Amazon Kindleでは、 おとぎ奉り 6巻 Gum comics をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 972
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おとぎ奉り (6) (Gum comics) コミック – 2005/7/25


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1
コミック, 2005/7/25
¥ 972
¥ 972 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おとぎ奉り (6) (Gum comics) + おとぎ奉り 05 (バンチコミックスデラックス) + おとぎ奉り 7 (バンチコミックスデラックス)
合計価格: ¥ 2,576

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 173ページ
  • 出版社: ワニブックス (2005/7/25)
  • ISBN-10: 4847035119
  • ISBN-13: 978-4847035111
  • 発売日: 2005/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ignited 投稿日 2006/9/9
形式: コミック
コミックガム連載中の和風バトルアクションホラー作品。
朱雀の弓の使い手・駿河妖介、青龍の槍の使い手・蝦夷龍一、玄武の盾の使い手・美河いろり、白虎の爪の使い手・甲斐健二、それぞれが己の大切なものと引き換えに神器の力を得た4人の神器使いと、古都・宮古野市に巣食う怨念から生み出された、陰陽五行説に基づく十干の文字に暗示された"眷族"と呼ばれる妖怪達との戦いを中心に描かれます。このシリーズはバトルシーンの卓越した描写は勿論、バトルの犠牲になる一般人の悲惨さ、妖介を中心とした高校生達の日常生活や恋愛模様と言ったシーンもしっかり描写している点を高く評価しているのですが、今巻は特にバランスに優れた構成になっていると思います。
「乙の章」の第2話から結末までと、主人公・妖介、ヒロイン・よもぎ双方に訪れた大きな転機を描いた閑話休題が今巻には収録されています。これまでにない強大な力を持つ乙の眷族・斑大将を撃退するため、4人の神器使いの力のみならず、警察の特殊部隊の協力もしっかり描写されているのが良いですね。フィクションに頼りすぎず、しっかりと地に足のついたバトルシーンを描こうとされている姿勢に共感がもてます。また、妖介が林檎を危険に曝す決断をするシーンも印象的。この事が後の重要な伏線ともなる訳ですが、戦闘が奇麗事だけで描かれていない点が秀逸ですね。
閑話休題「こころの孔
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 邪鬼丸 投稿日 2005/7/30
形式: コミック
表紙だけで買ってしまった漫画は多いですが、この作品はその中で一番の大当たりでした。
四神の力「神器」を宿した主人公たちが「眷族」という化け物と戦うのがメインストーリーです。
眷族の能力が多種多様で、神器も効いたり効かなかったりするため、「おいおい、どうすんだよ!?」の連続です。
また、主人公を取り巻く恋愛模様も、新ヒロインの登場でますます目が離せなくなってきました。
続きが本当に楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック