¥ 1,296
通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

おもひでぎょうじ 単行本(ソフトカバー) – 2008/8/8


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

むかし、こどもだったすべてのひとへ。

本書は、昭和40年代を背景に描かれた、"なつかしいぎょうじ"の情景を通じて、
にほんの行事の意味とその気持ちに触れる絵解き書物です。

絵はすべて百瀬義行氏(スタジオジブリ)による、1年の歳月をかけた描きおろし。
水彩の繊細なタッチで、誰のこころの中にもある、淡く懐かしい"ぎょうじ"のシーンを切り取ります。
また、監修には柳原一成氏(近茶流宗家)。
あまり深く思いいたることのなかった"行事"の意味や、本来のあり方を文章から知ることができます。

1年をとおして描かれるにほんの年中行事。
ノスタルジックな気持ちと、はじめて知ることへの新鮮な驚きをお楽しみください。

【内容紹介(あとがきより)】

暮らしを彩る、四季折々の行事。その日は、大人から子どもまで、家族みんながひとつの行事を楽しみます。
お正月の準備、七五三のお祝い、お盆の送り火と迎え火、端午の節供……。
でも、改めて問われると、その謂われを知らなかったり、本来の姿を忘れてしまっていることに気づくでしょう。
<中略>
本書には"あのころ"を思いおこす、温かく懐かしい行事の風景がたくさん描かれています。
この情景とともに、心の奥底にしまっていた"思い出"を呼び覚ましてみてください。
これまで、あまり意味を考えずに"なんとなく"のままにしていたこと。
そのひとつひとつに、きちんと昔の人の祈りや願いが込められていることを知ることができるでしょう。
どうしてお彼岸の日におばあちゃんがおはぎを作ってくれたのか、どうして節分にみんなで豆まきをしたのか・・・。
意味を知った上で行う行事は、いっそう味わい深いものになるはずです。
そして、自らの思い出とともに、子どもたちへと伝えていくことができるでしょう。
それはとても豊かなことです。
<中略>
子どもたちの「どうして?」「なぜ?」に答えながら、どうか一緒に行事を楽しんでください。
その日々の積み重ねによって、私たちにとっても子どもたちにとっても、かけがえのない思い出が、新しく作られていくことでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

どこかにしまったまま、忘れていた大切なもの昭和40年代。季節に抱かれた家族の情景。百瀬義行(スタジオジブリ)が繊細な水彩で描く淡くなつかしい、おもひでのぎょうじ。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 96ページ
  • 出版社: 晋遊舎 (2008/8/8)
  • ISBN-10: 4883808246
  • ISBN-13: 978-4883808243
  • 発売日: 2008/8/8
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 117,754位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クゥ 投稿日 2008/8/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
ジブリの百瀬義行さんがイラストを描いているということで、興味を持ちました。
春夏秋冬4つの季節の主だった「日本の行事」を、百瀬さんの挿絵と共に解説していくのですが、知ってるようで知らなかったことがいっぱいあって、なんだか少し賢くなった気分。
挿絵がトトロを見た時の懐かしい風景…夏休みのおばあちゃんちを思い出します。
行事紹介以外にも、四季の草花や旬の食材なども優しいタッチの挿絵で彩られていて、ミニ画集図鑑って感じも気に入りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック