通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お金の&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 Good keeper
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆【年中無休・即発送】Amazon倉庫より保証付きで直送致します。 ◆【クリーニング済】アルコール消毒と簡易クリーニングをした後、クリスタルパックで保護包装してAmazon倉庫にて保管してあります。  ◆帯無し。 カバーには微スレ・使用感が少しございますが、それ以外は、めだつ痛み、汚れがなく良い状態です。 ◆ページ部分には折り目や書き込み、目立つ汚れなどない状態でお読み頂けます。  ※あくまでも中古品とお考えの上お買い求め下さい。 ★【全額返金保証】十分な検品をして出荷しておりますが、万が一、商品の状態が説明と異なる場合は、速やかに全額ご返金致します。 (★代引き決済・コンビニ受け取り可能です。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お金のいらない国 単行本 – 2006/9


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2006/9
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 400


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

¥ 972 通常配送無料 詳細 4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

お金のいらない国 + お金のいらない国 (2) + お金のいらない国〈4〉学校は?教育は?
合計価格: ¥ 2,916
ポイントの合計:  48pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

出版社からのコメント

「お金」を通して考える生き方論。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

未来へのヒントがここにある。「お金」を通して考える生き方論。

登録情報

  • 単行本: 63ページ
  • 出版社: ネットワーク地球村; 改訂版 (2006/09)
  • ISBN-10: 4902306166
  • ISBN-13: 978-4902306163
  • 発売日: 2006/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 208,704位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

41 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 とと様 投稿日 2007/7/22
異常なまでの欲への執着を良しとする、
最近の日本企業のありかたに疑問をい抱いていたところに、この本を読みました。

お金がなくても世の中は動くという作者の主張にとても共感を感じます。
特に、世の中を動かすのは、お金ではなくて、他人への優しい心であったり、
社会への責任感というところに、心を打たれます。

短編ですので、とても読みやすいです。

普通、小説を読むと、半年も経ったら忘れてしまいますが、
この本は、忘れずにずっと心の隅に置けて、つらいときや悲しいときに
心を温めてくれます。読んで、損はありません。

皆さん、是非読んで下さい。

「お金のいらない国」の輪を広げていきましょう!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大西 博之 投稿日 2006/12/12
私が「お金のいらない国」を知ったのは、本でなく寸劇でした。

寸劇を観終わった時は、すごい衝撃を受け考え込みました「もしかしたらお金がなくなれば、世の中の問題はすべて解決する?」と思いました。

改めて本を読むと、現代人の「私」と、お金のいらない国の「紳士」とのやり取りに、つい笑ってしまいました。

「お金のいらない国」はシリーズものとなっています。併せてお読みするのを、お薦めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスミ 投稿日 2009/7/11
日常生活が、いかにお金の存在にしばられているか、考えさせられます。

本来、 果たされるべきお金の役割ってなんだろう。確かに、お金は便利だけれど、その仕組みがあるばっかりに生じる不幸、たくさんあります。

お金がそもそもなければ、働くということの意味も、必然的に変わる。誰もがもっと自由に、創造的な人生を生きていけるのかも。私は今の仕事、続けたいとは思えないと、よりはっきり自覚しました(笑)

この本に描かれる世界は、現実に実現するのは困難かもしれないけど、読後に、なんとなくストレスから解放されるような、そんな味わいがあります。

世界中が今、人の不幸や自分の欲望のために使っているお金を、人の幸福のために使えるようになれば、たとえお金という仕組みはあっても、この本のような社会は築けるのかもしれません。

短編だけど濃厚です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いちりんあん 投稿日 2008/5/30
ある意味理想の暮らしなのでしょうか?

主人公である男が、社会に貢献するために何をすべきか?を

思案しているときのアドバイスなのですが、

「 あなたの今やっている仕事が、本当に価値のあるものかどうか

を判断する、簡単な方法を教えましょう。

 仮に、社会からお金というものがなくなり、

その仕事によって報酬を得られないとしても、

自分がその仕事をすべきだと思うかどうかです。」

必要なものは、手にはいるのです。

物々交換でも何でもないのです。

自分が得たものは、与えられる。

自分は社会へ奉仕(与える)することで社会が成り立っているんです。

たくさんの人に読んでもらいたいですね♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tom 投稿日 2008/10/9
 お金がない社会がもしあったとしたら、どんな社会になるのか?

 その時、何を基準に生きたらいいのか?

 考える材料とヒントを与えてくれています。

 物語として30分程度で読めますが、じっくりと味わいたい本ですね。

 そして長く記憶に残る本になることでしょう。

 このシリーズ全体、興味深いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アナ 投稿日 2007/1/13
お金って言う概念が存在しない国、だからこそ金が人にどんな影響を与えているかが読んでいてすごくわかるお話です。

こういう本は実用書などでは沢山あると思いますが、なかなか堅くて読みにくくとっつきにくい感じがあります。

それが、このお金のいらない国は小説として書かれていて、それでいて文字がくどくど説明されていなく、1時間くらいで読了できるものに仕上がっています。

小学校の道徳の時間とか、朝礼とかの校長先生のお話?みたいときに軽く話されると喜ばれるようなお話(笑
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック