Amazon Kindleでは、 おとぎ奉り 2巻 Gum comics をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 972
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おとぎ奉り (2) (Gum comics) コミック – 2003/5


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1
コミック, 2003/5
¥ 972
¥ 972 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おとぎ奉り (2) (Gum comics) + おとぎ奉り 03 (バンチコミックスデラックス) + おとぎ奉り 04 (バンチコミックスデラックス)
合計価格: ¥ 2,576

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

「朱雀の弓」を宿し、残り1年の寿命で全ての眷族を退治するという宿命を負った妖介は、「青龍の槍」を操る蝦夷教諭や"見鬼"の能力を持つよもぎたちと共に、眷族出現の秘密を探るべく海神島へと赴いた。そこで遭遇したのは死者の魂を運ぶ『辛(かのと)』の眷族「海神」。果たして眷族とは何者なのか? 深まる謎に思案する妖介の前に今度は小学生の神器使いが現れて......。井上淳哉渾身の伝奇バトルアクション、デラックス版で登場!! --このテキストは、 コミック 版に関連付けられています。

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: ワニブックス (2003/05)
  • ISBN-10: 4847034481
  • ISBN-13: 978-4847034480
  • 発売日: 2003/05
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ignited 投稿日 2006/10/17
形式: コミック
コミックガム連載中の和風バトルホラー作品。

ふとしたきっかけで神器の一つ「朱雀の弓」を宿すことになった主人公・駿河妖介と、物の怪の類を見る能力「見鬼」の力を持つヒロイン・因幡よもぎを中心に、人を襲う「眷族」と呼ばれる妖怪との戦いを描いた作品で、陰陽五行説を活かした世界観や神器・奉り人・眷族等に関わる設定の妙、妖怪の特徴をフルに活かしたバトルが繰り広げられる事による息もつかせぬストーリー展開、オリジナル妖怪やキャラクターのデザイン、アクションシーンの構図等に表れる描写能力の高さがとても魅力的な作品です。

第1巻では、まだまだ主人公達が事態を把握する事無くバトルに巻き込まれている状態だったのですが、今巻から少しづつ謎の解明が行われ、世界観が語られ始めます。まだまだ序盤ではありますが、先の展開に期待をさせるだけの魅力的な素養を随所に感じさせてくれるのは嬉しいですね。

この作品内で著者・井上淳哉氏が描きたいものは「人が食うか食われるかという命懸けの戦い」と「友人同士のドタバタによる学園生活の楽しさ」との事ですが、この2巻に収録されている「辛の章」は後者の要素が比較的強い内容となっています。実はストーリーが進んでいくに従って、どんどん前者の要素が強くなっていってしまいますので、ある意味この章の存在は貴重ともいえます。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 氷雨 投稿日 2003/11/24
形式: コミック
CAVEの時代からもう注目したの作者です。
そして、おとぎ奉りは一番彼の絵の強さ伝えるの作品です。
写実と和風一体化の絵はこの民族話の漫画に一番似合います。
いつも馴染みの巫女キャラ「よもぎ」。
今回は「エスプレイド」に馴染みのロリキャラ「いろり」も登場します。
今回の話は結構いいです、化け物の絵もかなり怖いです。
まだ、お勧めの作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック