Amazon Kindleでは、 お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 GA文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お隣の&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 (GA文庫) 文庫 – 2006/5/12


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文 (GA文庫) + お隣の魔法使い 不思議は二人の使い魔 (GA文庫) + お隣の魔法使い 永遠は三つめの願い (GA文庫)
合計価格: ¥ 1,911

選択された商品をまとめて購入


秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

出版社からのコメント

あたしはメアリー・フィールズ。ごくごく普通に暮らしている女の子。この世に説明できない不思議なんてあるはずがない、そう信じていた。そう、あの日ツクツクさんが引っ越しソバならぬ引っ越しパスタをもってお隣に引っ越してくるまでは。
一晩でガラっと模様替えする庭、空に還る思い出、姿を見せないメイドさん等々、ツクツクさんのまわりはおかしなことでいっぱい。
ちょっぴり不思議で、ちょっぴりロマンチック。そして最後に笑顔になれる。そんなステキな魔法使いと女の子の物語。さあ、開幕です!

内容(「BOOK」データベースより)

あたしはメアリー・フィールズ。ごくごく普通に暮らしている女の子。この世に説明できない不思議なんてあるはずがない、そう信じていた。そう、あの日ツクツクさんが引っ越しソバならぬ引っ越しパスタをもって、お隣に引っ越してくるまでは。一晩で模様替えする庭、空に還る思い出、姿を見せないメイドさん、旅好きなぬいぐるみ(?)ヘイゼルナッツさん等々、ツクツクさんのまわりはおかしなことでいっぱい。ちょっぴり不思議で、ちょっぴりロマンチック。そして最後にみんなが笑顔になれる。そんなステキな魔法使いと女の子の物語。さあ、開幕です。

登録情報

  • 文庫: 232ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2006/5/12)
  • ISBN-10: 4797335912
  • ISBN-13: 978-4797335910
  • 発売日: 2006/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 821,994位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カラモリ 投稿日 2006/6/12
形式: 文庫
快活で気のいい、本人からすれば「普通」の女の子である、

「あたし」ことメアリー・フィールズと、

お隣に越してきた不思議な男性、ツクツク(トゥックトゥイック)さんの、

少し不思議で、ほのぼのとした日常のお話。

書店の新刊台に置いてあるのを見て目を惹かれ、手にとってみて、何だかどーにも好みのような予感がする…とレジに運んで、

のんびりちまちま読み終えた感想は、とても良い本、でした。

取り立てて何か大きな事件が起こるわけではありません。

お隣のツクツクさんの周囲で日々起こる出来事を、メアリーの視点で綴っただけの、それは日常の物語です。

けれどその日常は、ほんの少しの不思議と、日の光の中でのんびりと紅茶を頂くときのような、ちっぽけだけど煌めく幸福感に満ちています。

イラストもキャラクターの性格と、作品の温かな雰囲気を反映していてピッタリ。

1冊でもきちんと纏まっていますが、売れ行き次第で2冊目もある??

再びメアリーとツクツクさんに出会える日を楽しみにしております。

ぽかぽかとして明るい日差しの中で、甘いロイヤルミルクティーを片手に読みたい、そんな1冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 asitaba 投稿日 2007/4/6
形式: 文庫
魔法使いといっても、ローブを着ているわけでも派手な魔法を使うわけでもない、ただほんのちょっと振りまかれる不思議な出来事。それは他人を幸せにする特別な力で・・・。

可愛らしくて、ほのぼのとしたお話でした。ゆったりとした優しい時間が流れてる様な、メアリーとトゥックトゥイックことツクツクさんの会話が良かった。

ほのぼのというのは一歩間違えると退屈なんですけど、このお話はキャラや、やりとりが魅力的で楽しく読めました。

負の要素がゼロで、優しい謎と不思議が詰まった物語♪ラストの魔法使いの謎あかしもホントに良くて、さらっと読めたのに、あたたかいものが残りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 momi 投稿日 2006/9/22
形式: 文庫
平和でおだやかで、とてもやさしいお話でした。
まれに見る作風ではないでしょうか。

空き地だったはずのお隣に、ある日突然
不思議な男性が引っ越してきます。
メアリーは彼を「ツクツクさん」と呼び、
ふたりは日々起こる小さな不思議を通して
少しづつ仲良くなっていきます。

この作品のよいところは、「不思議は不思議のままに」。
日常で出会う不思議は、そのままそっと日常へ返しておく。
それが毎日を楽しくする秘訣なのかなぁ、と
このお話を読んで思いました。

でも「お隣の魔法使い」の真相だけは最後に
私たちがいただけるようです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック