¥ 1,404
通常配送無料 詳細
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お母さ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

お母さんのための「男の子」の育て方 単行本 – 2012/5/29


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 800


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

お母さんのための「男の子」の育て方 + 伸び続ける子が育つ お母さんの習慣 + お母さんのための「女の子」の育て方
合計価格: ¥ 4,212

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

花まる学習会代表・高濱先生待望の最新刊。「男の子」の育て方に悩み、とまどうお母さんへの救いとなるアドバイスが満載!

内容(「BOOK」データベースより)

勉強だけでなくしつけや外遊び、思いやりの気持ちなどについて高濱先生が語る3歳から10歳までの大事な時期の男の子の育て方。

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 実務教育出版 (2012/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788910543
  • ISBN-13: 978-4788910546
  • 発売日: 2012/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,536位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

62 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 jai-chan 投稿日 2012/8/15
形式: 単行本 Amazonで購入
 男の子を育てているお母さんに、是非、読んでほしいと思います。気が楽になりますよ。
 小5と小3の二人の息子と日々格闘中!!男の子二人の母となると「細かいことは気にしない」と日々心がけていますが、「これで良いのか???」と将来が不安になることも多々あります。この本で語られる男の子たちの話は「え、高濱先生うちの子のこと知ってるの?」という思うものでした。特に、やんちゃで先が思いやられる次男坊は「そうそう、そうなのよ」ということだらけ。「男の子の特徴」が1〜10まで述べられていますが、どれもドンピシャ!!「品のないことが好き」「飽きっぽく、動くものが好き」「オタク傾向、収集癖がある」などなど・・・。特に、各章の最後に書かれた川柳のようなものは、大爆笑でした。正直なところ「ああ、うちのこだけじゃないんだぁ」とすごく気が楽になりました。小学校低学年のやんちゃ坊主を持っているお母さんには、お勧めです。「うちの子だけじゃない」「普通なんだ」と思えることが、どれほど心の救いになるか・・・。
 後半は、いままでの自分の子育てについて、多少、耳の痛い部分もありました。特に、うちの小5の長男は、次男に比べておとなしく、目立ったトラブルを起こさない一方で、運動が苦手だったり・・・。小学5年ともなると「そろそろ放っておいても良いかな」と気を抜いていたところでしたが、この本の中には、親と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 豪ぽん 投稿日 2012/7/10
形式: 単行本
よくテレビでも紹介される高濱さんの本。

タイトル通り、「男の子の子育て」に絞ってかいてあります。

さすがに、面白いですね。笑っちゃいました。

男の子の特徴をがっつりつかんでいて
どうすれば、お母さんがもっと男の子の子育てが楽になるか、いろいろとアドバイスされています。

男の子は勝負事、ゲーム、競争が好きだから、
なかなか言っても聞かない、片付けや食事は競争、ゲームにしてやらせてみる!!っていうアドバイスは、
かなり参考になりました。

高濱さんも書かれていますが
今の子育ては過度に、「個性を重視」していて
なんでもかんでも「個性」ととらえて、ゆるしてしまいがち。
わがままでも、言うことを聞かなくても、行動が遅くても。。。。

でも、そのままだと社会では生きていけない。
特に男の子は社会の荒波にもまわれるのでなおさらです。

だからこそ、個性を尊重しつつ、甘えさせてあげつつ、言い切るところは「びしっ!」と言い、ある程度の威圧感を持って
家庭の秩序なりを教えていく必要がるのだなと
本書を読みながら、あらためて思った次第です。

私は、子どもにとても甘いので、
参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 maui トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/8/29
形式: 単行本
高濱さんの本が絶賛されていたので、これまで8冊ほど読みました。いいものもあるのですが、結構「独りよがりだなぁ」とか「根拠が微妙だな」なんて思うことが多々ありました。全体に流れる 「俺は昔わんぱくだった」と語る姿が、ちょっと 「俺は昔ワル・・」系の何かを感じちゃっていたのかもしれません。

だけどこの本はいいです。すごく愛がある。男の子にも、お母さんにも暖かい目を向けています。
有名になると本の内容がおざなりになる著者が多い中、2012年発行(すでに高濱氏は超有名)でこれだけ原点に立ち戻った本を書けるのはすごい。それよりまえの高濱本出版ラッシュの時期の本は質が悪かったと思うのですが、これをみて、今までちょっとうがった見方で高濱氏を見ていた自分に反省しました。

メインは幼児から小学生の親向けです。でももっと大きいお子さんだったとしてもいいかもしれません。巻末にはこれから子供たちが入っていく思春期についてのガイドもあります。

男の子の育て方 と言うよりも「男の子を育てるお母さんのつくりかた」という感じ。
子供がすっかり一人立ちしてからこの本を読んだら、忙しい毎日を思い出してちょっと涙がでるかもしれないです。
きっと20年後にこれをみたら泣くんだろうなと想像して泣けました。そこまで母親に思わせる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 中戸 加奈子 投稿日 2014/9/7
形式: 単行本 Amazonで購入
すこやか母さんでいることが、大事だとわかりました。

読まなければ、いろんなことに気付かず、毎日を過ごしていたと思います。
一年生の今のタイミングで、この本に出会えて良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック