通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お菓子作りのなぜ?がわかる本 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆ご来店ありがとうございます。 ★丁寧にクリーニング済み、防水梱包及び安心発送致します。 2005年9月20日第12刷発行★【帯無し】 ★【表紙】多少の使用感少し・ヨレ・スレ小キズ少しあり、★【中身・フチ】良好。それ以外は概ね良好でございます。  ◆【Amazon専用在庫です!★ご安心して取り寄せください。 ★この度は、Bazonへのご来店ありがとうございました。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お菓子作りのなぜ?がわかる本 単行本 – 2001/9

5つ星のうち 4.8 67件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 830

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お菓子作りのなぜ?がわかる本
  • +
  • もっと知りたいお菓子作りのなぜ?がわかる本
  • +
  • きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

お菓子作りをしていると、「なぜ?」と思うことがいっぱいあり
ませんか? この本でその「?」を解決し、手作りならではの、口当りのいい本
当においしいお菓子を作りましょう。道具や材料の疑問をはじめ、基本のスポン
ジ生地とバターケーキ生地、さらにはタルト用生地からシュー生地まで、丁寧な
手順写真つきで解説します。それぞれの生地を使ったお菓子も豊富にご紹介。
巻末に、お菓子の体系がわかるさくいんもついています。

出版社からのコメント

例えば、スポンジ生地作り。今まで、本に書いてあるからそのま
ましていた泡立ての湯せんも「なぜ?」がわかると、手順が自然に頭に入ってき
ます。泡立ての仕上りの状態も、写真で一目瞭然。基本の生地作りから、デコ
レーションのクリームまでバリエーションも豊富にご紹介しています。 この一
冊で上達の近道へ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 93ページ
  • 出版社: 文化出版局 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4579207807
  • ISBN-13: 978-4579207800
  • 発売日: 2001/09
  • 商品パッケージの寸法: 24.8 x 19 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,362位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
スポンジで行き詰まっていたときにこれに出会いました。

私はいつも共立て法でやっていたのですが、普通の本だと『湯せんで泡立て、少し温度が

上がったら外す』というものばかりだったのに、この本は『(卵液が)40度になるまで高

速で泡立て、湯せんから外して今度は冷めるまで泡立て続ける』という、聞いた事のない

方法が書いてありました。

半信半疑で、でも、とりあえずやってみるかと思い実行すると、フンワリとした美味しい

スポンジが焼きあがりました。

これに気を良くして、ロールケーキを焼いてみたのですが、ここでも、中に包むクリーム

が生クリームではなく『ディプロマットクリーム』という巻きやすいクリーム。

卵黄と砂糖をよく混ぜ、そこに白ワインでふやかしたゼラチンを入れて6,7分立てにし

た生クリームと混ぜて使うのですが、クリームがだれてこないので、お土産に持っていく

のに、崩れたりする心配もなく、しかも味もよくて(コクが出て、生クリームだけよりも

美味しい)とても気に入りました。

あと、パウンドケーキですが、同じ配合な
...続きを読む ›
コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/12/23
形式: 単行本
この本と、有名専門学校のケーキの本を同時に2冊買ったんですが、
スポンジの項に書いてあることが全然違う!

なんだか、この本が有名専門学校の本に向かって「そのコツは違う!」と、
ツッコミをしているような内容で(笑)

どちらの方が美味しいのか、興味があったので、作りくらべをしてみました。

結果はこっちが、ふんわりしっとりきめ細やかで圧倒的に美味しかったです。

この本は「ふだんのケーキ屋さんのスポンジの味」

有名専門学校の本は「コンビニのクリスマスケーキの味」でしたね。

材料はほぼ同一なのになぜ?(笑)

そのなぜ?がバッチリわかる本だと思います。
コメント 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/9/16
形式: 単行本
お菓子作りも一通りのものが作れるようになると、さらにより美味しく、上手に作りたくなります。そのときに出てくる疑問がこの本を読んで一気に解決されました。
そういう点では初心者向きではないかもしれませんが、基本的なレシピと丁寧な解説はお菓子作りのバイブルとなるはずです。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
例えば、スポンジケーキ。
基本の材料は卵と砂糖と小麦粉とバターというシンプルなものですが、レシピによっては卵は卵黄と卵白に分けてから泡立てたり、まず卵からなのかバターを練ってから始めるかと同じ材料でも作業に違いがあります。
同じ材料なのに違うのはなんで?と思っていましたが、そのあたりの違いを親切丁寧に教えてくれるのがこの本です。

例えば、混ぜ方や、材料を入れる順番によってどんなスポンジになるのかの違いについて説明してくれるので、たとえ面倒だなと思ったひと手間もなぜ必要かがよくわかります。
さらに、砂糖を一気に入れるのか少しずつ入れるのか、卵は冷蔵庫から出しておくのか、バターは溶かすのか柔らかくするのか。
細かいことですが、何でそのプロセスが必要なのかというのをこの本で初めて知りました。

今までレシピ通りに作ってもいまひとつ食感が悪かったり、ふくらみ加減や見た目も何となく納得のいかないものもありました。
それがこの本に出ているちょっとした手順の違いやコツに出会ってから格段に上達しました。出来上がりが目に見えて違ったんです。

まるで製菓学校の教本の様です。
この本のレシピ自体は基本的なものが多く、中にはちょっと難しい物もありますがそのどれもが手順をきちんと親切に
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
普通の料理本だったら、こう作れば出来ます。で終わりの所を、どうしてこうやったら出来るのか、何のためにこれをするのか、何でこうやるといけないのか、事細かに教えてくれます。先生と生徒、師匠と弟子といった感じです。出てくるお菓子は基本的でシンプルで上品なお菓子です。生地の作り方の名前が沢山出てきますが、フランス語のため、頭に中々入りません。(私だけでしょうか?残念…な頭。)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック