Amazon Kindleでは、 おとぎ奉り 9巻 GUM COMICS をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 972
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おとぎ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おとぎ奉り 9 (GUM COMICS) コミック – 2007/1/25


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おとぎ奉り 9 (GUM COMICS) + おとぎ奉り 7 (バンチコミックスデラックス) + おとぎ奉り 8 (バンチコミックスデラックス)
合計価格: ¥ 2,576

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: ワニブックス (2007/1/25)
  • ISBN-10: 4847035895
  • ISBN-13: 978-4847035890
  • 発売日: 2007/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 赤いツバサ 投稿日 2008/3/7
形式: コミック Amazonで購入
ゴジラとかガメラとかギララとか存在したら怖いけどリアリティのない怪獣達と比べるともしかするといるかもしれない、チョット信じたくなるような怪獣・怪人達(大妖怪だっつーの)との戦いもついに最終章。こういう世界観が大好きなQ・マン・7がスキな自分は読むのが勿体ないです(といいつつつ最後まで購入予定です)。今巻の見所はネタバレになるので書きたくないですが、怪人軍団対4人の神器使いです。更にケンジの成長ぶりも良いです。しかし毎章毎章よくもネタが続くと感心しきりです。次巻も当然購入しました。このまま読者の興味を飽きさせないで完結させて欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ignited 投稿日 2007/2/8
形式: コミック
四種の神器を宿した神器使いと、眷族と呼ばれる異形の化け物の戦いを描いたアクションバトル作品第9巻。著者・井上淳哉氏が前巻にて「展開を派手にする」と宣言された通りバトルは益々ヒートアップ。警察特殊部隊や自衛隊まで巻き込んでの”戦争状態"にまでエスカレートしていく巻です。

前巻から続く「丙の章」では、神器使いVS神護一族の凄惨なる消耗戦のクライマックスが描かれます。妖介対秋雀のバトルは正に実力伯仲、双方ともに死力を尽くした戦いが楽しめます。一方、眷族を生み出した六条重臣の封印を解くべく六条神社に迫った神護一族・頭領を迎え撃つのはよもぎ、林檎、太一という神器を宿していない面々。圧倒的な戦闘力の差をどのように埋めるのか?よもぎの策略、林檎と太一の勇気、守護獣であるキツネやタヌキの奮戦っぷりが見所です。

多大な被害を出しながら辛くも神護一族を退けた神器使い達ですが、傷の癒える間もなく丁の眷族が出現。これまでにない巨体と破壊力を有した敵と、自衛隊をも巻き込んでの市街戦が展開される「丁の章」に今巻後半からは突入します。

昔の怪獣映画を彷彿とさせる様なバトルと、悲惨なる犠牲者の姿、思わぬ伏兵に動きを封じられる妖介、新たに張られる伏線等、見所の多い展開となっていますね。個人で戦うには全くスケールの違う敵に神器使い達がどのように対するの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック