と思うと重松清さんはすごいと思う。私はよくわかります
投稿日: 9か月前 投稿者: まっきー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック