Amazon Kindleでは、 おおきく振りかぶって(7) アフタヌーンKC をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 576
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おおき&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おおきく振りかぶって(7) (アフタヌーンKC) コミック – 2007/1/23


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おおきく振りかぶって(7) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(8) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(6) (アフタヌーンKC)
合計価格: ¥ 1,718

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

野球を知らなくても絶対楽しめる!野球を知っていたら何倍も楽しい!
全国高等学校野球選手権埼玉大会。昨年の優勝校相手に全力を振り絞る、全員1年生の新設野球部・西浦高校。試合は強まる雨の中、1点を争う接戦になった。格下とみられていた西浦の健闘は、強豪・桐青をついに本気にさせる!駆け回る選手、声からす観客、汗と涙と青春のキラキラがつまった白熱のゲームは7回裏から。「夏の初戦」はまだ終わらない!

著者について

ひぐち アサ
1970年生まれ。埼玉県さいたま市出身。法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063144372
  • ISBN-13: 978-4063144376
  • 発売日: 2007/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

31 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まんねんろう 投稿日 2007/1/27
形式: コミック
ふにゃふにゃ主人公の直球青春漫画・第7巻
楽しみに待ってました。

西浦対桐青戦のクライマックスです。
ここまで手が出せなかった三橋のストレートですが、桐青ナインは徐々にその性質を見極めていきます。
どこまでも頼りない(性格的に)主人公のピッチングにハラハラ(笑) 頑張れ三橋!

どうすれば得点できるか。どうすれば打たせないか。
ひとりひとりの工夫が試合を動かしていきます。後付の知識ではなく、現在進行形で起こる戦略を読者は浸れるから、こんなに分かりやすくて、面白いのかもしれません。
敷居は低いが、奥は深い。野球をやらない人でも白熱して読める「おおきく振りかぶって」 お勧めです☆
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒミズ 投稿日 2007/2/6
形式: コミック
やっとというか、なんというか

桐青戦も終盤まで来ました。

この作品読んでて思うのは

非常に月並みですけど、先が読めないことですよね。

主人公のいるチームが十分負けることもありうる。

作品の書かれ方に‘負け’という要素がしっかり組み込まれている。

だから、ハラハラするし、続きがとても気になる。

特にこの7巻ではそういった要素が

最たる形で現れてます。

とてもじゃないけど、漫画にありがちな主人公側のチームが

最後にはどうせ勝つんだろうなあ的感覚は

微塵も脳裏をよぎりません。

だから、だから・・・早く9巻読みたい!!!

コミック派の私はこれに尽きます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cibiccoさん 投稿日 2007/2/1
形式: コミック
でもやっぱりファンだってこわいんです『アニメ化』。
特に最近は好きな漫画等がめためたな出来になってたりで……。
でもアフタヌーンは『蟲師』という素晴らしい先達がいるので期待してます。

さて、そんなアニメ化も決定し人気は止まるところを知りません。
『おおきく振りかぶって』、7巻です。

コレほどまでに、題材としたスポーツの“奥深さ”をこんなにも惜しげなく
出し切れている漫画は、本当に珍しいと思います。

何か起きるかもしれないし、何も起きないかもしれない。
現実の通りたんたんとしているんだけど、それ故に出来事のどれ一つとっても
そこにはちゃんとした話があり、ドラマがある。

まるでそこで試合を観ているかのような臨場感。
まるで同じ場所に立っているかのような緊張感。
選手にも、監督にも、観客にさえ感情移入出来てしまうほどの確かな空気。

そしてれらを生み出す、ひぐちアサさんの野球と漫画に対する愛情。
全てに、深い敬意と感謝の念をはらって。

星、5つ。
更に更に多くの方が、この本に出逢えますように。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かつみ 投稿日 2007/1/23
形式: コミック
6巻に引き続き対桐青戦、8回裏まで収録されてます。
この試合は8巻にて決着がつくもよう。

三橋と阿部はもちろんのこと、
この巻では田島、そして水谷がキーになってます。
守備中の桐青キャッチャー・河合や阿部を見ていると、
野球というスポーツがどれだけ頭を使うかわかります…。

以前はちっとも野球に興味の無かった私ですが、
「おおきく振りかぶって」に出会ってから
どんどん野球の魅力に引き込まれています。
相変わらず細かいところまで描き込まれた、
レベルの高い仕上がりになっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 MONMON 投稿日 2007/6/14
形式: コミック
正直好きな絵ではないし 野球も好きではない。

しかし同人界でも盛り上がってると言うし アニメになってると言うし

講談社漫画賞まで取ったようなのでとりあえず読んでみた。

やられた!

人間の心情をとてもよく描いた作品。

登場人物がたくさんいるので 誰かしらどれかのキャラにあてはまり

心にぐっとくるのでは?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック